「楽しいを仕事に!」をテーマにやり尽くすブログ

TanojobのYoutubeチャンネル配信中!

ツナロッドとGTロッドの違いとは?それぞれのメリットとデメリットを解説!

 







この記事を書いている人 - WRITER -
Tanojob ライターチーム
キャンプ・釣り・登山・自転車・ダイビングなどあらゆるアクティビティのプロフェッショナルが集うTanojobライターチーム! 読者さんの悩みにバチッと答えられるような濃厚で良質な記事を日々配信中です!頑張るぞー!

こんにちは!楽しいを仕事にする為に日々奮闘する、りょーや(Twitter/@Tanojob)が編集長のTanojobです!

 

この記事ではツナロッドとGTロッドの違いとメリットデメリットについてご紹介します。

 

みなさんはツナロッドとGTロッドの違いを知っていますか?

 

大物釣りのロッドであればどれも同じだと思っている人も多いと思います。でもツナロッドとGTロッドは大きく変わるものなんですよ。

それぞれのロッドの特徴を理解しておくとロッド選びにも便利になります。

 

今回はいつかツナロッドとGTロッドを買おうと計画している私がツナロッドとGTロッドの違いやメリットデメリットをご紹介します。それではどうぞ。

そもそもGTとは何か?

 

ツナはマグロと分かりますがGTと言われて魚と想像できる人は少ないと思います。

 

ツナロッドとGTロッドの違いを理解する事も大事ですが、GTについて詳しく知っておくと良いです。GTとはロウニンアジの事を言います。全長2メートルを超える大型のアジで、体重は80キロになる魚です。

 

ソルトルアー対象魚の中で一度は釣ってみたい憧れの存在でもあるロウニンアジはジャイアント・トレバリーという名称があります。

 

頭文字からGTと呼ばれているのです。

 

私も釣りを始めた時にはGTと言われても分かりませんでしたが圧倒的な存在感は感じられる魚です。

 

ツナロッドとGTロッドの違いは?

ツナロッドとGTロッドの違いとしては時間の差が大きくあります。

 

ツナロッドは軽量ルアーが投げられる事から大物と長時間のやりとりがしやすいです。ロッドに底弾性のカーボンが使用されていることが多いので長い時間ファイト出来ます。

 

GTロッドは大型ルアーが投げられるのですが、GTロッド短時間ファイトがしやすいロッドです。GT釣りには200g以上のルアーを使用するので体全体で高速巻きしたりなどアクションが大きいです。

 

ツナロッドでは軽量のルアーを使用するのでロッドのルアーに対する耐久度も違いがあると言えます。

 

ツナロッドのメリットデメリットは?

マグロを釣るにおいて大事なくツナロッドですがメリットとデメリットを理解しておきましょう。

 

ツナロッドのメリット

 

ツナロッドのメリットは軽量のルアーを使用するので大物用の竿に比べて軽く作られていて長時間のファイトでもストレスを感じる事なく使えます。

強度もあるので大型のマグロがヒットしてもしっかり釣り上げることができるパワーも兼ね備えています。

ツナロッドは、GTロッドほど強引に魚を止めるやり取りではなく、走らせて獲ることをコンセプトにしている竿もある事は大きなメリットと言えます。

 

ツナロッドのデメリット

 

ツナロッドのデメリットとしては、低弾性カーボンをロッドに使用している場合にはキャストした時の感度がもっさりとしている印象を受ける事です。

キャストというのは竿を投げる事ですが、シャープさに欠けてしまい強度がある分でだるくなることがデメリットとしてあります。

 

GTロッドのメリットとデメリット

魚の中で随一の引きの強さを感じることができる釣り人の夢でもある魚とのGTですが、GTロッドのメリットとデメリットも覚えておきましょう。

 

GTロッドのメリット

 

GTロッドのメリットは、100g以上ある大型のプラグルアーを遠投するので竿自体の強いパワーです。GTをかけた時は衝撃が強くその衝撃にも耐えられるロッドと言えます。

 

竿自体も重量感があるので、体全体を使ってGTにアプローチしやすい作りになっています。

 

GTロッドのデメリットは?

 

GTロッドのデメリットは、強度のあるロッドである代わりに重たいので長時間の使用が難しいと言えます。

使用するルアーも100g以上を利用するので一回のキャストでかなりスタミナを消耗してしまうので、体力に自信のある人しか使用出来ないデメリットがあります。

 

基本的に根に向かって突っ走るGTを強引に止めて浮かせるためのロッドとして作られたGTロッドは自分の体格や体力に合わせたロッドを選ぶ必要があるので大変な部分もあります。

 

一般の人でまともに引っ張り合いをした場合にはその引きの強さで海に落ちてしまう事も多いのです。私はGT釣りはまだした事ないですが、海に引き込まれる引きは魅力的ですが海に落ちてしまうのは怖いですよね。

 

まとめ

 

いかがでしょうか。

ツナロッドとGTロッドでは大物用のロッドと言う事は共通していますが、全く違うものになるのです。ツナロッドは軽量のルアーに対応しているロッドでロッド自体も軽く長時間のファイトが出来ます。

 

GTロッドでは200g以上のルアーを使用しますし、アピールアクションも必要になりロッドも重たいので短時間のファイトに向いています。ツナロッドのメリットは走らせて獲ることをコンセプトにしているロッドが多いのでパワーもさることながら長時間でも使用が出来る事です。

 

デメリットとしてはツナロッドは、キャストする時にシャープさが欠けてしまいだるく感じてしまう事です。

 

GTロッドのメリットは圧倒的なパワーで体全体でのルアーのアクションをかける事が出来ます。

 

デメリットとしてはGTロッドはロッドが重たいので、長時間GTロッドを使用する事は難しい事です。それぞれのメリットとデメリットを理解しておくと良いですよ。

私も最初は大物用のロッドは全部一緒だと思っていましたが違いが多くある事に驚きました。マグロもGTも違った面白さがあるので、それぞれのロッドで釣りを楽しんでみてくださいね。



この記事を書いている人 - WRITER -
Tanojob ライターチーム
キャンプ・釣り・登山・自転車・ダイビングなどあらゆるアクティビティのプロフェッショナルが集うTanojobライターチーム! 読者さんの悩みにバチッと答えられるような濃厚で良質な記事を日々配信中です!頑張るぞー!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Tanojob , 2018 All Rights Reserved.