「楽しいを仕事に!」をテーマにやり尽くすブログ

深海釣りに何が必要?リールやロッド、エサなど必要アイテムを解説!

 
釣り
この記事を書いている人 - WRITER -
Tanojob ライターチーム
キャンプ・釣り・登山・自転車・ダイビングなどあらゆるアクティビティのプロフェッショナルが集うTanojobライターチーム! 読者さんの悩みにバチッと答えられるような濃厚で良質な記事を日々配信中です!頑張るぞー!

こんにちは!楽しいを仕事にする為に日々奮闘する、りょーや(Twitter/@Tanojob)が編集長のTanojobです!

 

深海釣りに必要なもの、リールやロッドやエサなどについてご紹介します。

 

深海釣りといっても普段の道具で出来るでしょと思っている人も多いと思います。

 

でもそれって深海釣りについて理解不足であると言えますよ。深海釣りはとても奥深くしっかりと専用の道具が必要になるのです。

今回は深海釣りマスターのこの私が深海釣りに必要なもの、リールやロッド、エサなどについてご紹介します。それではどうぞ。

 

  

深海釣りの対象魚って?

 

深海魚は日本列島を取り巻く大陸棚よりもさらに深く、水深も200mを超える海域で狙える魚になります。

生息する魚としては深海魚と呼ばれていますが深海釣りの対象魚としては普段からよく親しまれているキンメダイや刺身で食べられている美味しいアコウダイ、超高級魚のアカマツ、ひれ酒が有名なオニカサゴなどがあります。

 

昔は深海魚は釣り人のロマンでありましたが、今は電動リールが主流になっているのである程度深場でも狙う事が出来るようになりました。

 

深海釣りの魅力とは?

 

深海釣りの魅力はいくつもありますが、一つに美味しいと言うことが挙げられます。価格も高額で通常購入すると手が出ないほどの価格で取引されています。その高級魚を好みの調理法で味わい尽くすことが出来るのが、大きな魅力と言えます。

 

深海釣りではサイズも全体的に大きく引きも強く感じられることも魅力です。

静岡では30センチ未満の金目鯛はリリースしなければいけない決まりがあり、深海釣りのターネットのサイズが総じて大きい事が分かります。

 

私も深海釣りの魅力は魚の大きさだと思いますし、実際に4キロのベニアコウダイを苦労して釣った時に小ぶりだと言われてロマンをさらに感じた事があります。

 

個人の技量が分かるのが深海釣りであり、どの様な棚取りをして喰わせ、如何に仕掛けを操作し追い喰いさせるかが大事になります。

 

釣りの奥深さと餌の切り方や付け方なとでも創意工夫を凝らす事が出来るのも深海釣りの大きな魅力と言えますね。

 

スポンサードサーチ

深海魚釣り用のリール

 

深海釣りに必要なものとしてリールは大事になりますが、リールは手巻きではなく電動リールを使用する事が基本です。

 

電動リールはボタン一つでリールを巻いてくれるので深海釣りの200m~400mの深さでもストレスフリーです。

 

手巻きで200m巻き取っただけで疲れてしまいますし、深海釣りで手巻きリールを使っている人はほとんどいません。私も手巻きリールで200mほど巻いた事がありますが、一回で腕がパンパンになってしまいました。

 

おすすめの電動リール シーボーグ800J

深海釣りに必要な電動リールですが種類も多く販売されています。

その中でおすすめの電動リールがシーボーグ800Jで、パワーとスピードが他のサイズのリールに比べると1.3倍の出力を発揮してくれます。

 

多点掛けしても余裕で巻き上げてくる頼もしいリールとして支持されていますし、深海釣りなら万能に利用できる魅力があります。

 

私もこのシーボーグ800Jがほ欲しいのでクリスマスプレゼントに頼みましたよ。

 

ロッドはオモリ負荷に注意

 

深海釣りで必要になるロッドはオモリ負荷を考えて選ぶ必要があります。

 

深海釣りではターゲットによって400号程のオモリを使用する事もあるので硬くオモリ負荷に耐えられるロッド選びが大事になります。ターゲットによって必要なオモリの号数は変わってくるのですが最低でも200号程まで耐えられるロッドを購入しましょう。

 

オモリ負荷に加えて、魚のアタリを判別出来る穂先と強度のあるロッド選びが大事になるので、調べてから購入することがお勧めと言えますね。

 

おすすめ深海釣りロッドZEALOT ディープグロリア 400-200

ZEALOT ディープグロリア 400-200はガイドとバットにはヘヴィークラスのパーツを採用し強度面でも安心のロッドで多くの人から支持されています。

 

深海魚ベニアコウを狙えるロッドとしてはかなりお得な価格な事も嬉しいポイントです。喰いこみが良いので、アタリが分かりやすいしなやかさも魅力的なロッドです。

 

私はこのZEALOT ディープグロリア 400-200を使って深海釣りをしていますが、万能に利用できるので頼れるロッドだと思います。

 

スポンサードサーチ

深海釣りに必要な糸の太さは?

 

深海釣りにロッドとリールはとても大事ですが、糸であるラインもかなりポイントになります。ラインには種類がありますが深海釣りで使うのは強度の高いPEラインが用いられます。

 

深さによっても必要な長さは異なりますが最低でも600mは巻いておく必要があります。号数は5号から8号のPEラインが基本です。

私もPEラインの6号を600m巻いて深海釣りをしていますが、強度もあるのでストレスなく深場での釣りが楽しめていますよ。

 

おすすめのPEラインアバニキャスティングPE SMP

アバニキャスティングPE SMPは、強度と耐久性が共に最高峰でどんな深場釣りにも対応する事ができるラインです。

25m毎のマーキングが飛距離は水深も確認出来ますし、3号から10号までのラインナップがあるので好みで選ぶ事ができます。

 

価格は強度や耐久性のパフォーマンスが高いので、高額ですが深海釣りにはおすすめのラインです。

 

私はアバニキャスティングPE SMPは使った事がないですが多くの人に人気がある事は有名で使ってみたいと思っています。

 

深海釣りの餌って何を使う?

 

深海釣りに使う餌って何を使うかわからない人も多いと思いますが、深海釣りには幅広い餌が使われています。

 

もちろんターゲットによって使う餌は異なりますが、秋刀魚や鯖の切り身やイカの短冊、カツオのハラモなどが挙げられます。ホタルイカを使う場合もあり餌のバリエーションは豊富にあります。

 

深海釣りでは当然200m以上の棚で深場での釣りになるので、餌はしっかりとつけられるものを選ぶ事が大事ですが、ターゲットに合わせて数種類餌を準備しておく事が釣果をあげるポイントと言えます。

 

私も深海釣りに行く場合には秋刀魚の切り身とイカの短冊、ホタルイカなど多く準備しておきますよ。

 

スポンサードサーチ

深海釣りであると便利な道具は?

 

深海釣りであると便利な道具の一つにロッドホルダーが挙げられます。ロッドホルダーは竿を置くことが出来て深海釣りでは便利といえます。

 

200m以上の深場を探る深海釣りではずっと竿を持って釣りを続けることはとても大変です。

 

ロッドホルダーがあれば竿をストレスなく水面と平行に置くことができるので、置いていても細かなアタリなどが分かります。

ロッドホルダーに竿を置いたままで電動リールの操作が出来るメリットがあります。私も深海釣りをする際には必ずロッドホルダーを用意して大物を狙っていますよ。

 

まとめ

如何だったでしょうか?

深海釣りに必要なものについて理解できたと思います。

 

キンメダイやオニカサゴ、アカムツなど超がつくほどの高級魚で、サイズも大型が多いのが深海釣りの魅力なのです。

 

深海釣りではロッドやリール、ラインなどが必要になりますが、深場を狙うものになるので当然深場釣り専用のものを選ぶことが大事です。

 

ロッドは強度に加えて繊細のあたりを感じられるもの、リールは手巻きだと疲れてしまうので電動リールを用意して置くと良いです。

 

ラインは強度の高いPEラインを使い、最低でも600mは巻いて置くと良いですね。私も深海釣りに行く場合にはロッドとリールはターゲットによって深海釣り用のものを使っています。

 

深海釣りの餌は、ターゲットによって異なりますが一般的にはイカの切り身やサバやサンマの切り身、ホタルイカなどが使われています。

 

私も深海釣りをするときに用意する餌はいくつか揃えて行きますが、数種類用意して置くと釣果アップに繋がりますよ。

 

深海釣りは男のロマンを感じることが出来る魅力があるので、必要な道具を理解してチャレンジしてみてはいかがでしょうか。



この記事を書いている人 - WRITER -
Tanojob ライターチーム
キャンプ・釣り・登山・自転車・ダイビングなどあらゆるアクティビティのプロフェッショナルが集うTanojobライターチーム! 読者さんの悩みにバチッと答えられるような濃厚で良質な記事を日々配信中です!頑張るぞー!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Tanojob , 2019 All Rights Reserved.