「楽しいを仕事に!」をテーマにやり尽くすブログ

TanojobのYoutubeチャンネル配信中!

マグロを釣ろう!おすすめツナロッド6選!人気メーカーも紹介

 







この記事を書いている人 - WRITER -
Tanojob ライターチーム
キャンプ・釣り・登山・自転車・ダイビングなどあらゆるアクティビティのプロフェッショナルが集うTanojobライターチーム! 読者さんの悩みにバチッと答えられるような濃厚で良質な記事を日々配信中です!頑張るぞー!

こんにちは!楽しいを仕事にする為に日々奮闘する、りょーや(Twitter/@Tanojob)が編集長のTanojobです!

 

釣りをやっている方なら【マグロ釣り】は一度はやってみたいと思ったことはありますよね~?

 

でも【マグロ釣り】って大変そうだし、お金もかかりそうな感じがするから、なかなか挑戦しようってならないですよね。

 

テレビだと芸能人が挑戦している番組も昔はよくやっていましたが、最近はあまり見かけなくなりましたし。でも【マグロ釣り】って、種類によっては金額的にもそこまで高くなく挑戦することが出来るんです。

 

最近は釣り船予約のサイトでも、ターゲットでマグロを狙うプランがある船もかなり増えてきました。

 

でもマグロを狙う上で絶対的に必要なものが【ツナロッド】です。

 

釣り船とかで釣りをする際は貸し竿などもあるのですが、マグロを狙うプランは、大抵の場合貸し竿はやっていません。多分釣れたものの大きさによっては壊れてしまったりする可能性もあるからかもしれませんね。

 

なのでマグロに挑戦するなら【ツナロッド】は必要不可欠なアイテムになります。

 

それに自分が狙うターゲットに合わせてロッドを選んで釣りに行った方が、自分の感覚でやりやすく釣果もあがるだろうし、貸し竿よりも楽しめると思うので、どんな釣りでも自分のロッドは持っていくことをおすすめします。

 

ではマグロを釣るためのおすすめ【ツナロッド】に関して解説していきたいと思います。

 

マグロの種類

 

ただマグロを釣ろうって思っても、マグロにはたくさん種類があって釣り方も違ってきます。

 

どんなマグロを釣りたいかによっても選ぶツナロッドは変わってきますので、ある程度は頭に入れておきましょう。

 

クロマグロ

 

クロマグロは市場やお店では本マグロの名前で売られていて、マグロの中でも最大級で最高級のマグロになります。過去にニュースで紹介されているものだと、青森県の大間で400キロを超える個体もあげられています。

 

狙い方としては、キャスティングゲームで狙うオフショアでの釣りがメインになります。

 

キハダマグロ

 

キハダマグロは最大で200キロにまで成長する大型のマグロです。最盛期としては7~10月くらいになります。

 

狙い方としては、船釣りでコマセを使って狙う釣りがメインになります。他にもメタルジグを使用したり、トップウォーターでも狙うことが出来ます。

 

メバチマグロ

 

メバチマグロはマグロの中では中型くらいの大きさで、産まれて一年目は45センチくらいで、二年目で80センチくらいまで成長し、10年を超えてくると2メートルくらいの大きさまで成長します。

 

マグロの中で最も捕獲量が多いマグロで、主に関東圏での流通が多く、市場の8割くらいがこのメバチマグロになります。

 

狙い方としては、船釣りでジギングによる釣り方がメインになります。

 

おすすめツナロッド6選

 

マグロを狙う釣りで、オフショアでのキャスティングゲームにでは、大体7~9フィート程度のロッドを選びましょう。

 

長いロッドのほうが飛距離は出しやすいですが、その分操作性が悪く、アタリが出た後のファイトでしんどくなってしまうこともあります。選ぶポイントとしては自分の身長や体形と、ロッドの長さのバランスを考えることも大切です。

 

マグロを狙うためのツナロッドに求めるものは、以下のことがメインになってきます。

 

  • 飛距離が出しやすい
  • ルアーの操作性がしやすい
  • 引きに対しての耐久性
  • ロッドの反発力を使っての引きやすさ

 

これらを備えているツナロッドを手に入れれば、マグロ釣りが楽しめること間違いなしです。

 

しかしツナロッドの中でも、本当に大物を狙う場合のツナロッドは、10万円を軽く超えるようなものもありかなりの高額です。なので今回は中型くらいまでのマグロを狙うのにおすすめのツナロッドを紹介していきたいと思います。

 

OCEAN’S LEVEL Class オーシャンズ レベル クラスシリーズ PS-O83L4S ツナロッド マグロ ロッド ソウルズ

ソウルズ ツナロッド パフォーマンススタジオ 16 オーシャンズレベルシリーズ
¥61,800 (2019/03/26 09:59:16時点 Amazon調べ-詳細)

 

マグロのキャスティングゲームを確立させた人気ブランド! ソウルズのツナロッドです。

 

マグロを狙う際にはテクニカルにルアーを操作出来るロッドが本当に必要になってきます。そのため、沈みの早いナブラに一瞬でもルアーを入れる冷静な判断力とキャストコントロ ールが最低不可欠になります。

そんな希望を叶える、オーバーキャストやアンダーキャスト、サイドキャストでもルアーを正確に打ち込めるテクニカルロッドです。

 

ヤマガブランクス(YAMAGA Blanks) ロッド ブルースナイパー ボートキャスティング 80/5

ヤマガブランクス(YAMAGA Blanks)
¥33,160 (2019/03/26 09:59:17時点 Amazon調べ-詳細)

 

2015年度よりリニューアルされたブルースナイパー・ボートキャスティングモデルです。キャスト性能の高さとファイティングポテンシャルで多くのアングラーから支持を得ています。

 

ルアーの操作性を高めるのと同時に、遠投での性能までも研ぎ澄ましたブランクは、現在のヤマガブランクスの特徴の一つです。バットパワーは「硬い=強い」の図式ではなく、スムーズなパワー移行によりアングラーのパワーロスを少なくする「曲がる=浮かせる」の図式にこだわった設計です。

 

とことん練り込んだオフショア・キャスティングロッドシリーズです。

 

アマノ釣具 マグロロッド Standing GLORIA 175

 

マグロの釣りでは最高に注目を浴びる1本です。スーパーホワイト 高密度 白グラスソリッドを採用。

 

特殊オリジナルテーパーが80号錘にも柔軟に反応していて、抜群の食い込みを見せます。パワーに関しても元径15mmブランクのバットパワーで相模湾 マグロも浮かせることが出来ます。

コマセのマグロ釣りでは間違いないツナロッドです。

 

ダイワ ロッド ゴウイン ブル STD HHH-175

 

釣具店でもゴウインシリーズは売れ筋の商品で、GOUIN=強引」の名を冠し、「BULL=猛牛」の如きパワーを持つ巨魚をねじ伏せるために生まれたスタンディングファイト専用ショートロッドです。

 

強烈な走りをみせるキハダやカツオ、暴力的なファイトを繰り広げるヒラマサやカンパチ・ブリ、重戦車のようなパワーを誇るクエやイシナギ、さらには深海の高級魚キンメにアカムツ、果ては南洋のファイター・GTまで、海に数え切れないほど存在する「夢のターゲット」との真っ向勝負に勝利するために必要な要素を凝縮しているモデルです。

 

ダイワ ロッド マッドバイパー ブル HHH-205

 

ダイワの中でも最高級に位置するマッドバイパーシリーズです。

チューブラーパワーマキシマム設計を採用した軽量細身1ピースパワーロッドで、Xトルク・3DX・チューブラーパワーマキシマム設計などのダイワが誇る素材技術を惜しげもなく駆使したロッドになります。

 

チューブラーマキシマムに+3DXが加わっていて、釣竿を操作した時の追従性能が向上しているので、コマセ操作や誘い動作時にハネル事なく竿が戻るのも特徴です。

 

SHIMANO(シマノ) オシアプラッガー フルスロットル S83H

 

妥協しないアングラーに使ってほしい一本で、飛距離とパワーにこだわった本気のキャスティングロッド。誰よりも飛ばし、正確にプラグを操り、パワーファイトで確実に獲ることが出来ます。

 

軽さを維持しながら高強度& 高耐久のタフネスを両立。ネジレやブレも徹底的に抑え、波や風などが強い状況においても正確にプラグを操り、曲げ込むほどに溢れるパワーでターゲットをしっかり制御します。

 

そして糸抜けが良く、トラブルのないガイド設定は、あらゆる距離においてで快適なキャストフィールを演出してくれます。

 

ツナロッドの人気メーカー

 

おすすめのツナロッドを紹介してきましたが、それ以外にもマグロに特化したおすすめの人気メーカーがいくつかあります。

 

ただ今回は値段が高額のツナロッドは避けて紹介してきましたので、もしマグロを本気で極めるなら以下のメーカーのツナロッドも試してみてはいかがでしょうか?

 

アリゲーター技研(ALLIGATOR)

大物竿のパイオニア的存在で、ハンドクラフト大物竿の代名詞的存在としても知られています。

 

量産型であるカイユウシリーズ以外の全てのアイテムが自分の好きなデザインに注文することが出来るので、世界に一本の自分だけロッドを手に入れることが出来ます。そしてとても丈夫なロッドのため、一度作れば一生使い続ける事ができます。

 

【いつかは使ってみたい憧れの竿】としても名前の挙がるメーカーで、これから本格的に大物釣りをやっていきたい人にとっては、他社と比べて圧倒的な実績と信頼がある、かなりおすすめしたいメーカーです。


金額に関係なく、上質な大物竿を求める方は是非一度手に取ってみて下さい。

 

Performance Studio XVI

Performance Studio XVIは、SOULSオーナーテスターとしても知られ、マグロのキャスティングゲームの先駆者でもある佐藤偉知郎のプライベートブランドで、櫻鱒と黒鮪を狙い続けるための、偉知郎のスペシャルモデルを開発から製造、販売までを行うために設立したメーカーです。

 

Performance Studio XVIの製品の特徴は、今まである製品を進化させたようなものではなく、コストパフォーマンスも完全に度外視して、一切の妥協をせず、純粋に【機能】と【性能】を最大限に追求したものになります。

 

このメーカーの【パフォーマンススタジオ16オーシャンズ レベルシリーズ】は、ただクロマグロを釣りたいという思いから最新の技術で磨きあげたクロマグロキャスティングライトロッドなので、本気でマグロを狙いたい方には知っておいて頂きたいメーカーの一つです。

 

まとめ

 

今回は【マグロを釣ろう】をテーマに、おすすめのツナロッドや、マグロを専門としたツナロッドの人気メーカーを紹介してきましたが、お目当てのツナロッドは見つかりましたでしょうか?

 

やはり釣り人なら誰もが思う【マグロ釣り】という夢を叶えるためには、自分の目的に合ったツナロッドが必要不可欠です。

 

今回解説してきたことを参考に、是非【マグロ釣り】という大きな夢にチャレンジしてみて下さい。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。



この記事を書いている人 - WRITER -
Tanojob ライターチーム
キャンプ・釣り・登山・自転車・ダイビングなどあらゆるアクティビティのプロフェッショナルが集うTanojobライターチーム! 読者さんの悩みにバチッと答えられるような濃厚で良質な記事を日々配信中です!頑張るぞー!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Tanojob , 2019 All Rights Reserved.