「楽しいを仕事に!」をテーマにやり尽くすブログ

TanojobのYoutubeチャンネル配信中!

30代でも遅くない!アラサー脱サラ起業家が成功する10個の秘訣を大暴露!

 







この記事を書いている人 - WRITER -
モテたくて始めた服作りから、ファッションの専門学校の道へ進みアパレル企業に就職。しかし、そこがスーパーブラック企業で精も根も尽き果て、新たな人生を模索する内に物販の副業に出会う。その後事業が起動に載り独立起業しレールを外れる。更にレールを外れる為に一生懸命「楽しい」を仕事にしようと奮闘中\(^o^)/
詳しいプロフィールはこちら

どうも、アラサーの星です。

RYOYA

 

こんにちは!Tanojobりょーやです!

 

今回は30代の独立起業についてお話をしていこうかと思います。

 

僕は29歳の時に副業を始めて、そこから一生懸命実績を出し独立起業。一度は義理の両親に結婚を断られたものの、ガッツリ利益を出して無事結婚を許してもらったという経歴があります。

 

若い頃に 独立起業するぜ! と始める起業と30代になって このままではヤバイ…独立起業しなきゃ ってなるのでは天と地ぐらい行動やマインドが変わってきます。

僕は30歳手間で独立し、周りの反対やお金、結婚の事などある程度経験し、更にはあらゆる経営者さんに会ってきた中で僕なりにその法則や秘訣をしっかりと理解しています。

 

独立起業には成功のルールがある

 

これを肝に銘じて行動すれば、ドカンと人生一発勝負して、負けて家族離散ってことはかなりの確率で避けられることができます。

 

是非その秘訣をこのエントリーで学んでいただけたら幸いです!

それではドゾー!

30代アラサー、人生待ったなし。

 

まず、30代という年齢が独立起業には遅いか?といったら全くそれはありません。

手垢の付いた言葉ですが、生まれてから今が一番若い時というように40代でも50代でも独立起業して事業を成功させる人は無数にいます。

 

ただ、やはり30代という年齢は周りが結婚してきたり、会社の中でも地位が上がってくる年頃。独立するにも肩にかかった責任という2文字に二の足を踏んでしまうことが必ずあるかと思います。

 

そういった時、すぐに諦めてしまうのではなく、一発勝負にならずに起業するには?ということを学び続けることが重要です。

20代の若者起業家はノリと勢いでガンガンきます、30代になればその難易度は上がりますが軌道に乗ればその安定感は若者の非ではありません。

 

30代人生曲がり角、待ったなし。

 

まずは今後の人生どうやって生きていきたいのか?これを深くしっかりと考えることが大切ですね!

会社にいる時は大変ですが自分と向き合う時間を持っていきましょう!

 

それでは次は具体的にどうすれば30代の独立起業が成功するのか?という10個の秘訣について話していきます。是非読み進めください!

 

秘訣1 何を成し遂げたいかを明確にする

 

まずはこれですね、何を成し遂げたいかを明確にしましょう。

 

これがないと軸が簡単にブレてしまってあちこちに手を出して結局成功できないってことが多々あります。

 

例えば、ただ金がほしい!金があれば飲みにいけるし、趣味にもお金をかけられる!という考えの場合はとにかく効率よく金を稼げばいいだけです。

そこに自分の感情などは必要ありません、世の中で効率よく稼げるとされていることだけをひたすらやり続ければOKです。

 

ただ、バーをOPENさせたい!とか新たなサービスを作りたい!という場合は別です、お金以外にも自分の好きや好みを考えていかなくはいけません。

そして、自分の好きで作るサービスなどは金のために妥協すると結果うまく行かなかったりすることが多かったりします。

 

なので、自分が何のために独立起業したいのか?

 

ここをまずは明確にしましょう、自分との対話が鍵となってきます。人間は理由なく動ける程賢くはありませんので自分の中の動機づけをしておけば行動力も何倍にもなっていきますね!

 

秘訣2 考えるよりも行動、ひたすら行動

 

独立起業において、考えるってことはあまり意味をなしません。

 

先程言った内容でも、自分が何のために独立起業したいのか?と考えるよりも、とりあえず1000円稼いでみて考える。ぐらいの行動力が大切になってきます。

 

成功している人程そのスピードが早くなってきます。

 

何かいいアイデアが思いついたらとりあえず発信してみる。とかまずは自分が試してみる、そして検証してみる。そのプロセスの延長線上に成功があります。

 

例えばラーメン屋をやりたい!って人は結構いますが、自分で豚骨を煮込んでスープを作り実際に作ってみてやっぱりやりたいって思った。って人は少ないと思います。

 

そこに行動力の差があるので、そこで、「この豚骨煮込みは一ヶ月続けられない…」と思えばそこですぐ軌道修正にも入れます。実際好みの別れる臭いがしますからね 笑

すぐ軌道修正できることも起業家としては優れた才能になりますので、まずは行動してみるってことを意識していきましょう。

 

秘訣3 小さく始めてみる

 

まずはどんなビジネスも小さく始めることが大切です。

 

30代アラサーの起業となると、世帯を持っている人もいるし結婚を控えている人もいるかもしれません。

すると一発勝負でガツンとやっていくのはかなり危険です、なのでまずは自分がやってみたいと思ったことを少しづつ小さく始めていくことが大切です。

 

例えば僕は日本のヤフオクなどの商品を海外に売るというスモールビジネスで起業をしました。その始まりは

 

リサイクルショップへ行き海外で人気のありそうなフィギュアを買って出品する

 

という誰でもできるような、方法でした。

でもそこで学んだことは絶大で「自分の力でお金を稼ぐことは可能なんだ」「商売の基本」「転売というビジネスの本質」「情報の差」「実際稼いでみる感動」などなど、一品の商品を売って学ぶ感動が計り知れませんでした。

 

プログラミング教室をやってみたいと思えば、まずは無料で数人集めて実際に教えて、いくらの価値があるのか、そのビジネスが必要とされているのかを見極めればいい。

 

どんなに素晴らしいアイデアだ!と自分で思っても世の中に出さなかったら何も得られません。まずは小さくやってみることでリスクも少なく起業していきましょう。

秘訣4 現状の環境での忠告は聞かない、環境を変える

 

そして、環境ですね。これを変えていくことでマインド、行動力共にガッツリと成長することが可能になってきます。

 

まず、30代で身の回りの人に

 

「俺…起業しようと思っている、ガチで。皆どう思うかな…?」

 

って言えば大抵が怪訝な顔をされて終わりです。次に出てくる言葉は「本当に大丈夫?」とか「家族はどうするの?」とかネガティブなワードが大半です。

まぁ、それも仕方ないです。何故なら誰も起業を ”経験した事がない” からですね。

 

それが、場を変えてオンラインサロンの起業ばかりしている人の飲み会に参加したり、起業している事業者があつまる飲み会などに参加すると。

 

「おお、それで何やるの?」

 

ってな感じでさも普通のような事のように聞いてきます。もちろん皆自分の力で稼いでいるので普通と言えば普通なのですが、それがまた新鮮な環境だったりします。

 

僕はブログではこんなコミュニティに入ったりしています、こういうのに参加するもの手ですね。

月に5千円ぐらいだったら一回飲み会を我慢すればいいだけです、それぐらいは勉強に当てましょう。

 

秘訣5 ネットに強くなり、インプットとアウトプットを増やす

 

今の時代インターネットを使わずに商売するのはほぼ不可能です。

 

飲食店だって集客のためにSNSを使わないといけなかったり、ホームページを作るのも自分でサイトを立ち上げて作ってしまえばかかる費用は僅かですが業者に出したら何万円もかかってきます。

 

なので、まずは苦手意識を持たずにネットに強くなってください。

 

そして、SNSなどで副業支援や起業支援をしている方の無料相談などをガンガン使って学んでいってください。

更にはそれを自分もSNSやブログなどで発信していく、そうすれば自分の頭にも入ってきますし仲間も増えていきます。

 

若い子程SNSを上手に使いこなして先輩経営者さんと仲良くなっていたりします、30代でも負けずにSNSなどを使いこなして自分のスキルにしてしまいましょう!

 

秘訣6 多少のリスクは覚悟する

リスクゼロで起業したい!と思われるかもしれません、そして今やインターネットを使えばリスクゼロで起業することも簡単です。

 

例えばブログアフィリエイトなどで年間数千円のサーバー管理費とドメイン費用だけでマネタイズすることはできます。

ただ、それをブログアフィリエイトの知識がある人がやればいいのですが、何も持ってない人がゼロから始めようと思ってもマネタイズに時間がかかりとてもじゃないですがマネタイズまで時間がかかりすぎます。

 

それよりかはお金を払って、ブログのオンラインサロンに入ったり、誰かにコンサルティングを受けてたりしたほうが圧倒的に早く成長することができますね。

多少のリスクと言っても多少です。店舗を出して一か八か600万借り入れてドーンと一世一代の大勝負をするのとは訳が違います。

 

月数千円のオンラインサロンでの生きた情報を元に戦えるか、それぐらいのリスクは持つことができるのか?

あまり考えられませんが、作業して芽が出なくてそこにかけた時間だってあなたの生きている時間を削っていることになります。

 

どの方法なら一番早くマネタイズできるのか?成功できるのか?

その為にはどんなリスクがあって、それをやったほうがいいのか?やらないほうがいいのか?

 

フラットな視点で考えていくことが重要ですね!

 

秘訣7 できれば家族、恋人の理解は得ておく

 

次はこれ、できれば家族や恋人の理解は得ておく方がいいですね。

 

当たり前の事ですが、スタートアップを始めて帰りが遅くなったり、休日も作業しないといけないとなると家族の不満なども溜まっていくと思います。

そういった時に家族の支えがあるかどうか?これは重要な要素ですね。

 

しかし!

 

気をつけて欲しいのは、家族や恋人は良き理解者になる前にはドリームキラーになる確率も高いです。

例えばあなたが会社を辞めて起業したい!と家族に伝えたら、安定からは遠ざかるので必ず止めてくると思います。

 

「そんなの大丈夫?」「収入は不安定にならない?」

 

もちろんあなたのことを心配して言ってくれているので好意であることは間違いないのですが、それは同時に自分の行末をストップさせる存在でもあります。

 

それを口説き落とす為には、小さく始めて実績を出しておいたり、自分なりのプランをしっかりと説明できたりすると理想的です。何も行動していないのに言葉だけ起業したいと言われたら不安になるのは決まっています。

しっかりと行動している背中を見せてあげることが重要ですね!

 

ただ、それでもやっぱりダメと頑なに言うのだったら、何をしても理解してくれないのだったら…。

勝手に始めてしまうのも僕はアリだと思います。家族や恋人とは言え自分の人生を遮る権利は誰にもありません。

 

しっかりと自分が行動し、勝てる算段があり、その為に貯金などの準備をして、ちょっと心配をかけるかもですが家族が将来良くなるために起業するという信念があれば思い切って黙ってやってしまうのもアリですね!

 

ちなみに僕は自分の親には事後報告でした、泣かれました 笑

 

秘訣8 継続する

 

これはビジネスにおいてかなり重要な要素。

 

どんなビジネスもやり続けなくては利益を出せるわけがありません。特にスタートアップの段階では何時間、何十時間と作業をして時給何十円…だったらまだいい方で、0円ってのもザラにあります。

 

しかも、サラリーマンの副業から開始すれば専業のプレイヤーに比べて時間を割くことができないってことも多いです。それでもやり続けられる人がやっぱり生き残っていきますね。

 

もし人生が1000年あれば誰でも成功することが可能です。それは一回会社を潰しても挑戦し続ければ何十年かの後必ず復活できるからです。

寿命は1000年とは言いませんが、行動できる時間には限りがあります。

 

そういった貴重な時間を同僚とのソシャゲに使うか?タバコを吸う時間に使うか?それともスキマ時間でも未来につながる行動をコツコツと積み重ねていけるのか?

 

成功するしないの鍵は継続にあるというのはほぼ間違いありませんね!

 

秘訣9 息を吐くことですらお金にすることを考える

サラリーマンや脱サラを考えている方は総じて時間がありません。本業の傍ら新しいスタートアップの事をやろうとしてもなかなかうまくいかないのも頷けます。

 

では、その僅かな時間に最大限のレバレッジをかけるにはどうしたらいいでしょうか?

 

それは…息を吐くことですらお金にするという意識です。

例えばラーメン屋を開業を目指しているあなた、会社に通勤する時間にYoutubeでラーメン屋開業までの道のり!的な動画を撮ってみたらどうでしょうか?

 

誰かが苦悩しながら何かを成し遂げるというのは十分コンテンツになりえます。なので自分がサラリーマンであり、ラーメン屋を開業したいと思っている、そしてこんな行動をしている。とYoutubeで語りつくすんです。

 

そして開業日までにファンを作り皆を巻き込んで美味しいラーメンのメニューを作ってみる。そうしたら店がOPENする前からお客さんが存在している状態で店は繁盛するでしょう。

自分のあらゆる時間も無駄にしない。そういった考えのもとやっていくと本当に自分の行動全てがお金に直結するような、ビジネスに成功する体質になっていくでしょう。

 

一秒でも無駄にしない、吐く息すらお金にする。を意識していきましょう!

 

秘訣10 もうすぐ死ぬことを理解する

 

さぁ、最後。これ一番重要。

 

あなたはもうすぐ死にます。

 

既にアラサーになったのなら50歳までは後10年か20年。

永遠に人生が続くと思っていたのが10年20年と経つうちにもう引き返せない、人生の軌道修正が効かないところまで来てしまう、そんな焦りを感じる必要があります。

 

いつか、自分の会社をやりたい。

今までの環境から抜け出して独立してみたい!

 

その”いつか”は日々の忙殺される仕事の中に消えていってしまうことはありませんか?

そのままダラダラと変わらない人生を歩みますか?

 

もちろんそれも幸せかもしれません、でも、やって後悔するならいいですがやらずに後悔するのは勿体なさ過ぎませんか?人生は誰のものでもない自分のものです。

 

いつか死んでしまうのならば、いやあと何十年したら死んでしまうのならば後悔しないように日々の生活の中ですこしでもいいので起業に向い小さく始めれることからやるべきです。

普段はあまり意識しない、この死ぬということ。これを念頭に置いて、それでも今の生活を続けるか?それを必死で必死で考え抜いてみてください。

 

その答えが、きっと自分の本心での回答だと思います。自分に正直に生きましょう。

 

起業は危険は一昔前

 

今や1人一台PCスマホがあってインターネットで何でも生み出せる時代。

起業のリスクはそこまで大きくなってはいません、本当に低いリスクで起業することが可能です。

 

なのでアラサーだとかアラフォーだとか関係なく、時代にそって勉強して行動し続ければ誰でもマネタイズするチャンスはいくらでもあるでしょう。

当たり前を一度疑ってみて他人や身内ではなく自分の価値観で本当は自分が何をしたいのか?としっかり向き合って生きていくことが大切ですね!

 

会社をやるって超楽しいよ!

RYOYA

 

是非僕あてにも相談してくださいな!

それではお読み頂きありがとうございましたー!

 

 

 

 



この記事を書いている人 - WRITER -
モテたくて始めた服作りから、ファッションの専門学校の道へ進みアパレル企業に就職。しかし、そこがスーパーブラック企業で精も根も尽き果て、新たな人生を模索する内に物販の副業に出会う。その後事業が起動に載り独立起業しレールを外れる。更にレールを外れる為に一生懸命「楽しい」を仕事にしようと奮闘中\(^o^)/
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Tanojob , 2018 All Rights Reserved.