「楽しいを仕事に!」をテーマにやり尽くすブログ

TanojobのYoutubeチャンネル配信中!

自転車のライトはキャットアイのUSB充電型ライトがおすすめな理由と商品紹介!

WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
何とか楽しいことが仕事にならないか一生懸命くだらないことを突き詰めている伊達家。夫りょうや、妻あき、愛犬きなおで楽しくを仕事にする”たのジョブ”目指し日々邁進中。夢はきなおも連れて世界8週旅行。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!楽しいを仕事にする為に日々奮闘する、りょーや(Twitter/@Tanojob)が編集長のTanojobです!

 

自転車に乗るときに必ず必要となるのがライトです。

 

道交法においても、夜間の自転車走行ではライトを点灯させることが義務付けられており、安全面からの理由だけではなく、法的にも必須アイテムといえるでしょう。

 

ママチャリなどのシティサイクルであれば、備え付けのライトがほぼ確実に装備されており、改めてライトを購入する必要はありませんが、クロスバイクやロードバイクといったようなスポーツバイクの場合、ライトは備え付けられていないため新たに購入する必要があります。

 

その際に、どのメーカーのライトを選べばいいか迷ってしまうかもしれません。今回はキャットアイというメーカーが販売しているUSB充電型のライトがおすすめな理由や商品を紹介していきます。

 

キャットアイがおすすめな理由

まずは、キャットアイというメーカーについて知っていきましょう。キャットアイは日本のメーカーで主に自転車のライトやサイクルコンピューターを販売している企業です。サイクリストの間では、認知度も高く、購入しても失敗の少ない「無難」なメーカーというイメージがあります。

まずは、そんなキャットアイというメーカーのライトがおすすめな理由について説明していきます。
主な理由としては以下のようになっています。

 

  • 高品質
  • 高コストパフォーマンス
  • 扱いやすい

 

このような理由が考えられます。1つずつ詳しく見ていきましょう。

 

高品質

キャットアイは日本のメーカーです。メイドインジャパンだから品質が高いという保証には必ずしもなりませんが、それを覗いたとしてもキャットアイのライトの品質は高いと評価されています。

 

具体的には、耐衝撃性能や防水機能などが優れており壊れにくいという点や、性能面でもライトの安全性が高く安心感を与えてくれます。色々な強みを持っている各メーカーのライトは存在していますが、すべてにおいて品質が高く、信頼感の高いのがキャットアイの特徴といえるでしょう。

 

高コストパフォーマンス

安いライトを探そうと思えば、いくらでも見つかりますが、品質が悪ければ意味がありませんよね。そういった意味では、キャットアイのライトは費用対効果の高い選択肢といえます。

 

性能、品質、価格のバランスに優れているので、満足度の高く、人気の理由となっています。

 

扱いやすい

海外のメーカーのライトを購入すると説明書が外国語で書いてあったりもします。

 

ライトなので、そこまで複雑な操作はありませんが、やはりそういった意味でも日本語の説明書でわかりやすいキャットアイは扱いやすい製品といえます。また、日本のメーカーなので、固定部品なども取り寄せることができます。長く使うことを考えられば、優秀な選択肢であることがわかります。

 

充電型ライトがおすすめな理由

次に、充電型のライトがおすすめな理由を紹介していきましょう。自転車のライトには主に充電式と電池式の2つが一般的です。

 

それぞれにメリット、デメリットはあるので、どちらを選ぶかは好みにもよりますが、ここでは充電式ライトのメリットを紹介していきます。
充電式ライトのメリットは以下のようになります。

 

  • ①維持費が安い
  • ②コンパクトで軽い
  • ③バッテリーが切れても充電可能

 

1つずつ詳しく見ていきましょう。

 

①維持費が安い

電池式のライトの場合、使い続けるには電池を購入する必要があります。充電式の場合、かかる費用は充電による電気代ぐらいで維持費という面ではそれなりの差が出てきます。

 

②コンパクトで軽い

充電式ライトは、電池を入れるスペースを確保する必要がないため、コンパクトで軽い形状になっていることが多いです。ロードバイクのように重要に敏感な自転車に乗っている人の場合、数gの差でもできるだけ軽くしたいと思うはずです。そういった意味では、充電型のライトに分があります。

 

③バッテリーが切れても充電可能

電池式も充電式も走行中のバッテリー切れのリスクは常にあります。電池式の場合、替えの電池を購入する必要があり、コンビニやスーパーを探す必要があります。

充電式の場合、スマホなどを充電できるモバイルバッテリーを持っていれば、それを使って充電することが可能です。緊急時の対応力という面では、充電型は高い性能を持っているといえるでしょう。

 

キャットアイの充電型ライトのおすすめ商品

ここからはキャットアイの充電型ライトのおすすめ商品を紹介していきます。キャットアイのライトは光の強さに応じて、商品が分けられています。今回紹介するのは以下の4つです。

 

  • VOLT200
  • VOLT400
  • VOLT800
  • VOLT1700

 

1つずつ詳しく見ていきましょう。

 

①VOLT200

明るさが200ルーメンの商品です。使用時間はハイ/約2時間、ロー/約6時間、点滅/約30時間となっています。日常的な自転車利用であれば、これで十分といえるでしょう。安全性も良く、価格もリーズナブルなライトです。こちらのモデルはカラーバリエーションが豊富なのも魅力的です。

 

②VOLT400

明るさが400ルーメンのモデルです。使用時間はハイ/3時間、ミドル/8時間、ロー/18時間となっています。1回の充電でかなりの使用時間を誇っており、明るさも申し分なく、安全性の高いライトです。サイクリングでの利用や、通勤通学などで夜間走行をする機会が多い人にはおすすめです。

 

③VOLT800

明るさ800ルーメンのハイパフォーマンスライトです。使用時間はハイ/2時間、ミドル/3.5時間、ロー/8時間となっています。非常に明るいライトなので、ブルベなどで長距離の夜間走行を考えている人には強い味方になるでしょう。

 

④VOLT1700

キャットアイのライトでも最高峰の明るさを誇っている商品です。使用時間はハイ/2時間、ミドル/5時間、ロー/15時間となっています。滅茶苦茶明るいので、人によってはオーバースペックかもしれませんが、非常に安心感のある商品です。

 

まとめ

キャットアイの充電型ライトがおすすめな理由についてまとめていきました。

 

サイクリストの間でも評価が高く、無難といわれることもありますが、品質の高いライトを数多くラインナップしています。

 

自転車のライト選びに迷った際は、キャットアイがおすすめです。間違いなく失敗はない商品といえます。



この記事を書いている人 - WRITER -
何とか楽しいことが仕事にならないか一生懸命くだらないことを突き詰めている伊達家。夫りょうや、妻あき、愛犬きなおで楽しくを仕事にする”たのジョブ”目指し日々邁進中。夢はきなおも連れて世界8週旅行。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Tanojob , 2019 All Rights Reserved.