「楽しいを仕事に!」をテーマにやり尽くすブログ

TanojobのYoutubeチャンネル配信中!

初心者必見!スノーボード一式揃える予算はいくら?中古やレンタルも詳しく解説!

 
スノーボード一式







この記事を書いている人 - WRITER -
モテたくて始めた服作りから、ファッションの専門学校の道へ進みアパレル企業に就職。しかし、そこがスーパーブラック企業で精も根も尽き果て、新たな人生を模索する内に物販の副業に出会う。その後事業が起動に載り独立起業しレールを外れる。更にレールを外れる為に一生懸命「楽しい」を仕事にしようと奮闘中\(^o^)/
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!@Tanojobライターチームです!

 

最近スノーボードを始めようとしている、または始めた人で「スノーボード用品一式揃えたい!」と思っている人も多いと思います。

でもスノーボード用品って、

  • 「最初に何を揃えれば良いのか?」
  • 「一式揃えるのに予算はどれくらい必要か?」
  • 「レンタルじゃだめなのか?」

って分かりづらいですよね。

そこでこの記事では、初心者がスノーボード用品を一式揃えるのに必要な予算や中古、レンタルでも良いのか?について解説していきたいと思います。

是非最後までご覧くださいね!

 

スノーボードを一式買うのに必要な10アイテム

 

スノーボードを始めるとき最初に揃えるべきものを挙げたいと思います。スノーボード初心者が最初にそろえるべきものは以下の10点になります。

 

  • ウェア
  • ゴーグル
  • 帽子
  • 手袋
  • ロングソックス
  • 手袋
  • ブーツ
  • ビンディング
  • ヘルメット

 

結構多いですね…笑 それぞれ解説していきます!

 

ウェア

 

大体上下それぞれ5,000円から30,000円位の間が主流です。

値段が高くなればなるほど、

  • 保温・防水などの機能
  • ブランドやデザイン

が良くなってきます。

初心者の人であれば1万円前後のものを買っておけば機能的には問題ありませんね!

 

ゴーグル

 

ゴーグルは、紫外線から目を保護する役割や、晴天時の照り返し、悪天候時に高速で滑走しているときの視界の確保の役割があります。

 

安いのだと2000円くらいから高機能なもので2万円以上のものまであります。曇り止め機能、紫外線カットなどがきちんとしている5000~1万円くらいのものを選ぶといいでしょう。

 

帽子

 

帽子には転倒時に頭の保護や日焼け帽子、悪天候のときの防寒機能があります。
ファッション的にも楽しめるので好きなデザインのものを選びましょう。

 

ネックウォーマー

 

雪や風などが強いとき、首元が冷えてしまうと身体全体が冷えてしまいます。

さらに、女性の人は特に日焼けを気にされる方は日焼け防止のためにもネックウォーマーは必須のアイテムになってきます。

 

手袋

 

スノーボードはスキーに比べても良く転ぶスポーツです。よく手を雪面につくので、しっかり防水、防寒機能のある手袋は必須アイテムです。

1000円くらいから売っていますが、防水、防寒機能のしっかりしたものを買うようにしましょう。

 

ソックス

忘れられがちなのが靴下。

くるぶしまでの短い靴下や保温性の低いものを穿いて滑ると、靴擦れやしもやけの原因になります。なのできちんとスノーボード用のものを揃えるようにしましょう。

 

私もよくスノーボードソックスを忘れて、靴擦れになって後悔します 笑 なので滑りに行くときは必ずチェックしてくださいね。

 

ブーツ

 

スノーボード用品のなかでも最重要といっても良いのがブーツです。

 

板に直接力を伝える部分がブーツだからです。もし、ブーツが緩かったり、逆にきつかったりした場合、板を上手くコントロールできなかったり、足が痛くなってしまいます。

ブーツは必ずショップにいって、店員さんにフィッティングしてもらい足に合うかを確認してから買うようにしましょう。

 

ちゃんと足にあったブーツを履けば上達がより早くなりますよ。

 

 

スノーボードをするには必要不可欠なのが板です。色んな種類がありますが、まずはスタンダードな板を選ぶのが良いです。

分からなければショップに行くことをおすすめします。

 

ビンディング(バインディング)

 

板とブーツをつなげる役割があります。ビンディングも色んな種類がありますが最初はスタンダードなモデルで大丈夫です。

 

ブーツとビンディングは合う合わないがあるのでそれだけは注意しましょう。

 

ヘルメット

 

初心者のひとに必ず着けてもらいたいのがヘルメットです。スノーボードは基本転ぶことが前提のスポーツです。

なので最初転ぶことに慣れていない人は頭を守る上で必ず着けるようにしましょう、

 

スノーボード初心者が一式揃えるための予算は10万円くらい

 

以上の10点を揃えると大体10万円前後になると思います。
機能面とかデザインにこだわった場合もっと高くなってしましますが。

しかし、いきなり10万円分揃えろといわれても困りますよね。

 

初心者は最初はレンタルで十分

スノーボード

上記のものを最初からいきなり全部揃えなくても大丈夫です。最初は全部レンタル、そこから少しずつ揃えていく方法がおすすめですよ。

 

実際自分の最初はウェアだけそろえて、板やブーツはレンタルしていました。そこから、バイトを頑張ってお金を貯めて徐々に揃えていきました。レンタルはゲレンデなどで借りるパターンが多いので楽ちんってのもメリットでありますね!

 

スノーボード用品の中古を買う際に注意すること

レンタルは嫌だけれど買うほどのお金は無いという人は、中古を買うのがおすすめです。ウェアや、ボードに関しては中古でも問題ありません。

 

しかしブーツだけは注意が必要です。

中古のものはサイズのバリエーションが無い場合や、保有者のひとの癖がついたものは、足に合わずに上達の妨げになる可能性があります。なので、ブーツだけはショップにいってきちんと足に合ったものを新品のものを買うようにしましょう。

 

まとめ まずはスノーボードの楽しさを知ってから一式揃えよう

 

簡単にまとめますね。スノーボードを始めるのに最初に最低限揃えるべきアイテムは、

  • ウェア
  • ゴーグル
  • 帽子
  • 手袋
  • ロングソックス
  • 手袋
  • ブーツ
  • ビンディング
  • ヘルメット

の10個です。

 

全部揃えようとすると予算が大体10万円前後になります。予算的に厳しい場合は、

  • レンタルを利用しつつ少しずつ揃えていく
  • 中古品を買う

 

などすると良いでしょう。

しかし、ブーツだけはなるべく自分に合ったものを新品で買うのがおすすめです。そうすればより速く上達ができるし、ケガの予防にもなります。

 

と言うことでスノーボードを始める際に必要なものとそれを揃える予算について書いてきました。最初は負担が大きいので大変ですが、まずはレンタルや中古を活用しつつ揃えていくのが良いと思います。

 

ぜひ、スノーボードをを楽しんでくださいね!お読みいただきありがとうございました!



この記事を書いている人 - WRITER -
モテたくて始めた服作りから、ファッションの専門学校の道へ進みアパレル企業に就職。しかし、そこがスーパーブラック企業で精も根も尽き果て、新たな人生を模索する内に物販の副業に出会う。その後事業が起動に載り独立起業しレールを外れる。更にレールを外れる為に一生懸命「楽しい」を仕事にしようと奮闘中\(^o^)/
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Tanojob , 2018 All Rights Reserved.