「楽しいを仕事に!」をテーマにやり尽くすブログ

TanojobのYoutubeチャンネル配信中!

ジェットスキーの維持費ってどれくらい?マリーナが必要?徹底解説!

 
ダイビング







この記事を書いている人 - WRITER -
Tanojob ライターチーム
キャンプ・釣り・登山・自転車・ダイビングなどあらゆるアクティビティのプロフェッショナルが集うTanojobライターチーム! 読者さんの悩みにバチッと答えられるような濃厚で良質な記事を日々配信中です!頑張るぞー!

こんにちは!楽しいを仕事にする為に日々奮闘する、りょーや(Twitter/@Tanojob)が編集長のTanojobです!

 

今回は、ジェットスキーの維持費についてズバリ!解説したいと思います。

 

ジェットスキーの免許を取得し、これから本格的にジェットスキーを楽しんでいこうと思った時に欲しくなるのが、MYジェットスキーですよね。

 

自分のジェットスキーってやっぱり憧れますよね~。

 

海で、川で、水面を思いっきり走らせたいと思うから免許を取るのですからね。バイクでも車でもそうですよね。免許を取得すればやっぱり欲しくなっちゃいますよね。

 

ですが、いざ購入するとなると重くのしかかってくるのが「お金」の問題。

 

ジェットスキーはお金がかかるスポーツってイメージありますよね。自分のジェットスキーを買ったとしても、維持していくためには、実際どのくらいのお金が必要になるのかって不安になりませんか。

 

そこで今回は、ジェットスキーを購入した際の維持費について徹底解説しますよ!

 

ジェットスキーの保管方法によって年間かかってくるお金はもちろん違います。マリーナ保管と自宅保管それぞれの費用や他にもかかってくる維持していくための費用などをお伝えしたいと思います。

 

自分のジェットスキーを手に入れたい方はぜひ参考にしてくださいね。

 

ジェットスキーってお金がかかるスポーツ???

 

なんのスポーツでもそうですが、新しいことをはじめるのってお金がかかりますよね。着るものを揃えたり、道具を揃えたり・・・。

 

マリンスポーツ、中でもジェットスキーは、お金がかかるスポーツだと言われますが、では、実際はどうなんでしょう。1つ1つ見ていきましょう。

まず、ジェットスキーに乗るためには、特殊小型船舶操縦士免許というものが必要になります。この免許を取得するためにかかる費用は約6万前後。

 

次にジェットスキー本体の問題です。ジェットスキーに乗るためには、レンタルするか自分のものを買うしかありません。レンタルする場合には、ゲレンデ近くのマリンSHOPなどを利用することになり、会員登録、年会費、施設使用料なども必要になる場合があります。

 

SHOPさんでもまちまちですが、一日レンタルで遊んだ場合にかかる費用は約2万円~6万円。

 

ジェットスキーの購入金額はというと、中古の安いものだと3万~5万円前後でも購入することができるのです。この金額を見てみると断然自分のものが欲しくなってしまいますよね。(※ただ、新艇は高いですよ。高いものだと300万円を超えるものもあります!)

 

そうなんです!中古のものだと手が届く金額なので、みんな悩むんですよね。

 

では、次に自分のジェットスキーを手に入れた場合に維持していくための費用についてまとめます。

 

ジェットスキーの維持費とは

 

自分でジェットスキーを所有する場合にかかる費用は、ジェットスキーの購入費、燃料代、メンテナンス費用、検査代(中間検査と定期検査)。これに保管場所に応じた金額が必要になります。

 

ジェットスキーの購入費

中古と新艇、大きさで大きく金額が違います。安いものは3万~5万円でも購入できますが、故障も多くなるため自分でしっかりメンテナンスができなければ、新艇、もしくは新艇に違い中古(50万~100万円くらい)がおすすめです。

 

燃料代

車やバイクと同じようにジェットスキーも燃料を入れなければ走らせることはできません。遊ぶ人数、ジェットスキーの大きさや馬力、海のコンディション、乗り方によって大きく左右されますが、1日遊ぶ場合の燃料代として6千円~1万円は見ておきましょう。

 

メンテナンス費用

海上でトラブルが起こると危険です。メンテナンスはしっかりしておくことが必要なのですが、自分でできる場合と業者に依頼する場合で大きく金額が変わります。基本的には、トラブルが起こった時に自分で対処できるように、自分のジェットスキーのメンテナンスくらいは自分でできるのが理想ですよ。

 

オイル、オイルフィルター、プラグ、バッテリーなど消耗品は、定期的に自分で交換するとして、かかる費用は、年間約3万円~5万円くらいです。

 

船舶検査(定期検査・中間検査)

6年ごとに定期検査があります。(その間の3年目に中間検査があります。)

費用は大きさによって変わりますが、中間検査で5,100円~8200円。定期検査で11,600円~16700円です。

業者に依頼する場合には、これにプラス約2万円前後かかりますが、難しいことはないので自分でできます。

 

ここまでは、ジェットスキーを所有する上で、必ずかかる費用です。車やバイクなどを所有する場合と同じです。ただ、ここからが維持費に大きく違いがでてきます。ジェットスキーの保管場所についてです。次に詳しく説明しますね。

 

保管場所はマリーナ?それとも自宅?

 

使わない時のジェットスキーの置き場所次第で、年間にかかる費用に違いがでてきます。方法は2つ。マリーナなどで保管してもらう方法と自宅などで保管しておく方法です。

 

マリーナで保管する場合

自宅などに置き場所が確保できない場合には、マリーナなどにお金を支払い保管してもらうことになります。その保管場所が、屋外か屋内か、その他入会金や年会費など施設によって料金には大きな違いがあります。

  • 入会金:約1万~2万円前後
  • 年会費:約2万円前後
  • 保管料:約10万円~30万円

もっと安いところもあればもっとかかるところももちろんあります。マリーナを利用する場合には、あらかじめ料金をしっかり調べてくださいね。

 

マリーナで保管すると費用はかかりますが、それ以外のものを自分で準備する必要がなくなる点はいいところです。

 

トレーラーなどは購入する必要がないこと、ジェットスキーの上げ下ろしなどもいつでもスロープが使えること、洗艇、駐車場やロッカー、トイレ、シャワールームなどが使えることはとても便利ですよ。

 

自宅で保管する場合

自宅に保管場所を確保できる場合には保管料はかかりません。ですが、自宅やゲレンデまでジェットスキーをけん引し運ばなくてはいけないので、けん引のために必要な車とトレーラー、ヒッチメンバーを準備しなくてはいけません。

 

直接入れる場所でジェットスキーができる場合はいいのですが、マリーナでスロープなどを使う場合には、さらにその都度、別途、施設使用料がかかります。

 

  • トレーラー代(新品)約20万円(中古)約10万円
  • ヒッチメンバー(新品)約5万円(中古)約1万円

※自分で取り付けられない場合には業者に依頼することになります。プラス3万円

 

トレーラーは車両として登録されるので維持していくためには維持費として、年間約3万~4万円がかかります。

  • 車検登録費用(車庫証明、ナンバープレートなど初回登録時の費用)2、000円弱
  • トレーラーの車検:1.5万円(1年ごと。新品で購入した場合のみ初年度は2年後)
  • トレーラーの自賠責保険:5、000円
  • トレーラーの自動車税:2500円~5300円
  • トレーラーの重量税:12600円

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

ジェットスキーを維持していくための費用についてまとめました。

 

ジェットスキーにかかる費用をすべて業者に依頼し、すべて新品のもので揃え、マリーナを利用するとなると初期費用そして維持費はかなり高額になります。

 

ただ、節約する方法はたくさんあって、中古のもので揃えたり、自分でできることは自分で行うだけでかなりの節約が見込めます。

 

維持費の面では、自分でしっかりメンテナンスができれば、年間約5万~10万円以下で維持していくことができます。(最大年間5万円前後で維持している人もいます。)

 

ただ、車やバイクと違って、ジェットスキーは生活の中では全く使うことができません。完全に趣味のためのものですよね。

 

趣味のためのお金が、年間5万~10万円。この出費が、高いか低いかは自分次第。レンタルを利用するか、自分のジェットスキーを手に入れるか、自分のやり方で、楽しいジェットスキーライフがスタートできますように!



この記事を書いている人 - WRITER -
Tanojob ライターチーム
キャンプ・釣り・登山・自転車・ダイビングなどあらゆるアクティビティのプロフェッショナルが集うTanojobライターチーム! 読者さんの悩みにバチッと答えられるような濃厚で良質な記事を日々配信中です!頑張るぞー!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Tanojob , 2019 All Rights Reserved.