「楽しいを仕事に!」をテーマにやり尽くすブログ

TanojobのYoutubeチャンネル配信中!

キャンプで虫刺されてかゆみが止まらない!対策と治療法を解説

 
虫刺され







この記事を書いている人 - WRITER -
Tanojob ライターチーム
キャンプ・釣り・登山・自転車・ダイビングなどあらゆるアクティビティのプロフェッショナルが集うTanojobライターチーム! 読者さんの悩みにバチッと答えられるような濃厚で良質な記事を日々配信中です!頑張るぞー!

こんにちは!@Tanojobライターチームです!

 

最近は、家族でキャンプをする方が多く見られるようになりましたね。子供と一緒に自然の中で体験できる機会は普段の生活では、なかなかできないことです。

家族みんなで、準備から片付けから一緒にできて嬉しいことです。山でのキャンプはとても気持ちいいですが、虫さされには大人も子供も注意が必要です。特に、夏の山や川のキャンプは気をつけなければいけません。

キャンプで虫刺されることはよくあります。蚊の場合は、刺されるとすぐに痒くなります。しかし、数時間してから痒みが止まらずに、刺された場所が腫れてきたら、「アブ」や「ブヨ」の可能性が高いです。

「アブ」や「ブヨ」は、日常では見かけることもなく、情報も少ないので、いざという時のためにこの記事で是非覚えておきましょう!それでは解説していきます。

 

アブやブヨに刺された処置方法

 

蚊のように刺されたけど、すぐに痒みがでない「アブ」や「ブヨ」。蚊よりも大きいですが、刺されたことも気づかないことが多いです。数時間たってから、痒みや腫れが出てきます。2倍くらいの腫れになり、びっくりです。

 

  1. まず、気がついたら、すぐに傷口を清潔な水で洗います。消毒液を持っていると良いですが、洗うだけでも効果はあります。
  2. 患部をギュッと押して液を出せる状態であれば、症状が軽くなると思います。ただ、肌を傷つけたり、傷跡が残る可能性があるので、無理に押し出さないように注意しましょう。
  3. 市販の吸引器が売っているので、それを使うことも良いのと思います。痒くなり腫れてくる前に、吸引器で毒を吸い出しましょう。

日頃から持参することは、なかなか難しいので、キャンプ準備の時に購入してみるのも良いと思います。

 

症状が軽いときは、かゆみ止めを塗るのが一番良いです。我慢できない痒みを抑えるだけでも違いますよね。キャンプや野外活動の時の必需品として、虫よけスプレーやかゆみ止めは、どの家庭でも持参していると思います。子供と一緒のキャンプは絶対持っていきますよね。まずは、これを使って、対処してみましょう。

刺されたことに気づかずに、数時間後に痒みと腫れが出てきて大変なことになります。。特に、足首周囲に刺されやすく、寝て起きたら、腫れてパンパンになり違和感を感じるでしょう。一番は、皮膚科を受診するのが早く完治する方法なので、キャンプから帰ってきたら、すぐに受診した方が良いです。

 

虫に刺されないための対策方法

山や川でのキャンプは、虫刺されは覚悟ですが、まずは、虫よけスプレーや長袖長ズボンで刺されない工夫をすることが大事だと思います。

蚊取り線香や虫よけスプレーは、「アブ」や「ブヨ」のような吸血型の虫が嫌う傾向にあると言われているので、必ず持参しましょう。

その他にも、汗をかいていると虫が寄ってきやすいので、こまめに汗を拭くことも予防策になると思います。大人は特に、キャンプでの楽しみと言ったら、食事とともにお酒が楽しみですよね。野外での食事やお酒は最高においしいし、楽しいですよね。

お酒を飲むと、体温が高くなってきます。こんな人が刺されやすいと言われているため、野外での食事は汗もかき、体温も高くなった時には要注意しなければならないです。お酒も入ると刺されたことにも気づきにくくなるので、事前に対策しておくことがベストですね。

 

この他に、香水の有無や服の色、血液型によっても刺されやすいものがあるようなので、要注意です。
やはり、効果的な対策としては、シンプルに薄手の長袖や長ズボンなど、できるだけ肌の露出量を減らすことです。屋外活動は、夏の日焼け防止にもなると思います。足首付近に刺されやすいので、長ズボンでも足首が隠れるように工夫することが必要です。

子供連れのキャンプは、注意しなければいけないことが多く、大変ですが、虫さされを怖がらずに準備や対策をしていけば問題ないです。

 

実際に刺されちゃった辛い体験談

我が家は今年の夏、2泊のキャンプに行きました。それなりの対策をしていたつもりでしたが、残念ながら刺されてしまいました。思い返すと、暑いという理由で、足首がちゃんと出てましたね。

 

しかも1日目の夜に刺されるなんて・・・。気づいたら両足首に数ヶ所ありました。痒くて腫れて痛いし…。虫に刺された記憶がまったくなかったので、びっくりで、よくわからない状態でした。

しかも刺されたのは、私1人・・・。かゆみ止めや虫よけスプレーは持参していたので、すぐに洗い流し、とりあえずかゆみ止めをつけて、何とか残りの日を過ごしました。痒みは本当に本当に我慢できないです。痒みって本当に辛いですね。

 

夜も痒くて、何度も目が覚めるし、楽しみにしていたキャンプも楽しめず、辛い経験になりました。腫れもあったので、歩くと痛いし、足首がパンパンで靴は履けませんでした。なので、ずっとサンダルで過ごすことになり、また刺されるかも?と不安もありつつのキャンプでした。

 

帰宅後は、病院で頂いた薬の効果もあり、痒みや腫れもなくなり落ち着きましたが、刺された場所は、まだカサブタのようにあります。この夏の思い出が、まだまだ残っています。辛い思い出の記念になってますね。今まで刺されたこともなかったので、大丈夫だろうと油断していたのがダメでした。久しぶりのキャンプで楽しくなり、お酒も飲んでいたため、体温も高くなり、汗もかき、虫から見たらベストの条件が揃っていましたね。

気をつけていましたが、いつ刺されるかなんてわからないです。念には念を入れて準備して注意しましょう。

 

まとめ

 

さいごに、まとめとして、「アブ」「ブヨ」に刺された処置方法は、まず水で洗い流すこと。次に、患部を押し出して液を出すこと。辛い痒みには、かゆみ止めを使って抑えること。を覚えているだけでも役に立ちますよ~。

刺されないためには、やっぱり長袖、長ズボンですね。暑くても、刺されないためにも必要です。蚊取り線香や虫よけスプレーを使って、防ぐことも大事ですね。

汗をかき、体温も高いと刺されやすいので、こまめに拭くことも予防策になるので、ぜひ試してみましょう。気をつけて楽しいキャンプにしてくださいね!

 

以上お読みいただきありがとうございました!



この記事を書いている人 - WRITER -
Tanojob ライターチーム
キャンプ・釣り・登山・自転車・ダイビングなどあらゆるアクティビティのプロフェッショナルが集うTanojobライターチーム! 読者さんの悩みにバチッと答えられるような濃厚で良質な記事を日々配信中です!頑張るぞー!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Tanojob , 2018 All Rights Reserved.