「楽しいを仕事に!」をテーマにやり尽くすブログ

TanojobのYoutubeチャンネル配信中!

事故注意!ロードバイクの適正空気圧は?bar・psiの見方も解説

 

スポンサードリンク


スポンサードリンク


この記事を書いている人 - WRITER -
Tanojob ライターチーム
キャンプ・釣り・登山・自転車・ダイビングなどあらゆるアクティビティのプロフェッショナルが集うTanojobライターチーム! 読者さんの悩みにバチッと答えられるような濃厚で良質な記事を日々配信中です!頑張るぞー!

こんにちは!@Tanojobライターチームです!

 

普通の自転車からスポーツバイクに乗り換えると、今までとは違った疾走感やスピード感が気持ちいいですよね!

ただ、スポーツバイクに乗り換えたての人が必ずと言っていいほど苦戦するポイントがあるんです。

スポンサーリンク

それが

空気入れ!

 

以前の記事でも解説したように、

バルブの種類が違うということももちろん理由の1つ。

 

しかし、それ以上に大切なことが「空気圧」

普通の自転車に乗っていた時には気にしたこともなければ、聞いたこともほとんどないのではないでしょうか?実は適正な空気圧を保つことで、乗り心地が良くなったりパンクしにくくなったりするんですよ。

今回は、スポーツバイク乗りの登竜門である空気圧について、適正空気圧を知る方法、空気圧を調節する方法を解説していきます。

是非参考にしてみてくださいね!

空気圧とは?

 

まずは、空気圧ってなんぞや?という方のために空気圧について解説します。

空気圧とは、タイヤの中に入っている空気の圧のことです。

そのままですね。笑

ただ、その圧がしっかりかかっているかどうかが事故を防いだり故障を防いだりするので、ロードバイクに乗る際は気をつけたい部分なんですよね!

では次は空気圧の確認方法をみていきましょう!

 

空気圧の確認方法

ではどうやって空気圧を確認すればよいのかというと下記の方法があります。

  • 指でタイヤを押す
  • 乗り心地
  • 空気圧計付きの空気入れで確認
  • エアゲージで確認

この4つが主な確認方法です。

極端な話ですが、自転車のタイヤを指で押したときに、フニャフニャだったり柔らかかったりすると空気圧が低い。逆に自転車のタイヤを指で押してもカッチカチだと空気圧が高い。ということになります。

しっかり調べたい場合はエアゲージを推奨しますがその確認方法は後ほど記載しておきますね!

空気圧で何が変わるの?

では空気圧が高かったり、低かったりすると自転車にどのように影響するのか。

主に2つあって

  • 乗り心地
  • タイヤの故障

が挙げられます。

 

空気圧が低いタイヤだと、タイヤが柔らかいので地面からの振動を吸収しやすくなり、体への負担が減り乗り心地が良くなります。しかし、空気が少なくタイヤが柔らかいので、スピードは出にくくなります。

逆に空気圧が高いタイヤだと、タイヤが固いので地面からの振動が体にも伝わりやすくなり負担が増え、乗り心地は悪くなります。その代わりスピードが出て疾走感があります。

 

また空気圧はタイヤの故障にも影響を及ぼします。

空気圧が低すぎると、地面の衝撃がタイヤに直接向かうことになるので、タイヤが変形したり、パンクを起こす原因になります。空気圧は適正範囲に保つように意識しましょう!

 

でも適正範囲ってどのくらい?という方へ次の章で解説していきますね!

 

適正空気圧の確認の仕方

空気圧が大切なのはわかったけど、適正な空気圧ってどうやって確認するの?という疑問が浮かんでるかと思います。

実は適正空気圧を確認することはすごく簡単です。タイヤの側面をじっくり見ていただけると、表記されているんですよね!

空気圧

少し見づらいですが、タイヤの側面に125P.S.I(8.5BAR 850KPA)と表記されています。

よくわからない数字とアルファベットが並んでいますが、これは空気圧の単位を表しています。このタイヤの場合は、表記されている数字以下の空気圧はで使用してくださいという表記です。

 

表記の仕方はメーカーやタイヤによって様々ですね、例えば500~800KPA100~170P.S.Iという表記の場合は、空気圧を表記されている範囲内に保ち、使用してくださいということになります。

空気圧の単位は

  • KPA(キロパスカル)
  • P.S.I(ポンドスクエアインチ)
  • BAR(バール)
  • kgf/㎤(キログラムフォース)

があり、メーカーやタイヤによってさまざまな形で表記されています。

少しややこしいですが、空気を入れるときに確認する程度なので、この単位について理解を深める必要はないと思います。

空気圧の調節の仕方と落とし穴

 

ここまでで、空気圧の確認の仕方と単位について説明してきましたが、大切なのは空気圧を適正範囲に調節するということです。

空気圧を適正範囲に調節するには、エアゲージ、もしくは空気圧計付きの空気入れを使用することが必要になります。エアゲージや空気入れの使い方は製品によって多少違いがあるため、お近くのサイクルショップで聞いてみてください。

 

また、スポーツバイク初心者の方がよく勘違いされる落とし穴があります!

それは適正な空気圧は自転車に搭載されているタイヤによって違うということです!

自転車によってではありません。タイヤによってです。なので、見た目が同じデザインの自転車でも、使用しているタイヤが違えば適正空気圧が違う可能性があります!

タイヤを変えた時や違うスポーツバイクにを乗り換えた時は、以前使用していたタイヤの空気圧と違う可能性があるので、気を付けてくださいね。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

スポーツバイク初心者の登竜門、空気圧についてわかりやすく説明しました。

自転車にとって命のタイヤ、空気圧の調整はタイヤを長持ちさせるだけでなく、乗り心地にも大きく影響することをご理解いただけたでしょうか?

 

快適で安全なサイクルライフを過ごすためにも是非、空気圧を意識してみてください!

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク



お読みいただきありがとうございましたー!!

記事はどうでしたかー?よかったら記事の感想などをLINE@で送ってくださいねー!お気軽にドウゾー♪

Youtube動画更新を頑張ってますよー!コメントやGOODボタンを積極的に募集してますw

是非チェックしてくださいね♪

この記事を書いている人 - WRITER -
Tanojob ライターチーム
キャンプ・釣り・登山・自転車・ダイビングなどあらゆるアクティビティのプロフェッショナルが集うTanojobライターチーム! 読者さんの悩みにバチッと答えられるような濃厚で良質な記事を日々配信中です!頑張るぞー!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Tanojob , 2018 All Rights Reserved.