「楽しいを仕事に!」をテーマにやり尽くすブログ

TanojobのYoutubeチャンネル配信中!

ソロキャンプのテントは前室が広いのがおすすめな理由とは!?前室が広いテントを一挙紹介!

 

スポンサードリンク


スポンサードリンク


この記事を書いている人 - WRITER -
モテたくて始めた服作りから、ファッションの専門学校の道へ進みアパレル企業に就職。しかし、そこがスーパーブラック企業で精も根も尽き果て、新たな人生を模索する内に物販の副業に出会う。その後事業が起動に載り独立起業しレールを外れる。更にレールを外れる為に一生懸命「楽しい」を仕事にしようと奮闘中\(^o^)/
詳しいプロフィールはこちら

ソロキャンプはいいぞ~心が洗われます 笑

RYOYA

 

こんにちは!Tanojobりょーやです!

 

ソロキャンプのテントってどういう基準で選んだら良いのかわかりませんよね。

 

  • ソロキャンプのテントはどんなものが使いやすいの?
  • 前室が広いってよく聞くけど実際どういう感じが良いの?
  • 大きいテントじゃなんでダメなんだろう?

 

などなど色々な疑問があるかと思います、そして色んなソロキャンプのテントを見てきた僕が抑えて欲しいポイントは

スポンサーリンク

 

ソロキャンプのテントは前室が広いもの!

KINAO

 

ですね!では実際に何故前室が広いテントがおすすめなのか見ていきましょう!

 

それではドゾー!!

そもそもテントの前室って何?何故広い方がいいの?

 

まずテントの前室は何かというと、テントの玄関部分だと思ってもらって構いません。

下記の写真のまるで囲んだ所が前室となります。

 

前室

 

そして、何故ここが広いほうが良いのかと言えば、ここで調理したり、くつろいだり、靴の脱ぎ着がストレスフリーにできるからです。

 

でも普通のテントでもできるじゃんか~~~!

AKI

 

と思われるかもしれませんが、普通のテントの場合は前室が無いテントもありますので、そういった場合はタープを用意する必要があります。

テントを用意してタープも用意するとなると荷物がかさばってしまい、ソロキャンプでは不便になってしまう訳ですね。

 

でもタープがないと雨や日差しを防げない…って時に活躍するのが前室という訳です。

 

ではそんな前室にポイントを置いて広いテントをおすすめさせていただきます、それでは見ていきましょう!

 

ソロキャンプにぴったりな前室が広いおすすめテント

 

それではソロキャンプにおすすめな前室が広いテントをお伝えさせて頂きます、条件としては下記の条件をあげました。

 

  • コンパクト&軽量
  • 前室が広い
  • 丈夫な品

 

では、それぞれの商品の特徴を見ていきましょう!

 

 バイクも入る大きな前室! ”DOD ライダーズバイクテント”

まずはこれですね!バイクも入る大きな前室が特徴のテントです。

しかもワンタッチでテントを組み立てることができて、ソロキャンプでも大変ではありません。

 

テント組み立て

引用 Amazon

 

いやいやバイクが入るってどんだけ大きいねん!って思われた方、いますよね…こんな感じです!

 

テントにバイク

引用 Amazon

 

これだけ大きければタープも必要なく十分ソロキャンプを楽しむことができますね、おすすめです!

 またまたドッペルギャンガー、でも便利なんです”DODライダーズワンポールテント”

さてさて、またまたドッペルギャンガーです「またかよ!DODの回し者かよ!」と思われるかもしれませんが、これまた便利なんです。

 

まずワンポールテント、僕もワンポールテントを持っていたことがありますが、設営が普通のテントに比べてかなり楽ちんです。

 

引用 Amazon

 

更には前室の広さももちろんありますので、ゆったりとキャンプを楽しむこともできちゃいます。

 

引用 Amazon

 

ワンポールテントは山などで雰囲気も出ますので、オシャレなソロキャンパーにも人気ですね!

 

 同じくドッペルギャンガーの前室広いテント ”3-4人用 OUTDOORテント”

先程紹介したものもドッペルギャンガーですが、こちらもドッペルギャンガーのテントです。

さっきのやつとの違いはもうこちらは前室のためにあるテントぐらいに、ゆったりとした前室スペースがドーム状になっている所です。

 

DODテント

引用 Amazon

 

ただ、ちょっとテント内が広いのと、重いのでバイクや登山などにはちょっと向かないかなと言う印象ですね、ソロじゃなくても家族でいる時も使えるアイテムです。

 

 

 設営カンタン!”コールマン エクスカーションティピ”

お次はコールマンのティピです、こちらは前室はそこまで広くはありませんが、室内を含めると1人なら十分なサイズ。

テントの真ん中にポールがあるので、そこから半分は荷物用半分は自分が寝るスペースにすれば前室が狭くても全然問題ありません。

 

引用 Amazon

 

1人のツーリングなどに持ち運びやすいサイズでおすすめです!

 

定番中の定番! ”コールマン ツーリングドームST”

やっぱりこれですね、コールマンのツーリングドームST。

こちらは前部分のフラップにポールが装着できますので、そちらで跳ね上げることが可能です。

 

フラップ跳ね上げ

引用 はじめてのブログさん

 

跳ね上げれば、ソロだったら十分調理などがすることが可能なのでタープも必要ありませんね。

テント内は1~2人寝られると書いてありますが大人2人が寝てしまったらかなりきつくはなりますのでその辺はご注意を。

 

もうちょっと前室のスペースが欲しい!という場合は少し大きめで同じデザインのLXをおすすめします。

 

まとめ 前室が広いテント買うならDOD!

 

さて、前室が広いテントを中心に紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

 

前室に特化してタープの要らないテントを目指しているんだなって思うのがDODでしたね!

特にバイカーの事を考えたテントなどは、本当に今のソロキャンプブームにピッタリのアイテムだとも思います。

 

実際にソロキャンプする場合は山などの本格的なものなら前室などは必要無いかと思いますが、ソロキャンプで気候が不安なキャンプをする場合は是非検討してみてくださいね!

 

それではお読み頂きありがとうございましたーーー!!!

 

 

 

スポンサーリンク

お読みいただきありがとうございましたー!!

記事はどうでしたかー?よかったら記事の感想などをLINE@で送ってくださいねー!お気軽にドウゾー♪

Youtube動画更新を頑張ってますよー!コメントやGOODボタンを積極的に募集してますw

是非チェックしてくださいね♪

この記事を書いている人 - WRITER -
モテたくて始めた服作りから、ファッションの専門学校の道へ進みアパレル企業に就職。しかし、そこがスーパーブラック企業で精も根も尽き果て、新たな人生を模索する内に物販の副業に出会う。その後事業が起動に載り独立起業しレールを外れる。更にレールを外れる為に一生懸命「楽しい」を仕事にしようと奮闘中\(^o^)/
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Tanojob , 2018 All Rights Reserved.