アウトドア・キャンプでのおしゃれ・おすすめ・便利な「キャンプ用カトラリーグッズ」はこれ!

目次

カトラリーとは何!?

カトラリーとは、食卓用のナイフ・フォーク・スプーンなどの総称です。一般的には、それらがセットになっていることが多いです。これらの道具は、より食事を快適によりおいしく楽しむためには必要不可欠といえる存在ですよね。

これは、アウトドア・キャンプというシュチエーションにおいてもカトラリーの必要性は例外ではありません。また、キャンプ用のカトラリーは、収納性や携帯性などアウトドアの状況化に対応できる機能性も重要なポイントとなります。

広告

キャンプ用カトラリーの選び方

この記事では、カトラリーを形状・素材・使いやすさの観点から選ぶことを提案します。アウトドア・キャンプの状況・人数に応じた最適なカトラリーを選ぶことができます。

形状で選ぶ

カトラリーの形状には、折りたたみ型、一体型、セット型の3つがあります。

折りたたみ型

折りたたみ型は、2つ折りになるため収納がコンパクトという大きなメリットがあります。食事をする時には、ロック機能があり伸ばした状態で固定される構造です。

ただし、キャンプという環境化では手元が暗くしっかりとロックした状態を確認できなかったり、何かの拍子でロックが解除されることも少なくありません。食べ物をこぼして洋服をよごしてしまう可能性もあります。着替え等も最小限のアウトドアでは避けたいアクシデントとなります。

コンパクト性を強く求める方や収納制限がない限り、折りたたみカトラリーを選ぶメリットは少ないかもしれません。

一体型

一体型カトラリーは、フォークとスプーンが上下についているタイプになります。こちらは、わかりやすく直感的に使いやすいです。お子様でも安心して使用できます。

ただし、フォークとスプーンを交互に使うのは実際にはあまり快適とはいえない部分があります。一度つかったスプーン側を持ち手にフォームを使うと、手が汚れるケースがあるからです。

一体型は、簡易的な利用で荷物を減らしたいという程度におすすめな形状といえます。

セット型(一体型のスポーク)

ただし、一体型いっても、スプーン先がフォークのように割れているタイプのスポークタイプという形状があります。こちらは、スプーンでの汁物のすくえる量が少しすくない点を除いては、使用感が高いといえます。

また、これひとつで「すくう・刺す」でまかなえるため道具が少なくできるメリットがあります。使ってみると、使用感もそれほど悪くないため作る料理にもよりますがこれ一つで済ませるということも可能です。

カトラリーを一つでバランスよく済ませたいという方には、このスポークタイプがおすすめです。

素材で選ぶ

カラトリーの素材は主に、金属製、木製、シリコン・樹脂などがあります。

金属製

金属製のカトラリーには、アルミ、ステンレス、チタンなどの素材があります。アルミ製カトラリーは、軽量で安価というメリットがありますが、熱や衝撃に弱いため、調理に使ったりはできません。焚き火近くでの使用など、タフな利用を想定される場合にはステンレス・チタンから素材を選ぶ方法をおすすめです。

ステンレス製カトラリーは、サビに強く丈夫で扱いやすいため入門としてもおすすめです。ただし、重さがあるため軽量性を求めるキャンプスタイルには不向きです。チタン製カトラリーは、高価になりがちですが軽量で耐熱です。高機能なカトラリーならチタン製がおすすめです。

さらに、ソロキャンプであれば調理用と食事用を兼用して道具を減らすことも考えられます。その場合には、ステンレス・チタン素材のカトラリーである程度の長さのものを選ぶを、調理・食事の両方での利用が可能となります。

木製

食事のテーブルを彩るという要素では、木製など自然素材のカトラリーはあたたかい雰囲気があります。テーブルクロスなどを敷いておしゃれに演出したい方には、おすすめの素材です。

ただし、木製は水に弱く壊れやすいのが難点です。使い終わったら、水気をしっかりときるようにしましょう。

シリコン・樹脂

以前は、カトラリーは金属製が主流でしたが、シリコン・樹脂などの化学素材も多様化しています。樹脂素材は、100均などでカラフルに数も揃やすく、軽量・安価ではあるものの熱には弱いため調理ができないことに注意が必要です。

また、シリコン素材は、耐熱でお皿や鍋を気づつける心配がありません。ただし、重さと人によっては使用感・見た目の質感がネックでしょうか。雰囲気を重視する方には、不向きな素材な傾向にあります。

使いやすさで選ぶ

キャンプにおける食事をしっかり楽しみたい場合には、「使いやすさ」を重視すべきです。

その場合には、しっかりとした長さがあることがとても重要です。また、フォーク・スプーン・ナイフが個別になり専用ケースに収納できるものが適しています。また、専用ケースがあれば紛失防止になり管理がしやすくなりますよ。

また、カトラリーの長さがあることでちょっとした調理の際にも熱源から距離がとれるため使いやすいです。カトラリーを調理用にも併用する場合にも、押さえておきたいポイントです。

キャンプ用カトラリーはなぜ必要なの!?

キャンプという場面において、「非日常の空間で食事をとる」ことは特別な体験です。キャンプにおける食事は、楽しみの大きな部分を占めるともいえます。

そんな、キャンプにおける食事を美味しく、快適に楽しむためにもカトラリーの存在は重要な役割を果たします。

SNSにキャンプの様子を投稿している方などにとっては、お気に入りのカトラリーが食事を演出する要素にもなります。お皿やグラスなどと雰囲気を合わせたカトラリーで演出を楽しむのも一案です。

また、環境配慮の面からも、カトラリーがあれば何度も繰り返し使用できるためゴミを減らすことができます。

カトラリーはこだわっても損のないキャンプギアのひとつ

テント・シュラフ・ランタンなどが挙げらる、生死に関わる必需品という要素をのぞけば、必ず食事はしますよね。ある意味、キャンプの必須事項といえます。

ただし、焚き火調理をしない時もあれば、ダッチオーブンをもってこない時など、キャンプギアによっては今回のキャンプでは出番がないということも悲しい現実です。

では、カトラリーはどうでしょうか?食事をする際、必ずつかいますよね。キャンプの醍醐味とも言える非日常での食事をするうえで、カトラリーの出番は必ずあるということです。そのため、お気に入りの一つを選んでも後悔の少ないギアとえます。

長く愛用できるカトラリーは、毎回のキャンプを必ず充実させてくることでしょう。これを機会のお気に入りの一つを選んでみてはいかがでしょうか。

広告

おしゃれ・おすすめ!「キャンプカトラリーグッズ」はこれ!

おしゃれで機能的な「キャンプカトラリーグッズ」を紹介します。

①スノーピーク「ワッパー武器 2本セット」

おしゃれかつ機能的なスノーピークのワッパー武器 2本セットは、軽量かつ丈夫なチタン素材のフォークとナイフがセットです。専用のケースに収納できるため管理もしやすいです。

長さ165mmとしっかりした長さがあり使いやすく機能性も高いうえ、軽量かつ丈夫なチタン素材のため非常に丈夫です。長く愛用できること間違いないキャンプギアの一つといえます。完成度が高く、キャンプから登山まで幅広く愛用者がいる信頼性の高いカトラリーといえます。①

なにより、スノーピークがおりなす上質なアウトドアギアはキャンプをより素敵な体験へといざなってくれる不思議な力があります。スノーピーク未体験の方もカトラリーからはじめてみるのもおすすめです。

created by Rinker
Snow Peak(スノーピーク)
¥3,300 (2024/04/15 17:19:06時点 Amazon調べ-詳細)

②スノーピーク「【オンライン限定】ワッパー武器2本セットブラック」

また、通常タイプは専用ケースがグリーンとなりますが、スノーピークの公式HPのオンライン限定ではブラックがあります。キャンプギアをブラックで統一されるなど、好みの方はこちらもチャックしてみてください。

▶ スノーピーク【オンライン限定】ワッパー武器2本セットブラック

③スノーピーク「【オンライン限定】和武器LブラックONLINE」

キャンプでも、お箸を使いたい。そんな方には、スノーピークの和武器シリーズの折りたたみ式のお箸です。

こちらは、持ち手がステンレス、箸先が竹材の2つのパーツのねじ込み式となっているため、食事中に外れる心配はありません。都度組み立てる作業が必要になりますが、それ以上に満足できるクオリィテーの高い仕上がりです。

▶ スノーピーク【オンライン限定】和武器Lブラック

④スノーピーク「和武器 L」

限定カラーのブラックの他、通常バージョンでは携帯ケースが赤色で展開されています。M/Lサイズから手の大きさに最適なサイズをお選びいただけます。

created by Rinker
Snow Peak(スノーピーク)
¥4,648 (2024/04/15 17:19:06時点 Amazon調べ-詳細)

⑤ユニフレーム「fanカトラリー solo」

食事を彩るウッドの高級感あるカトラリーとしておすすめなのが、ユニフレーム fanカトラリー soloです。

持ち手が天然木のスプーン、フォークに加え、鉄木素材のお箸がセットになっています。しっかりとしたつくりで、普段の食事のようなカトラリーの使用感を味わいかたにおすすめです。

雰囲気のある木製でありながら、スプーン・フォーク部分はステンレス。お箸は、鉄木と耐久性にも配慮した構造なのが機能性が高くうれしいポイントです。

created by Rinker
ユニフレーム(UNIFLAME)
¥1,979 (2024/04/15 23:06:00時点 Amazon調べ-詳細)

⑥ユニフレーム「fanカトラリーケース」

また、ユニフレーム fanカトラリー soloを6人分まで収納できるfanカトラリーケースと合わせることができます。

ステンレスのスタイリッシュなデザインなだけでなく、テーブルに立てらるため、スペースを有効的に使えるため家族での食事に非常に便利です。また、蓋には、水切り穴があるため、洗い終わったあとの乾燥に便利です。

ファミリーキャンプのカトラリーをかっこよく統一したい、そんな方にぜひお勧めできるのがユニフレームfanシリーズのカトラーとカトラリーケースのセットとなっています。

created by Rinker
ユニフレーム(UNIFLAME)
¥3,630 (2024/04/15 23:27:12時点 Amazon調べ-詳細)

スノーピーク「スクー

created by Rinker
Snow Peak(スノーピーク)
¥1,452 (2024/04/15 23:06:01時点 Amazon調べ-詳細)

⑧スノーピークチタン先割れスプーン」

調理・食事をすべて一つの道具ですませない。そんなミニマム思考の方にこそおすすめなのが、スノーピークのスクー&チタン先割れスプーンです。麺がメインなら、スクー。お米や汁物をすくうのがメインなら先割れスプーンで決まりです。

チタン素材で、軽量かつ耐熱性があるため直火調理などに利用することもできます。これ一つで食事の全てを任せらる登山される方などにも愛される名品です。

created by Rinker
Snow Peak(スノーピーク)
¥1,680 (2024/04/15 17:33:39時点 Amazon調べ-詳細)
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次