「楽しいを仕事に!」をテーマにやり尽くすブログ

TanojobのYoutubeチャンネル配信中!

キャンプビギナー必見!失敗しない道具選びのポイントと準備すべき持ち物を解説!

 







この記事を書いている人 - WRITER -
モテたくて始めた服作りから、ファッションの専門学校の道へ進みアパレル企業に就職。しかし、そこがスーパーブラック企業で精も根も尽き果て、新たな人生を模索する内に物販の副業に出会う。その後事業が起動に載り独立起業しレールを外れる。更にレールを外れる為に一生懸命「楽しい」を仕事にしようと奮闘中\(^o^)/
詳しいプロフィールはこちら

初めては何でもドキドキ!

AKI

 

こんにちは!Tanojobりょーやです!

春が近づいてくるとキャンプの季節が到来です 「今年こそは家族でキャンプへ行きたい!」 「キャンプ道具を揃えてみようかな?」 と思っている皆様、こんなことで悩んだりしていませんか?

 

  • キャンプを始めるにはどんな道具が必要なんだろうか?
  • キャンプにはどんなものを持っていけばいいの?
  • キャンプ用品は高価な物もあるし道具選びで失敗したくないな~!

 

などなど、キャンプビギナーであれば誰もが悩む内容だと思います。

 

しかし、問題ありません、この記事を読めばキャンプビギナーでもどんなものを用意すれば良いのか、どうやって買うと良いのかが全てわかります!

なので是非シーズンが来る前に読んでキャンプへ向けて準備して行きましょう!

 

それではドゾー!

KINAO

 

リサーチをすれば失敗回避!?キャンプビギナーの道具選びは情報収集から!

 

キャンプビギナーが家族でキャンプへ行き、道具を忘れててんやわんやしてしまってキャンプが楽しめないって事はよくあったりします。

「あれ買っておくの忘れた!」「もっとこういうの買えばよかったなぁ」などなど、やってから買い忘れて後悔することも多いですね。

 

そうならないように、まずキャンプビギナーさんは道具選びの情報収集が必要です。

 

情報収集と言っても別に勉強するわけではありませんので、難しくはありません。

むしろワクワクしながら道具を探すのは「旅行に行く準備が楽しい!」と通ずる物があり「キャンプに行く前の準備が楽しい!」を体験できますね!

 

更に言えば、キャンプの道具を集める際には

 

「最終的にこんな感じの雰囲気の道具に囲まれたい」

 

という部屋のインテリアを揃えるような、楽しみも出てくるので最初に決めたイメージが何もないと統一感の無いバラバラな道具が集まってしまいます。

 

なのでまずは下記のような内容からリサーチをしていきましょう!

 

  • 雑誌でリサーチ
  • インスタグラムでリサーチ
  • Youtubeでリサーチ

 

それでは一つづつ解説していきます!

 

キャンプビギナーは雑誌でリサーチしよう!

 

まずキャンプビギナーだったら雑誌でリサーチですね!

雑誌は一昔前の情報だと思われがちですが、色んな情報が綺麗にまとめられているのでビギナーにはオススメの情報収集方法です。

 

最近では沢山のアウトドア雑誌も多く出てきており、有名なのはやはりGO OUTですね。

GARVYはGO OUTよりもちょっと大人なキャンプを目指している人の為の雑誌です

他にもBE-PALや2nd(セカンド)などの雑誌がアウトドア特集をやることが多いので、シーズン前になったら一度チェックしておくようにしましょう!

 

最近ではKindleの読み放題で雑誌を読める場合が多いのでその辺も視野にいれるとコストも抑えられますね!

ただ読み放題でもお金がかかることは確かです、もっともっと経費を節約したい場合は無料でガンガン調べられますので下記のツールを使いましょう!

 

キャンプビギナーはインスタグラムでリサーチしよう!

 

僕のブログでも何度も紹介していますが、今キャンプに使う道具を知りたかったらインスタグラムを調べれば住んでしまうぐらい便利になっています。

 

インスタグラムで #キャンプ道具 #キャンプギア など検索すると無数のキャンプ用品が使われている様子が見えるのでとても参考になります。

好きなフォロワーさんをいくつかピックアップして自分の好きな商品を買い集めていくのがいいですね!

 

・ ・ ついにInstagramはじめてみました😁 ・ 初投稿👍 ・ 行きたい時にふらっとキャンプはいつもふもとっぱら👍😁 ・ 広大なキャンプ場で目の前 に富士山m9( ゚Д゚) ドーン! の開放感が最高😍 ・ 昼はTシャツで過ごせるあたたかさ♪夕方17時から冷え込み始めフリースからの19時には更にダウンジャケット着ないと寒い😅 ・ 温度差がスゴすぎる😱 ・ ・ ・ ・ #キャンプ #camp #キャンプギア #campgear #キャンプ用品 #焚き火 #焚き火台 #スノーピーク #snowpeak #hinataoutdoor #ペトロマックス #petromax #ヒルバーグ #Hilleberg #ノルディスク #nordisk #アシモクラフト #asimocraft #サンゾクマウンテン #sanzokumountain #camphack取材 #アウトドア #outdoor #outdoorlife #アウトドアライフ #ヘルスポート #helsport #バランゲルドーム #Varanger Dome #Gストーブ

シズ 🔥⛺さん(@shizu_goodday)がシェアした投稿 –

 

こんな雰囲気にしたい!こんなギアに囲まれたい!ってイメージをガンガン膨らませていきましょう!

 

キャンプビギナーはYoutubeでリサーチしよう!

 

お次はYoutubeでのリサーチです、雑誌やインスタグラムでもいいのですが道具などは実際に使っている動画などを見るともっとイメージが湧いてくるかと思います。

 

キャンプ レビューなどで検索をかけてみて、実際に使っている人たちがどんなレビューをしているかをチェックして購入を検討していきましょう!

 

 

道具紹介なんかは非常に参考になる部分がありますので僕自身も沢山みています。

 

楽しい動画が沢山!Tanojobチャンネルもよろしく~!

RYOYA

 

では色々とイメージできた所でお次は実際にどんなキャンプ用品が必要かをチェックしていきましょう!

 

キャンプ用品は実際にどんなものが必要か?

 

それではお次はどんなキャンプ用品が必要かについて書いていきます。

 

基本的には必要最低限ものさえあれば、そんなに困ることはありません。

例え困ったとしてもそれを何とかするのがキャンプの醍醐味でもありますので、臨機応変に対応して問題も楽しめるといいですね!

まずはテントです、寝る場所として必須アイテム!

テントだけでも十分ですが、寝心地などを考えると中にマットを引いたり

コットというベット的なものもあると快適に過ごせます。

そこに寝袋を敷いて寝れば結構快適ですね!コットを使うと理由としては地面が凸凹の所も多いので安眠したいなら必須でしょう。

枕は家で使っているのを持っていくのが快適ですね!奥さんのアキはいつもそうしてますw

でもキャンプ感を味わいたいならふくらませるタイプの枕もありますのでそちらも検討しましょう。

 

 

更にはテントの下にグランドシートというものを敷くとテントに水滴がついたりせず、快適です。

お次はタープです、タープは木陰などで楽しむキャンプの場合は日差しが弱いのであまり必要ではありません。

真夏の日差しの下となると必須になりますので用意しておきたいアイテムです。

テントやタープには備え付けのペグと呼ばれる杭が付属していますが、純正のものはもろく壊れやすいです。

地面が固い場所でも対応できるような、鉄製のタグを買うのがオススメですね!

ハンマーはアウトドアブランドのものもありますが、100均の商品もそんな大して変わりませんので100均の商品で十分かと思います。

 

あとはテーブルや椅子などバーベキューでするようなアイテムたちですね!

最近だとロースタイルと言って全体のアイテムを低い位置に持ってくるスタイルなども流行ってますが、自分がしたいイメージに合わせて買い揃えていくといいでしょう。

 

椅子は結構重要なアイテムです、できればネットで買わずに店で購入するのが良いかと思います。

何故なら座る時間が長いから、ですね!疲れやすい椅子などもありますので注意してください。

キャンプの醍醐味と言えば焚き火でしょう、しかも最近では料理も作れるし焚き火台としても活躍できるアイテムが多く出ているので自分の使う好みに合わせて購入しましょう。

夜になれば当然暗くなってしまうのでランタンが必要になってきます、最近ではランタンもLEDの物が多く出てきていて便利ですが雰囲気を出すなら断然ガスランタンですね!

そして意外に結構使うのがこのランタンスタンド、あると無いとでは不便さが結構違うので是非手に入れたいアイテムです。値段も安い。

キャンプは荷物が多くなってきますので、収納できる何かが必要ですね。

コンテナボックスも最近はおしゃれなものも多いので是非サイトに合わせて選んでいきましょう。

 

あとは、料理をする時に必要な包丁だったり、まな板、洗剤などバーベキューなどでも必要な用具を揃えればOKです。

コチラの記事を参考にすればOKですね!

 

 

バーベキューと違う所は、泊まりなのでコーヒーを飲んだりお湯を沸かす用のガスコンロがあると便利です。

ドライネットなどあると、更に便利ですね。特にキャンプの場合は場所が少ないのでこういったアイテムは必須となります。

以上がキャンプで用意しておきたいグッツですね!

 

テントやタープはこだわれば高いですが、その他はAmazonなどで安く購入できる商品も沢山あります。

自分の予算とイメージと照らし合わせて理想のキャンパースタイルを確立していきましょう!

 

キャンプビギナーは失敗も忘れ物も楽しむ気概が必要!

 

ここまで色々とまとめてきましたが、重要なのは

 

  1. どんなキャンプスタイルにするかリサーチをしてイメージを立てる
  2. 何が必要かリストアップする
  3. リストアップした商品をアウトドアショップやネットで見て買う

 

という流れになってきます。

 

当然ですが、リサーチが結構大事で買う前にアレコレ調べてから購入すると大きな失敗も無く理想のキャンプができますね。

特にインスタグラムやYoutubeなど最近は本当に情報が多いので是非一度チェックしてみるのをオススメします!

 

それでは、買い揃えたら楽しいキャンプへ行きましょー!!

 

お読み頂きありがとうございましたーーー!!!

RYOYA

 

 



この記事を書いている人 - WRITER -
モテたくて始めた服作りから、ファッションの専門学校の道へ進みアパレル企業に就職。しかし、そこがスーパーブラック企業で精も根も尽き果て、新たな人生を模索する内に物販の副業に出会う。その後事業が起動に載り独立起業しレールを外れる。更にレールを外れる為に一生懸命「楽しい」を仕事にしようと奮闘中\(^o^)/
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Tanojob , 2018 All Rights Reserved.