「楽しいを仕事に!」をテーマにやり尽くすブログ

TanojobのYoutubeチャンネル配信中!

キャンプ料理道具は100均で揃えよう!おすすめグッツ5選!

 
おすすめグッツ

スポンサードリンク


スポンサードリンク


この記事を書いている人 - WRITER -
Tanojob ライターチーム
キャンプ・釣り・登山・自転車・ダイビングなどあらゆるアクティビティのプロフェッショナルが集うTanojobライターチーム! 読者さんの悩みにバチッと答えられるような濃厚で良質な記事を日々配信中です!頑張るぞー!

こんにちは!@Tanojobライターチームです!

 

夏のうだるような暑さが和らいできたと同時に、秋の始まりを感じるような今日この頃。平成最後のこの秋!是非ともオススメしたいイベントがあります!そう、それはキャンプです!

キャンプはもちろん街中ではできないため、ロケーションとしては山や川沿いになってきます。山や川沿いであれば、暑さを回避することも可能ですし、都会の喧騒から離れた非日常を体験できます。山の木々に囲まれ、川のせせらぎに耳を傾けながら過ごす時間は格別だといえるでしょう!

スポンサーリンク

そして、そんなロケーションでのひと時をランクアップするために必要なのが、「キャンプ料理」です。

 

屋外で料理をするという状況も、キャンプならではですし、キャンプ場だからこそチャレンジしてみようと思える料理もたくさんあるはずです!

そんなキャンプ料理が楽しくなってしまう100均料理道具をこの記事では紹介しちゃおうかと思います!

是非最後までご覧くださいね!

キャンプに必須!包丁

まずはこれが無ければ、料理は始まりませんよね!

100均とはいえ、切れ味自体は悪くないですし、キャンプ場であればご家庭で使う包丁よりもどうしても荒い使い方になってしまうことでしょう。しかし、100均であれば、いくら荒い使い方をしようともすぐに買い換えることも可能というのが一番のメリットかと思われます。

 

薄くてかさばらないのが人気!まな板

 

こちらも料理には欠かせない道具の一つです。

プラスチック製のものと木製の二種類がラインナップされており、プラスチック製は折りたたみや収納において利便性を発揮します。木製はかさばりはするものの、視覚的にお洒落感が演出できます。好みに合わせて購入されるのがベストですね!

 

キャンプで特別なサラダを作ろう!ボウル

ボウルというとサラダなどに使うイメージですよね。

100均のボウルは、サイズも幅広く準備されており、それこそサラダに使う用として、大きいものがあっても良いでしょうし、ドレッシングを和えるものとして小ぶりなものを使うなど、用途ごとに必要な分だけ購入すると、料理が捗ることでしょう。

また、小さいものだとそのまま取り皿として使用する事も可能というのもオススメのポイントです!

 

インスタ映えするバーベキュー!鉄串

キャンプ料理といえば、まずはじめに思いつくのはBBQですよね。

この鉄串があれば、網の上でただ肉を焼くだけのBBQからおさらばできます!鉄串に肉とパプリカなどを刺して焼けば、写真映えも抜群な串焼きの完成です!

鶏肉を購入してる場合は、自分好みの焼鳥も作れ、夜は焚き火を囲んでマシュマロや野菜を焼きながら、お酒を囲む至福の時間を過ごせる事間違いなしです!

 

何にでも使える万能選手!トング

トングはいくつあってもOK!

トングはキャンプ場では欠かせない道具の一つです。火起こしの際には、炭や薪をくべる時、事故防止のためにトングなどを用いて調整ができますし、通常の料理の際には、サラダを取り分ける用途などで本来の使用が可能です。

一つは汚してもよいもの、もう一つは清潔に使用するものと区別し、バックアップとして数本購入するのも良いでしょう!

 

あると便利な番外編

「ウェットティッシュ」、「肉用ハサミ」なども準備しておくと更に捗った調理が可能です。

 

ウェットティッシュのメリット

キャンプ場ではどうしても水の供給法が不便になりがちです。例えば、ペットボトルや専用のサーバーなどに水をあらかじめ汲んでおき、食材や食器を洗う際に、水を使用するかと思います。

しかし、水の消費が激しくなることで、何度も給水場を往復することになってしまいます。しかし、ウェットティッシュさえあれば、細かな水の使用を低減することにつながるため、非常に有益なグッツの一つだと言えるでしょう。

 

肉用ハサミ

これも痒い所に手が届くチョイスになります。包丁があればいいだろう!と思う方もいるでしょう。しかし、いちいちまな板に乗せて切ることよりも、一思いにハサミで切ってしまう方が楽だと思いませんか?私なら確実にハサミを選びます。

焼いている途中や、食べる直前などに肉のサイズを変更したいのであれば、用意していて損はないでしょう。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

私はキャンプの醍醐味といえば、『不自由をいかに楽しむか』これに尽きると思っています。

しかし、楽しむためには快適に過ごすためのグッズがあったほうがいいことも事実です。

 

そんな中、今回ご紹介した100均で揃えることが可能な料理道具は、機能性にも優れて価格も安いという抜群のコストパフォーマンスを誇るグッズばかりです。キャンプ用品店などで正規の同様のグッズを購入した場合、100均と同じような機能しかないにもかかわらず、ブランドロゴなどで値段が跳ね上がるのは馬鹿らしいですね!

 

もちろんこだわりがある方も大勢いるはずでしょうし、否定はせずにただただ羨望の眼差しを向けてしまうだけですが、キャンプを「これから始める!」「興味はあるんだけどな、、」というような方々に関しては、100均の道具から始めてみるのも一つの手です。

そこからステップアップとして、ブランド品を集めていくのが財布にも気持ち的にも良いでしょう!この記事で少しでも興味をもって、キャンプ人口が増えれば幸いです。

 

マナーを守り、お手頃のグッツで楽しいキャンプライフを存分に楽しみましょう!

スポンサーリンク



この記事を書いている人 - WRITER -
Tanojob ライターチーム
キャンプ・釣り・登山・自転車・ダイビングなどあらゆるアクティビティのプロフェッショナルが集うTanojobライターチーム! 読者さんの悩みにバチッと答えられるような濃厚で良質な記事を日々配信中です!頑張るぞー!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Tanojob , 2018 All Rights Reserved.