「楽しいを仕事に!」をテーマにやり尽くすブログ

TanojobのYoutubeチャンネル配信中!

磯釣りでキスを釣ろう!仕掛けは?餌は?初心者向けに徹底解説!

 
キス釣り

スポンサードリンク


スポンサードリンク


この記事を書いている人 - WRITER -
Tanojob ライターチーム
キャンプ・釣り・登山・自転車・ダイビングなどあらゆるアクティビティのプロフェッショナルが集うTanojobライターチーム! 読者さんの悩みにバチッと答えられるような濃厚で良質な記事を日々配信中です!頑張るぞー!

こんにちは!@Tanojobライターチームです!

 

海釣りにおいて磯は男のロマンをくすぐるポイントですね!

 

足場が悪く波が打ち付けて波しぶきが飛んでくるような釣り上級者のポイントとイメージを磯に持っている人も多いと思いますが、初心者でも楽しめる磯もあります。

スポンサーリンク

磯釣りでは多くの魚種を狙う事が出来ますが、キスも磯での高ターゲットに入ります。

シャープな引きを味わえるキスは、見た目もすらっとしていて美しく食べても美味しい釣り人からの支持は厚いです。私もキスは専門的に釣りをしているので、毎年キスを釣りに磯を訪れています。

この記事ではそんなキス釣りの

  • キスってどうやって釣ればいいの?
  • 仕掛けは何にすればいい?
  • 餌は何が理想的なの?

といった悩みを解決していきます!

それでは磯釣りでのキスの仕掛けや餌、初心者向けに解説していきますね!

 

磯釣りのキスのポイントを知ろう!

 

キス釣りを始める前にまずはキスの生息しているポイントを知る事が大事になります。基本的にキスは砂地を好み、砂に隠れている事が多いです。

 

磯周辺は岩場になっているので、キスが好む生息ポイントと一見ミスマッチしているかのように思えます。磯でキスは釣れないのと心配になった人もいるかもしれませんが、当然釣り場によって異なるので一概には言えない事実はあるものの磯の数十メートル先は砂場になっている事が多いのです。

 

磯と砂場の境目にはかけあがりというものが存在しています。

かけあがりとは、急に深くなっていたり、徐々に水深が深場から浅場へ向かっている場所の事を指し、そこが多くの魚がついているのです。

 

キスを磯で釣る場合には、磯の先が砂場である事、かけあがりを探す事が良い釣果に繋がるのです。私もよく磯にキス釣りに行きますが、磯を移動しながらかけあがりを見つけてキス釣りを楽しんでいますよ。

 

磯のキス釣りにおける仕掛けは?

 

キスを磯で釣る際には、大事になるのが仕掛けです。

 

キスを釣る上では基本的に場所に関係なく天秤を使うのが良いですね。

天秤とはキス釣りには欠かせない仕掛けで、見た目も重さを測る天秤のような形をしていて3方向形状をしています。1方向にはリールから出る道糸、1方向にはオモリ、1方向にはハリがついているハリスを付ける形になります。

 

天秤

 

天秤は種類も多くあり、初心者であればオモリと一体型のジェット天秤を使用する事もおすすめです。その名の通りジェット天秤は通常の天秤よりもスタイリッシュな形で、飛距離にも優れていてオモリを付ける必要がないのでストレスフリーです。

 

私はいつもキス釣りをする際にはキス天秤を使っていますが、ジェット天秤も準備していて飛距離を出したい時に使っていますよ。

 

天秤はキス釣りにおいてとても大事な仕掛けなので覚えておきましょう。

 

キス釣りの仕掛けにおけるハリですが、ハリはケン付流線を使用すると良いです。ケン付きと言うのは、ハリの軸にちょっとした突起が付いていて餌を喰った魚の口から外れにくくするものです。流線ハリは、一般的なハリに比べて縦長になっている特徴があり、虫エサを付ける時に効果的です。

 

キス釣りにおける仕掛けは、天秤とケン付き流線ハリがあれば問題なく釣りは出来ますよ。

 

キス釣りにおける餌は?

キス釣りでは一般的に虫エサを使用します。

オキアミなどのエビ餌でも喰ってくることはありますが、虫エサの方が圧倒的に喰いが違います。虫エサで代表されるのが、アオイソメやジャリメで、見た目はミミズをさらに気持ち悪くしたイメージです。

 

初見で触ってすんなりハリにつけられる人はいないと思う程に見た目はグロテスクです。私は釣りを始めた時には虫エサには抵抗がありましたが、今ではイソメは友達怖くないです。

 

アオイソメとジャリメの違いですが、見た目はアオイソメの方がグロテスクでアオイソメは牙があるので噛まれる事もあります。噛まれてもそこまで痛くもないですが、精神的にきます(笑)

 

ジャリメは石ゴカイと呼ばれていてミミズに近い見た目をしています。ジャリメは、体が柔らかく食い込みが良いので、口があまり大きくないキス釣りには向いています。

喰いが渋い時にはキス狙いに大きく威力を発揮してくれる餌がジャリメです。

 

比べてアオイソメは体がしっかりしていて、他の魚も狙う事が出来る万能虫エサです。キス釣り初心者であれば他の魚も同時に狙えるアオイソメだけで充分だと思います。

 

ちなみにハリに虫エサを付ける時には一本付けてしまうと長いのでカットする必要があるのですが、紫やら緑やら液体が出てくるので注意してくださいね。おそらく個体によって血液の色が異なるのではないかと思いますが、カットしない事には釣りが出来ないので、覚悟を決めて虫エサをカットしてください。

 

私も最初は苦戦しましたが、今では手でちぎるようにカット出来るまでに成長しました。

 

磯釣りで必要な道具について

バッカン

磯は防波堤や堤防の釣りとは異なり、釣りにくい環境です。磯は場所によって形状が異なるので、磯釣りのアイテムを用意しておくと良いです。

 

ピトンは、筒状になっている竿受けの事で、岩場の穴や割れ目に差し込んで固定する事が出来ます。低い磯や潮位の変化によって磯では波が押し寄せてきますが、竿や道具の流出を防ぐ事が出来る優れものです。

水汲みバケツをも固定できるピトンもあるので、磯釣りでは必要なアイテムです。

 

バッカンも磯釣りでは必要な道具で、水汲みバケツと考えると分かりやすいです。バッカンは磯で水を汲むのに重宝しますが、道具や撒き餌を収納する用途としても使われるので、幅広い利用が出来る必須道具です。

 

私はピトンもバッカンも磯釣りでは使用していますが、利用シーンが多いバッカンは必ず用意しておくと良いですよ。

 

磯でキスを狙う際の注意点

 

磯でキスを狙う際にはいくつか注意するべきことがあります。

一つは、磯は防波堤などと異なり足場が良くありません。場所によってはいくつも磯を超えて釣りポイントに行く必要があるので、足元の装備は万全にしておく必要があります。

 

藻が茂って滑りやすくなっていたり、フジツボなどの貝類で足を怪我してしまう事もあるので、ビーチサンダルなど軽装備はおすすめできません。滑りにくい靴をチョイスして磯釣りをしてくださいね。

 

磯でキスを狙う場合には、外道として釣れる事がある毒魚にも注意が必要です。磯の毒魚の代表としては、群れで行動するヒゲが特徴のゴンズイや真っ赤な小さい毒魚のハオコゼです。

基本的に自分が知らない魚は素手で触らない方が良いとです。刺されてからでは遅いですしせっかくの釣りが楽しくなくなるので、毒魚には注意してくださいね。

 

磯でキスを狙う際の注意点として、最も注意するべきことは根がかりです。

 

よく地球を釣ったと表現される根がかりですが、磯は他の釣り場に比べてよく根がかりをします。
当然岩場になっていて底も岩がゴロゴロしていますので、天秤やハリが引っかかってしまうのです。

根がかりは仕方のない事ですが、糸が切れて仕掛けが一発でお陀仏になる事も良くあることなので、多めに仕掛けは用意しておくと良いですね。

 

根がかりをした場合には、竿を糸と平行にして引っ張れば取れやすくなります。私も磯でキス釣りをしている時に良く根がかりに悩まされましたよ。

 

磯釣りでキスを狙う時の竿は?

 

磯釣りでキスを狙う時には、天秤仕掛けで投げる必要があるので、長めの竿を選ぶ必要があります。竿は長さの違いだけでなく、竿の種類によって柔らかさや重さが異なります。

 

磯でキス釣りをする場合には、最低でも270cm以上があると釣りやすいです。竿自体が長ければ飛距離アップに繋がりますし磯では遠投できた方が、有利に進められます。

 

竿が長くなればなるほどに取り込みが難しくなる事から初心者がいきなり500cm以上の竿を用意しても使いこなせないので、300cmの竿をチョイスすると良いです。

 

竿自体が柔らかい磯竿は、本来はフカセ釣りや浮き釣りで利用しますが、ちょい投げ程度であれば代用する事も出来ます。

私も磯竿でキス釣りをしていますが、竿が柔らかいので魚とのやり取りを感じながら楽しんでいますよ。

 

まとめ

 

食べて美味しくシャープな引きが楽しめるキスは、磯でも人気の高ターゲットです。

 

磯でキスを狙う場合には、キスが好む砂場やかけあがりを狙って投げ釣りをする必要があります。仕掛けは天秤仕掛けがオーソドックスで、餌は万能のエサであるアオイソメをチョイスすると良いですよ。

 

磯でキスを狙う際に注意する事としては、足の装備や毒魚が挙げられます。

 

危険が多くある磯では、ビーチサンダルなどの軽装備で磯には立ち入らないようにしてくださいね。竿の選択は長い方が投げ釣りの飛距離も出るので400cmから500cmよいですが、初心者であれば300cm程の竿が使いやすいですよ。

キスは見た目も美しく癖のない美味しさで天婦羅や刺身、焼きなど様々な楽しみ方が出来るので、磯にキスを釣りに訪れてみてくださいね。

 

私も春から秋にかけてキスを狙いに磯に釣りに行きますが、初心者でも数が釣れるので楽しいですよ!

是非この記事を参考にチャレンジしてみてくださいね!

スポンサーリンク



お読みいただきありがとうございましたー!!

記事はどうでしたかー?よかったら記事の感想などをLINE@で送ってくださいねー!お気軽にドウゾー♪

Youtube動画更新を頑張ってますよー!コメントやGOODボタンを積極的に募集してますw

是非チェックしてくださいね♪

この記事を書いている人 - WRITER -
Tanojob ライターチーム
キャンプ・釣り・登山・自転車・ダイビングなどあらゆるアクティビティのプロフェッショナルが集うTanojobライターチーム! 読者さんの悩みにバチッと答えられるような濃厚で良質な記事を日々配信中です!頑張るぞー!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Tanojob , 2018 All Rights Reserved.