「楽しいを仕事に!」をテーマにやり尽くすブログ

TanojobのYoutubeチャンネル配信中!

キャンピングトレーラーのおすすめメーカーは?日本で買えるメーカーと代理店さんを紹介!

 

スポンサードリンク


スポンサードリンク


この記事を書いている人 - WRITER -
モテたくて始めた服作りから、ファッションの専門学校の道へ進みアパレル企業に就職。しかし、そこがスーパーブラック企業で精も根も尽き果て、新たな人生を模索する内に物販の副業に出会う。その後事業が起動に載り独立起業しレールを外れる。更にレールを外れる為に一生懸命「楽しい」を仕事にしようと奮闘中\(^o^)/
詳しいプロフィールはこちら

残念ながら、ブランド物には興味ありません!

AKI

 

こんにちは!Tanojobりょーやです!

 

キャンピングトレーラーが欲しいな~と色々と見ているとこんな疑問が湧いてきます

 

  • そもそもキャンピングトレーラーってどんなメーカーがあるの?
  • 日本のメーカーとかあるのかな?
  • 有名なメーカーでアメリカ車・ヨーロッパ車などの違いがあるのかな?

 

などなど、キャンピングトレーラーはキャンピングカーより安いとは言え大きい買い物ですので、どのメーカーで購入するかなどはその後を大きく左右していきます。

スポンサーリンク

 

僕も色々なキャンピングトレーラーを比較検討してみて、多数のメーカーを知ることができたので今回はおすすめメーカーとしてお伝えさせて頂きます。

更にはどこで購入すれば良いのか、代理店さんのリンクも記載していますので気になったらクリックしてくださいね!

 

それではドゾー!!

キャンピングトレーラーは基本輸入が殆ど、国産メーカーはほぼ無い

エアストリーム

まず、前提として日本にあるキャンピングトレーラーはヨーロッパやアメリカから輸入されて入ってきているものが殆どです。

その理由としましては

 

日本ではそこまで乗っている人がいないから

 

という前提がありますね、例えば2016年ヨーロッパで製造されたキャンピングトレーラー・キャンピングカーの台数は約16万2000台、それに比べて日本で2016に年間販売された台数が約6000台といわれているのでその市場規模は約20倍以上となります。

 

もちろん国産で頑張っているメーカーなどもあるのですが、現実としては本場ヨーロッパやアメリカに輸入で頼るしか無い状況となっております。

日本は土地がそんなに大きくないので仕方ない気もしますが、もっとキャンピングトレーラー文化が育ってくれるとうれしいですね。

 

さて、お次はアメリカとヨーロッパでのキャンピングトレーラーの違いについてお話をしていきましょう。

 

キャンピングトレーラーはヨーロッパメーカーが良い?アメリカのメーカーが良い?その違いとは?

キャンピングトレーラー達

キャンピングトレーラーの輸入先として大きく分けると2つあります、それはヨーロッパとアメリカ。

 

この2つはキャンピングトレーラーの性能や考え方、内装など大きく異る部分になってきますのでまずそこから見ていきましょう。

 

それではそれぞれのメーカーの特徴を見ていきます。

 

キャンピングトレーラーのヨーロッパメーカーの特徴

 

さて、まずはヨーロッパのキャンピングトレーラーメーカーの特徴から下記に箇条書きにしたものを見ていきましょう。

 

  • デザイン性はシンプルかつ使いやすいデザイン、日常の延長線上にトレーラーがあるイメージ
  • 室内が洗練されたホテルのような内装、アウトドアと言うより高級ホテル
  • 女性に人気のデザインが多く、フラットな印象を受ける場合がある

 

アメリカとヨーロッパのキャンピングトレーラーでは、ボールの違いや電気系統の違いなどはありますが一番大きな違いとしては内装です。

ヨーロッパのデザインはアウトドアと言うより住むことをベースに考えられているので居住空間というイメージを受けると思います。

 

アメリカのようにゴツゴツしてないデザインで、BMWなどの欧州車の流線型フォルムに合うトレーラーが多いですね。

 

ではお次はアメリカのトレーラーの特徴です。

 

キャンピングトレーラーのアメリカメーカーの特徴

 

アメリカメーカーの特徴としては下記のとおりです。

 

  • ゴツゴツした無骨なデザイン、住むというより寝る環境が重要
  • 材質は本物の木材を使っていたり重いものが多い
  • 超大型のトレーラーなどがあるのもアメリカトレーラーの特徴

 

アメリカのトレーラーは基本的に角ばっており、それこそジープなどを彷彿とさせるようなイメージのトレーラーが多くあります。

牽引する牽引車も大型のピックアップなどが多いために重量が重くても丈夫な材質を採用しているために重さはありますね。

 

日本で牽引するようなトレーラーだと1トン前後のそんな大きくないトレーラーが多いと思いますので、どんな車でも牽引することが可能で、内観などにこだわるよりは外観重視で決めちゃうのがオススメです!

 

それでは実際のキャンピングトレーラーメーカーを見ていきましょう!

 

キャンピングトレーラーのおすすめメーカー ~ヨーロッパメーカー編~

 

まずはヨーロッパのおすすめメーカーから見ていきましょう!

 

普通免許必要なし、新車でもリーズナブルな”エースキャラバン”

 

引用 フジカーズジャパンさんホームページより

 

エースキャラバンはスペイン創業のトレーラーメーカーで、販売は日本以外にもポルトガル、オランダ、ベルギー、フランス、イタリア、イギリスなどに販売拠点を持っており、その全てを本社の工場で製造しています。

 

展示会などにも多数参加してそのクオリティは折り紙つきです。

日本で購入する場合はフジカーズジャパンさんが代理店で、日本に入ってくるエースキャラバンシリーズは基本的に牽引免許が必要ないものが多いです。

 

引用 フジカーズジャパンさんホームページより

 

しかも新車でも価格が200万円以下と非常に安価でのれる商品が多いのでキャンピングトレーラービギナーにはオススメのメーカーですね。

 

お次はこちらです。

 

移動するホテルのような高級感ある内装”ホビー”

引用 トーザイアテオさんホームページより

 

ホビーはドイツ発のトレーラーメーカーで、年間1万1000台ものトレーラーを生産し、ヨーロッパのトレーラーマーケットで24%ものシェアを持つぐらい大きなメーカーです。

 

ホビーの特徴としてはやはり、ヨーロッパ車の中でも特に高級感のあふれる内装ですね。

 

引用 トーザイアテオさんホームページより

 

日本国内でもかなりの台数が販売されていてオーナーも多いこのホビー、大きいモデルも多いので牽引免許を取得したほうが楽しめる印象ですね!

 

トーザイアテオさんが総代理店として購入可能です。

それではお次はこちら!

 

日本で扱いやすいデザインに特化した”トリガノ”

引用 インディアナRVさんのホームページより

 

次はインディアナRVさんが総代理店になっているフランストリガノ社のキャンピングトレーラーです。

こちらのメーカーはインディアナさんと契約しているので、日本仕様に牽引免許が必要ないモデルも多く揃えてあります。

 

日本の気候に合わせた素材を使ったりと実用性に飛んだデザインも魅力的ですね!

 

ヨーロッパのビックメーカーISO 9000の高い品質基準”アドリア”

 

引用 デルタリンクさんのホームページより

 

アドリアはスロベニアは発のトレーラーメーカーで、ヨーロッパのトレーラー乗りで知らない人は居ないぐらいに有名なメーカーです。

特徴としては開放的な室内で広々使える社内などが非常に魅力的ですね。

 

引用 デルタリンクさんのホームページ

 

日本ではデルタリンクさんが代理店として販売しており、キャンピングトレーラーの展示会などにも多数出展しているので近くで開催の時は行くことをオススメします!

 

ということでヨーロッパの代表的なトレーラーメーカーを紹介させていただきました!

お次はアメリカのメーカーとなります、それではどうぞ!

 

キャンピングトレーラーのおすすめメーカー ~アメリカメーカー編~

 

そしてお次はアメリカメーカーです、アメリカメーカーはあまり代理店も少ないため日本ではメーカーが限られてしまいますが、カッコイイデザインが沢山ありますので是非検討してみてください!

 

それでは紹介していきます!

 

永遠の憧れキャンピングトトレーラー”エアストリーム”

引用 エアストリームジャパンさんのホームページ

 

ずばりトレーラー乗りの憧れのメーカーと言えばエアストリームでしょう。

他に類を見ない外観と、室内はまるで家、というより高級ホテルのような洗練されたデザインのトレーラー。

 

価格は1000万円を超えるものもあり、高価ですがその所有欲を満たしてくれること間違い無しですね。

 

引用 エアストリームジャパンさんのホームページ

 

エアストリームジャパンさんで購入することが可能です、一生に一度は購入してみたいその圧倒的に格好いい外観を是非見に行ってください。

 

それではお次はこちら!

 

無骨で頑丈なtheアメリカントレーラー”Jayco”

引用 ボナンザさんホームページより

 

JaycoはTheアメリカントレーラーといった無骨な形のトレーラーです、内装もヨーロッパのデザインのように洗練されたって感じではなくて遊び心が詰まったデザインになってます。

 

Jaycoの内装

引用 ボナンザさんのホームページより

 

ボナンザさんが日本での代理店さんで、アメリカントレーラーを扱っている所があまりなかったので受注は集中しているようですね!

 

一度アメリカトレーラーを検討したい方は是非ボナンザさんへ足を運んでみましょう!

 

さて、ここまでアメリカトレーラーとヨーロッパのトレーラーと紹介してきましたが、日本も負けておりません。

日本用にカスタマイズされたこちらのトレーラーを是非みてみてください!

 

 キャンピングトレーラーのおすすめメーカー ~日本編~

引用 ケイワークスさんのホームページより

 

ケイワークスさんという愛知のキャンピングカー・トレーラーの販売を行う会社が作った、トレイルワークスというトレーラーが実はメイドインジャパンなんです!

 

もちろん牽引免許は不要で、エクステリアなども日本のキャンパーに合わせてカスタマイズされており、一台あれば日本では十分楽しめるトレーラーになっています。

 

引用 ケイワークスさんのホームページより

 

外観もアメリカトレーラーとはちょっと違う無骨ながらもオシャレな外観で、是非購入したくなる一品ですね!

 

ケイワークスさんのこだわりが詰まったトレーラーを是非ショールームに見に行きましょう!

 

まとめ 気になったらまずは見に行こう!

 

さて、キャンピングトレーラーのおすすめメーカーを紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

 

ここで気に入ったトレーラーなどがあればまずは実際に見に行くことをオススメします!

一回見に行けばトレーラーがどんな大きさなのか、自分が何にこだわっているのか、何を付けたいのかなどが具体的にイメージできますね。

 

全国各地にトレーラー販売している所は多く有りますので、是非一度トレーラーを見に行ってくださいね!

 

それではお読み頂きありがとうございましたーーー!!!

スポンサーリンク

お読みいただきありがとうございましたー!!

記事はどうでしたかー?よかったら記事の感想などをLINE@で送ってくださいねー!お気軽にドウゾー♪

Youtube動画更新を頑張ってますよー!コメントやGOODボタンを積極的に募集してますw

是非チェックしてくださいね♪

この記事を書いている人 - WRITER -
モテたくて始めた服作りから、ファッションの専門学校の道へ進みアパレル企業に就職。しかし、そこがスーパーブラック企業で精も根も尽き果て、新たな人生を模索する内に物販の副業に出会う。その後事業が起動に載り独立起業しレールを外れる。更にレールを外れる為に一生懸命「楽しい」を仕事にしようと奮闘中\(^o^)/
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Tanojob , 2018 All Rights Reserved.