「楽しいを仕事に!」をテーマにやり尽くすブログ

TanojobのYoutubeチャンネル配信中!

ネットビジネスで独立起業を失敗しないコツ!自身の悲惨な体験から学んだ◯◯の重要性

 







この記事を書いている人 - WRITER -
モテたくて始めた服作りから、ファッションの専門学校の道へ進みアパレル企業に就職。しかし、そこがスーパーブラック企業で精も根も尽き果て、新たな人生を模索する内に物販の副業に出会う。その後事業が起動に載り独立起業しレールを外れる。更にレールを外れる為に一生懸命「楽しい」を仕事にしようと奮闘中\(^o^)/
詳しいプロフィールはこちら

失敗は成功の母、ミルキーはママの味。

RYOYA

 

今回は僕がインターネットビジネスで独立起業をしてから沢山沢山失敗してきたことのごくごく一部をお伝えさせていただきます 笑

 

僕は今年で起業してから3年目になりました!

 

やるなおやじ!

KINAO

 

昨年の夏に法人化もして今では安定的に会社を運営することができているんですけど、起業時には失敗も色々と…というか沢山…してきました!

 

話せることや話しないこと本当に色々あったんですけど今日はその一部を曝け出そうかと思います。

 

インターネットで起業したというと、リスクが少なく小資本ってイメージもあるのであまり失敗例なども多くはありませんが、是非これからビジネスを始める人の参考にしていただき僕と同じ道を歩まずに来てもらえればと思います。

 

 

えっ。そんな失敗してきたの…

AKI

 

奥さんにも色々内緒ですが…それではどうぞ!

 

情報商材を無駄に買って金をドブに捨てた

 

僕が始めて副業を志した時は本当に何も情報を持っていない情弱でした、周りで副業をしている人もいなければそういったノウハウなんてどんなものがあるのか全然想像もつきませんでした。(むしろ超怪しいと思ってました 笑)

 

なので情報商材やコンサルなどを購入して何が何でもやるしか方法が無かったんです。

 

多少お金はかかったものの、そのおかげでお金を稼ぐことができたのでそれ自体には非常に感謝しています。

 

ただ…情報商材の中には粗悪なものも結構ありました。

RYOYA

 

例えば僕が起業当初に Twitter をやってたんですけど Twitter からメッセージが来て

 

「東京でインターネット関連のビジネスをやっている者です、今物販で非常に優良な案件があるんですけど一回話が聞いてみませんか」

 

ってことを言われました、…怪しい。

 

今でこそ 商材屋乙www ってスルーできましたが当時は起業してすぐの新米です。しかも僕自身そういった商材やコンサルで実績を出すことができたので、ついついイケると思い込んでしまい、その話を聞きに東京まで行きました。

 

すると待ち合わせは銀座の エンポリオアルマーニカフェ という謎のビルのめちゃくちゃ高そうな高級シャンパンが出るような店でした。

その時点で今なら絶対怪しいなと思うんですが実力がある人程リッチパフォーマンスはしません。)店員さんが

 

○○様いらっしゃいませ…いつものでよろしいですか?

店員さん

 

とか言うわけですよ、僕としては

 

えー!こんな高そうな店で顔パス!?スゲー人だ!

RYOYA

 

と妄信的にこの人は間違いない、凄いインターネットビジネスしている!とそのゴミ商材を買ってしまいました…

 

その金額はおよそ80万円!

僕の退職金が全て吹っ飛びました

 

内容は、誰かが作っためちゃくちゃしょぼい輸入物販に関するコンテンツをZIPファイルに沢山入れただけという、謎のコンテンツZIPセットw

 

僕自身物販のコンサルなどをしているんですけど、そういった情報発信を買う時やコンサルを受けるときに皆さんには気をつけてほしい点がいくつかありますのでお伝えさせていただきますね。

 

お客さんにフィルターをかけているか?

 

まずはフィルターをかけているかどうかです、すべての人が稼げますよーって言っていませんか?

 

例えばブログのアフィリエイトで稼ぐってのはサーバー運営費の年間数千円だけであまりデメリットが無いと考えられがちです。でも実際は最初の頃は記事を沢山沢山書かないとマネタイズはできないんですが、そういうメリットデメリットも含めてしっかりと伝えているかどうかってのを判断しましょう。

 

基本的に良いことばっかり言う人は…アウトの可能性が高いです。

 

名が売れている人から買わないこと

 

商材は一度作ってしまえば後は販売するだけなので労力がかかりません。

なので商材を沢山売っているイコール、サポートもあまりなく自分まで手がまわらないのではないか?と考えるのが良いでしょう。

もちろん優良なコンテンツを提供している人も沢山いますが、僅かな悪い人のせいで気をつけないといけないのはなんか残念ですけどね。

 

もしあなたが何かそういった商品を買おうとして悩んでる場合は是非僕まで相談してください!

僕は今まで何百万をコンサルや情報商材にかけています 笑

いやはや…情報商材ソムリエができるぐらいですね…

 

笑えねーよ。

RYOYA

 

ツールを作ろうとして80万をドブに捨てた

 

次はツールを作ろうとして80万をドブに捨てた話をします。

 

僕はインターネット物販をやっていたんですが、物販においてツールというものは非常に重要です。

それを使えば結構楽に商品が仕入れられたりするので、ツールを自社で作ろう!と思ってクラウドワークスなどで人を募集して作ってもらったのですが…。

 

それが全く使い物にならない物。

 

でも契約上お金は支払わないといけなくなり、揉めに揉めましたが結局ボクが80万払う羽目になりました。

 

何故そんなことになってしまったかと言えば、打ち合わせの際にその内容を録音していなくて証拠が残せず言った言わないになってしまい、仕様が違うままツールが完成…。

 

僕の場合はベトナム人さんにツールの依頼をしたんですが(外注費は安かった…でも怪しかった…笑)

その方と打ち合わせをした時にその話の内容を録音してませんでした。ちなみに打ち合わせをしている時はこんな感じ。

 

ダイジョブ、ダイジョブ、その仕様はカンタンにデキルよ!

ベトナム人さん

 

そしてツールが出来上がった後に実際のモノを見てみたら自分がイメージしていた仕様と全く違うものができあがってました。そして、これでは使い物になりませんと伝えたらあなたはそう言って作ってくれと言いましたと言われてしまい…。

 

言った言わないという話を永遠に続けることになり、結局僕が折れて80万円のお金と引き換えに使えないゴミツールを買う羽目になりました。

 

こういったのは特に高いお金の場合は気をつけた方がいいですね、って当たり前だ!と思うかもしれませんが…

 

この話を友人の事業家にした時は「それは伊達さんが悪い。油断しすぎだよ」と言われて深く深ーく反省しましたとさ…。

 

気軽にコラボして爆死した話

 

今度は人と人との失敗です。

 

僕は起業してから自分一人で回るようなビジネスばかりをやってました、人を使ったとしてもクラウドワークスなどで契約した外注さんで、そこまで大きな責任を背負うことはありませんでした。

 

ただ機会があって別の方と一緒に組んで「コンテンツを作ろう!」ということになった時に事件は発生してしまいます。

 

その方とは知り合ったばっかりで、まだそんなに信頼関係も深くなくコンテンツを作る時に

「自分はこれだけやったのに相手はこれもやっていない」とか「僕はこれをやったからあなたはこれをやってくださいみたいな」どっちが何やるかっていうのを腹を割って話すことができませんでした。

 

そんな2人がつくったコンテンツが良い訳も無く、なんだかなーってコンテンツが出来上がってしまい終了。

セミナーもしたんですけど、そんな二人の信頼関係が薄い内容がいいはずもなく、その後のセールスに繋がることはありませんでした。

 

なのでブログなどを書いていると結構コラボの依頼などが来たり、ビジネスで組もうという話があると思うんですけど、しっかり信頼関係を構築しお互いに腹を割って話せるような間柄ではないと優良なコンテンツを作る事は難しいかと思います。

あまり気軽にコラボしまくって信頼関係をどんどんどんどん壊してくっていうことにないように気をつけましょう!

 

ある程度稼いだ後の方向性で失敗した

 

僕は物販ビジネスで利益を出すことができ、独立することができました。

その後に安定的に稼げるようになってあらゆるビジネスをする事になりますが、次のビジョンがないまま始めたビジネスは大抵失敗しています。

 

例えば物販ビジネスで利益が出た後に、全く畑違いのアフィリエイトに手を出してしまいゼロからのスタートであまり実績も出ず終わってしまった過去があります。

 

ビジネスというのは既存のビジネスで利益が出てるものがあれば常にそれを横に展開していくのが一番早く伸びる方法ですね。

例えばアフィリエイトをやって利益が出てるということであれば、そのアフィリエイトのノウハウをコンテンツにしてコンテンツを販売したりサロンを開いたりていうのが最近の定番の流れだと思います。

 

ただ僕はそういうことをせず、物販で実績を出した後Youtubeのアフィリエイトという全く違う畑に行ってしまい、そこで自分の時間を無駄にしてしまいます。

 

つまりは、ある程度自分が稼げるようになったら「次は何するか?」っていうのもしっかりと考えてビジネスを選んだり、ビジョンがないまま始めてしまうとそれはと長続きはしないしそのビジネスが成長するまでに圧倒的にに時間がかかってしまいます。

 

お金は無くなっても稼げばいいと思いますが、時間はお金よりも大切なものです。

是非訳も分からず、儲かりそうというイメージに引きずられて時間の失敗だけは避けるようにしましょう。

 

インターネットビジネスで失敗しないために

 

インターネットビジネスは非常にリスクが少なく起業できるということで人気のビジネスです。

 

しかし僕のように勉強していない情弱のままだと粗悪なコンテンツを買ってしまったり間違った方向へとドンドンと歩みを進めてしまい失敗しまくってしまうという可能性もあります。

 

なのでやはり常に勉強することは大切ですし、周りで同じことをやっている人の意見をたくさん聞くことは更に大切になってきます。

 

今思えば僕がしてきたこれらの失敗も全て周りの仲間や師匠に相談すれば全て免れた事ですね。

 

ツールを作るときも知り合いなどと人脈を広げておけば、ストレス無く失敗なく(もちろん録音、筆談は必須でw)その信頼できる人にツールづくりを任せることができます。

 

そういった意味でインターネットビジネスは一人で起業できるというのがメリットだとよく言われますが、結局は自分が信頼している人とのつながりでそういった失敗も避けられるということがありますので、いろいろなビジネスをやってる人と交流して自分の幅を広げてリスクヘッジをしていきましょう!

 

もちろん僕でよかったらぜひ相談に乗りますのでお気軽お気軽にメッセージくださいね~!

それではみなさんからの失敗エピソードなどもお待ちしております!

 

お読みいただきありがとうございました!

 

 

失敗しても前向きに!

RYOYA



この記事を書いている人 - WRITER -
モテたくて始めた服作りから、ファッションの専門学校の道へ進みアパレル企業に就職。しかし、そこがスーパーブラック企業で精も根も尽き果て、新たな人生を模索する内に物販の副業に出会う。その後事業が起動に載り独立起業しレールを外れる。更にレールを外れる為に一生懸命「楽しい」を仕事にしようと奮闘中\(^o^)/
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Tanojob , 2018 All Rights Reserved.