「楽しいを仕事に!」をテーマにやり尽くすブログ

TanojobのYoutubeチャンネル配信中!

ソロキャンプ初心者に必要なものはコレ!はじめてでも楽しめる道具一覧をチェックしよう!

      2018/03/27

 
この記事を書いている人 - WRITER -
モテたくて始めた服作りから、ファッションの専門学校の道へ進みアパレル企業に就職。しかし、そこがスーパーブラック企業で精も根も尽き果て、新たな人生を模索する内に物販の副業に出会う。その後事業が起動に載り独立起業しレールを外れる。更にレールを外れる為に一生懸命「楽しい」を仕事にしようと奮闘中\(^o^)/
詳しいプロフィールはこちら

ソロ映画、ソロ銭湯、ソロは結構好き!

RYOYA

 

こんにちは!Tanojobりょーやです!

 

はじめてのソロキャンプだと何を揃えたりすれば良いのか、何があれば安心なのかわかりませんよね。

 

  • ソロキャンプって何が必要になるのかな?
  • 1人だから道具が無いと困るなぁ、忘れ物を無くしたい
  • あればソロキャンプが楽しめるアイテムなんかあると良いな!

 

など色々な疑問が湧いてくると思います、僕自身もはじめてソロキャンプした時は逆にめちゃくちゃ荷物を持っていってしまって重すぎて失敗した経験があります。

 

今回はそうなることの無いように、ソロキャンプにぴったりなオススメアイテムをピックアップしていきますので是非御覧ください~!

 

それではドゾー!!

スポンサーリンク

もくじ

ソロキャンプって何するの?その醍醐味はコレ!

最近良く聞くソロキャンプ、はじめて聞いた時は「ソロキャンプって実際何するの?面白いの?」って思われるかもしれませんが、経験者から言わせてもらえば

 

控えめに言って最高です!!

RYOYA

 

って感じですね!都会の喧騒から離れて、自然の中で1人で食事したり読書したり思い思いの時間を使う。

仕事のことで頭がいっぱいになった時や、これからの事を自分と向き合って考えたいときなど頭をスッキリさせてくれるソロキャンプに頼ることが多々ありますね。

 

実際に経営者の方などもソロキャンプを趣味にされている方も多く、仕事ができる人ほど自分の時間を大切にできる人なのかなと思ったりもします。

 

かの有名なキャンプブランドスノーピークの社長さんもソロキャンパーの1人です。

 

ってな訳で今回はそんなソロキャンプに必要な道具をお伝えさせて頂きますね~、まずは荷物についてです!

 

移動手段で変わるキャンプ道具、装備はなるべく軽量がGOOD!

 

ソロキャンプをするにあたって何でキャンプへ行くかは重要なポイントです。

 

例えば車でキャンプへ行けばわりとしっかりと荷物を積むことができるので、できるだけ多くの装備で行けばいいのですが自転車やバイク、登山などバックパックで行動しないといけないぐらいの荷物だったら軽量がGOODですね。

 

そしてソロキャンプの醍醐味としては車で行ったとしてもバックパックで深い森の中に入り、人気のない所や大自然の中で過ごすことだと思いますので今回は軽量でオススメなソロキャンプの道具を紹介させていただきます。

 

ソロキャンプはバックパック一つでも十分可能ですので、身軽に楽しく自然とふれあいながらやっていけるのが素敵ですね!

それでは早速紹介させて頂きます!

スポンサーリンク

ソロキャンプに必要なものは?おすすめ道具一覧はこれ!

 

では、そんなソロキャンプを十二分に楽しめるアイテムを紹介させていただきます。

まず必要なアイテムと、あるともっとソロキャンプが楽しめるアイテムを紹介させていただきますね!

 

ソロキャンプに必要なアイテム

  • テント
  • マット
  • シュラフ(寝袋)
  • 焚き火台
  • チェア
  • ランタン(ヘッドライト)
  • ミニテーブル
  • ガスバーナー
  • コッヘル
  • カトラリー
  • マグカップ
  • 食料
  • モバイルバッテリー

 

ソロキャンプにあると楽しめるアイテム

  • 本(kindle)
  • ドローン
  • ナイフ
  • コーヒーミル

 

などですね!それではひとつづつおすすめを見ていきましょう!

 

1~2人用の小さいので十分、屋根があるのがおすすめ ~テント~

まずはテントです、テントは小さいので十分ではありますが、ソロキャンプではタープを張ったりすることが無いので、屋根があるタイプがおすすめです。

このコールマンのツーリングドームは入り口のところにポールを立たせれば屋根になるので雨や日差しを遮ることが可能ですね!

 

ポール分ちょっと荷物は多くなってしまいますが、オススメです!

なるべく小さくなって、軽くなって、保温できるもの ~シュラフ~

シュラフは夏などは本当にペラペラの薄いもので全然大丈夫ですが、山でのソロキャンプになると結構気温が寒くなります。

そういった時によく眠れなかったりするとその後の行動にかなりの影響が出てくるのでしっかり保温性のあるシュラフを使用しましょう。

 

コチラはマイナス25度までなら耐えられるぐらいの保温性を持っているアイテムで、秋冬のソロキャンプでも山でも安心です。

 

なるべくコンパクトに使えるものを ~シュラフマット~

シュラフマットはなるべくコンパクトに使えるものがおすすめです。

折りたたむタイプのマットなどもあるのですが、それだと荷物がかさばってしまい、あまり上手に収納することができません。

 

こちらのタイプは空気を入れてふくらませるタイプで、収納する際は空気を抜けばコンパクトになりますのでおすすめですね!

ロースタイルかつ軽量・コンパクト ~チェア~

チェアはソロキャンプだと全体的にロースタイルになってきますので低いものが必要になります。

そして、耐荷重がどれくらいあるのか、持ち運びのコンパクトさなどを考えるとコチラのアイテムがいいですね。

 

こういったコンパクトさを求めるものはどうしても安物だと壊れがちなのでしっかりとしたものを購入するのがおすすめです。

 

自分の手元とテントを照らせばOK! ~ライト・ヘッドライト~

ライトはソロキャンプの場合はテント内を照らしたり自分を照らすのみなのであまり広範囲を照らすようなガスランタンなどは必要ありません。

それよりもコンパクトなLEDランタンなどを使ったほうが明るく、長持ちするのでおすすめですね!

 

特にヘッドライトは思っているよりも便利です、是非一度使ってみてください!

 

 小さくても活躍、サイトも汚さなく優秀! ~焚き火台~

こちらは焚き火台にもコンロになるお一人様専用の焚き火台です。

炭や枝を地面に置きながら焚き火をしないので地面を傷つけることもなく、環境にも優しいアイテムになっています。

 

フライパンなども気軽におけるサイズ感も更に良い点ですね!

 

軽量なアルミが最適で、持ち運びも便利 ~ミニテーブル~

ソロキャンプと言えど地面に物を置いたりするとどうしても汚れてしまったり、地面の湿気でやられてしまうことがあります。

そういったことの無いように小さくてもいいのでテーブルを用意しておくといいですね!

 

こちらのアイテムはアルミで軽量なので持ち運びも便利でかさばらないのがポイントです。

 

 バーナーは質実剛健、安心のイワタニ ~ガスバーナー~

先程焚き火は紹介しましたが、木の枝や炭になるような物が無い所だとガスバーナーが必要になってきます。

そんな時に使えるのがコチラのイワタニガスバーナーです。

 

ガスだけ持っていけばこれに装着していつでも強い火力を出すことができます、登山へ行ったコーヒーなどこれで飲むと最高ですね。

 

 ガスも一緒に収納できる優秀アイテム ~コッヘル~

このコッヘルはコンパクトなのはもちろんなのですが、その中にガスなども収納できちゃうアイテムです。

荷物が極力かさばらないようにするのであればこういった重ねて収納できるアイテムも使っていくのがいいですね。

 

付属でバーナーも買えるので、まとめでセットで購入してもおすすめです!

 

 折りたたみタイプが便利 ~カトラリー~

カトラリーはナイフやフォークのことを言いますが、これさえあれば調理は特に問題ありません。

プラスチックのケースとかだとカラカラ音が出てしまってあまり良くありませんが、この布のケースだったらそういったことも無いので安心ですね。

 

 熱さがあまり伝わらないのがおすすめ ~マグカップ~

まぁマグカップなどは正直100均で売っている商品などでも良いのですが、唇がやけどしないようになど考えるならしっかりとしたチタンの物を選ぶと良いですね。

 

何かあった時の必需品 ~モバイルバッテリー~

キャンプに充電の心配なんて…と思われるかもしれませんが、何かあった時の緊急用としてバッテリーは必須です。

更にはライトなども忘れてしまった場合はバッテリーさえあれば一晩中携帯のライトなどでも照らすことが可能なので是非検討していきましょう。

 

さて、お次はあると楽しめるアイテムにいきましょう!

 

 一品あれば楽しめる!  ~ナイフ~

ソロキャンプは心が落ち着くと言えどもやっぱり1人の夜は結構長かったりします。

そういった場合はナイフ一本あれば木工したり、フェザーステッィクを作ってみたりと結構遊べるので一本は用意しておきましょう!

 

ソロキャンプの夜の相棒 ~本(Kindle)~

紙の本などでも良いのですが、僕のおすすめはやっぱりKindle。

理由としては、何冊も本を入れられることにあります、本といえど小説ばかりでは無いので漫画を何冊も持っていこうと思うと大変ですがKindleなら一個持っていけばOKです。

 

是非沢山本を詰め込んで旅の相棒に連れていきましょう。

 

森を空からも探検する ~ドローン~

森や山に入ってしまえば、ドローンを気軽に飛ばすことができます。

しかも最近のドローンは本当に軽量で持ち運びもとっても楽ちんです。

 

自分しか撮ることができない動画を撮影して楽しむのもいいですね!

 

 朝が100倍楽しくなる ~コーヒーミル~

キャンプの朝に飲むコーヒーはなんであんなに格別なんでしょうか。

僕自身は、あまりコーヒーを飲みませんがミル挽きのコーヒーは格別に美味いです。

 

是非山頂などで朝日を見ながらの一杯を飲んで欲しいですね!

 

ソロキャンプにピッタリのギアを探す方法

 

さて、以上がソロキャンプにおすすめ道具でしたがいかがでしたでしょうか?

もっともっとソロキャンプにピッタリのアイテムを探したい!という場合はいくつかの探し方を見てみてましょう!

 

インスタグラムでハッシュタグ #ソロキャンプ を探す

 

インスタグラムで#ソロキャンプと探すと沢山のキャンパーたちの画像が出てきます。

自分がいいな~と思うギアを見て購入検討したり、質問したりしてギアの幅を広げていくのがおすすめです。

 

 

Youtubeでソロキャンプ動画を探す

 

最近ではYoutubeでもソロキャンプ動画が多く上がっております。

 

特に人気なのはヒロシさんのソロキャンプ動画!

装備もしっかりと解説してくれてたりしてとても参考になりますね!

 

 

まとめ 自分にあったソロキャンプスタイルを

 

ソロキャンプと一口に言っても何を目的とするかで大きく変わってきます。

 

バイクで行くのか車で行くのか、小さいサイトを作るのか、何を食べるのかなどなど…

やっていく内に自分のソロキャンプスタイルなどが出来上がってきますのでコツコツとソロキャンプに挑戦してみましょう!

 

以上お読み頂きありがとうございましたーー!!!

お読みいただきありがとうございましたー!!

記事はどうでしたかー?よかったら記事の感想などをLINE@で送ってくださいねー!お気軽にドウゾー♪

Youtube動画更新を頑張ってますよー!コメントやGOODボタンを積極的に募集してますw

是非チェックしてくださいね♪

この記事を書いている人 - WRITER -
モテたくて始めた服作りから、ファッションの専門学校の道へ進みアパレル企業に就職。しかし、そこがスーパーブラック企業で精も根も尽き果て、新たな人生を模索する内に物販の副業に出会う。その後事業が起動に載り独立起業しレールを外れる。更にレールを外れる為に一生懸命「楽しい」を仕事にしようと奮闘中\(^o^)/
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Tanojob , 2018 All Rights Reserved.