「楽しいを仕事に!」をテーマにやり尽くすブログ

TanojobのYoutubeチャンネル配信中!

アジングロッドでウキ釣りって実際どう?釣れる魚とおすすめ仕掛けを紹介

 
アジングロッド







この記事を書いている人 - WRITER -
Tanojob ライターチーム
キャンプ・釣り・登山・自転車・ダイビングなどあらゆるアクティビティのプロフェッショナルが集うTanojobライターチーム! 読者さんの悩みにバチッと答えられるような濃厚で良質な記事を日々配信中です!頑張るぞー!

こんにちは!@Tanojobライターチームです!

 

この記事ではアジングロッドでウキ釣りは実際どうなのかと釣れる魚とおすすめの仕掛けについてご紹介します。

 

アジングロッドでウキ釣りなんて出来ないと思っている人も多いと思います。でもそれってアジングロッドをすべて理解していないからかもしれませんよ。

 

アジングロッドを使用してウキ釣りは実際に可能なんです。

この記事ではアジングロッドでウキ釣りは可能である事と釣れる魚とおすすめの仕掛けをご紹介します。アジングロッドの新しい可能性を感じる事が出来ると思いますので最後まで読んでくださいね。

 

それではアジングロッドを3本所持している私がアジングロッドでのウキ釣りと釣れる魚、おすすめの仕掛けについてご紹介します。それではどうぞ。

アジングロッドでウキ釣りは出来る?

ウキ釣りはウキを使って魚を釣るものですが、ウキ釣りはウキ以外にもウキ止めや錘など使用する仕掛けも多いのが特徴です。

 

仕掛け自体も長くなる事に加えてウキ釣りでは釣る場所の棚を図る必要があるのでウキ釣りをするには竿も長めに作られています。ウキ釣りをする際には一般的に4mから5m以上の竿を使うのがベターです。

 

良く使用されるアジングロッドは、7ftの約2mほどになるのでウキ釣りをするには長さ的に使用しにくいです。細く繊細なアタリを感じる事が出来るアジングロッドは性質的にはウキ釣りに向いていますが、アジングロッドではウキ釣りに必要な竿の長さが足りないので手返しが悪くなってしまいます。

 

手返しとは、魚を釣り上げてから魚を外して再度仕掛けを投入する一連の釣りの動作の事を言います。

 

私はウキ釣りは良くしますがアジングロッドではまだチャレンジしたことがありません。

 

アジングロッドでウキ釣りは出来ない事ではないですが、より快適にアジングロッドでウキ釣りをするためには仕掛けをコンパクトにするか水深があまり深くないエリアを狙うなどの工夫が必要になります。

 

アジングロッドでウキ釣りで狙える魚

アジングロッド

ウキ釣りにアジングロッドを使用している人はあまりいないですが、多くの魚を狙う事が出来ます。
アジングロッドのウキ釣りで狙える魚を理解しておきましょう。

 

磯の人気ターゲットのメジナ

 

メジナはウキ釣りで狙う高ターゲットで、釣り人からも支持されています。

強烈な引きを感じる事が出来る魚で、アジングロッドであれば手に汗握るやりとりが楽しめますよ。2種類のメジナが日本ではターゲットになっていて口太メジナと尾長メジナに分けられます。

 

大きさは30センチから40センチが多いですが、50センチ超も釣る事が出来るのでロマンがある魚ですね。ゲーム性の高さがメジナの魅力ですが、食べても美味しいのでアジングロッドのウキ釣りで狙ってみてはいかがでしょうか。

 

春を告げる魚のメバル

 

メバルは春告魚と漢字で書く事から春が旬な魚です。

メバルは投げ釣りやサビキなど様々な釣り方が出来ますがウキ釣りでも釣る事が出来ます。

 

サイズは30センチ以上のメバルを尺メバルと呼ばれていて狙っているアングラーも多いです。私も尺メバルは釣ったことがないので、いつか釣りたいと目標にしていますよ。

 

目が良い魚でもあるので、使用するラインは細いものをよく使用します。ライトに出来るアジングロッドのウキ釣りではメバルはおすすめのターゲットであると言えます。

 

堤防から狙えるアジやサバやイワシ

 

アジングロッドのウキ釣りで狙える魚としてアジやイワシなどの青物が挙げられます。暖かくなれば堤防に群れで入ってくる事が多く数も釣る事が出来ます。

 

サイズは大きくても20センチ前後ですが、アジングロッドであれば引きも感じられて楽しめます。釣り初心者の人はアジングロッドのウキ釣りで堤防から青物を狙っている事をおすすめします。

 

釣り人の夢と言われる黒鯛

 

強烈な引きと漆黒に輝くフォルムが美しい黒鯛は、釣り人から絶大な人気があります。黒鯛釣りはウキ釣りで狙う事が出来ますが、基本的には4m以上の竿を使用します。

 

それでも場所によってはアジングロッドで黒鯛を狙う事も出来ます。

黒鯛は浅瀬にも餌を求めて寄ってくるので、堤防から浅めのポイントを狙ってみるとアタックしてくる事もあります。40センチ以上の黒鯛が掛かると引きが強烈なのでアジングロッドで巻き上げるのは苦労するかもしれませんが、大きな興奮を感じられるでしょう。

 

実は美味しい嫌われ者

 

アジングロッドでウキ釣りをするとクロホシイシモチという魚を釣る事が出来ます。

とてもマイナーな魚のクロホシイシモチは、ネンブツダイとも呼ばれていて少し不吉な名前です。外道として釣り人から嫌がられていて、リリースする人が殆どです。

 

サイズは10センチ程で大きな口が特徴的な魚ですが食べると淡白な白身で上品な味が楽しめる魚なのです。唐揚げなどで美味しい魚なので、アジングロッドであえて釣って食べてみてはいかがでしょうか。

 

アジングロッドでは遊動仕掛けを使おう

ウキ釣りの仕掛けには固定仕掛けと遊動仕掛けがあります。

固定仕掛けは基本的な仕掛けで、ウキの位置を固定する事で一定の深さにいる魚を狙うための仕掛けです。シンプルでトラブルも少なく、糸を垂らしてすぐに仕掛けが安定するので、魚の喰いが良くアタリも明快に分かります。

ウキを固定するので竿より深い場所は狙う事が出来ないので、竿が短いアジングロッドでは固定仕掛けは向いていません。

 

遊動仕掛けのウキはウキ止め糸を結んだ範囲まではスルスルと動いてくれるので、狙いたい深さにウキ止め糸を結んでおけば固定仕掛けよりも深く探る事が出来ます。

 

長さが短いアジングロッドでのウキ釣りには遊動タイプが向いている仕掛けであると言えます。

 

アジングロッドのウキ釣りのおすすめ仕掛け

 

アジングロットでウキ釣りをする場合にはアジングロッドの長さを不利をカバーできる遊動ウキ仕掛けがおすすめです。遊動仕掛けは竿側からウキ止め・中通しウキ・クッションゴム・中通し錘・ヨリモドシ・ハリス・ハリになります。

 

一番上に付けるのがウキ止めですが、ウキ止めの位置を長くすればその分ウキが動くのでより深くまで糸を垂らすことが出来ます。

 

中通しウキと中通し錘の間にクッションゴムを付けるのは錘でウキが傷付かないようにするためです。ハリは多くの魚を狙えるように袖ハリや丸セイゴハリなどの丸みのあるハリを使うと良いです。

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか。

 

ウキ釣りは4m以上の竿を使用して行うものなので、7ftの約2m程のアジングロッドではウキ釣りは向いていません。

 

手返しが遅くなり魚が釣れたとしても取り込むのに時間を有してしまうからですが、竿自体も細く繊細な釣りに向いているアジングロッドはウキ釣りが出来ない訳ではありません。

 

アジングロッドの竿の長さを補う事の出来る仕掛けで、狙う棚も浅くする工夫をすればアジングロッドでウキ釣りも可能です。

 

アジングロッドでウキ釣りで狙える魚としては、黒鯛やメバル、メジナやイワシやサバなどの青物と魚種も豊富です。

 

ウキ仕掛けは固定仕掛けと遊動仕掛けの2種類がありますが、アジングロッドでウキ釣りをする場合にはウキ止め糸を結んだ範囲までウキが動いてより深くを狙う事が出来る遊動仕掛けを選びましょう。

 

遊動仕掛けはアジングロッドでのおすすめの仕掛けであると言えます。

私自身ウキ釣りをアジングロッドでやったことはありませんが、繊細な釣りが出来るのでチャレンジしてみようかとも思っています。アジングロッドの長さから扱いにくさを感じるかもしれないウキ釣りですが、狙える魚も多いのでチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 



この記事を書いている人 - WRITER -
Tanojob ライターチーム
キャンプ・釣り・登山・自転車・ダイビングなどあらゆるアクティビティのプロフェッショナルが集うTanojobライターチーム! 読者さんの悩みにバチッと答えられるような濃厚で良質な記事を日々配信中です!頑張るぞー!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Tanojob , 2018 All Rights Reserved.