「楽しいを仕事に!」をテーマにやり尽くすブログ

TanojobのYoutubeチャンネル配信中!

【レポ】ジャパンキャンピングカーショー2018でキャンピングトレーラーを検討して学んだ○○とは!?

 







この記事を書いている人 - WRITER -
モテたくて始めた服作りから、ファッションの専門学校の道へ進みアパレル企業に就職。しかし、そこがスーパーブラック企業で精も根も尽き果て、新たな人生を模索する内に物販の副業に出会う。その後事業が起動に載り独立起業しレールを外れる。更にレールを外れる為に一生懸命「楽しい」を仕事にしようと奮闘中\(^o^)/
詳しいプロフィールはこちら

人生にはワクワクとドキドキが必要!

RYOYA

 

こんにちは!Tanojobりょーやです!

 

今回はジャパンキャンピングカーショー2018へ奥さんと一緒に行ってキャンピングトレーラーを検討してきたのでそのレポートをさせて頂きます!

 

 

いやー、本当に…ワクワクが止まりません!キャンピングカーやトレーラーって置いてある車屋さんでも数台あれば良い方であまり見比べることができたりしませんが…。

 

ドカーン!

 

とこの量ですよ…もう圧巻というか、所狭しとキャンピングカーやキャンピングトレーラーが沢山並んでおります。しかも全て新車…!

 

これは誰でも欲しくなるね!

RYOYA

 

頑張って良いモノ見つけよー!

AKI

 

って事で早速レポートをさせて頂きます!

それではドゾー!

 

内装は結構動画で撮ってきました!是非コチラも御覧ください~!

 

どんなキャンピングトレーラーを検討するのか?

 

僕たちは家族はキャンピングトレーラーを購入して日本を旅したいなーって思っています。

 

その期間は大体2018年の4~5月ぐらいから数ヶ月です、このキャンピングカーショーが2月の2.3.4日と開催なので納車まで2~3ヶ月あればOKかな?と考えていましたがこの軽い考えが後でガンガンに打ち砕かれますw

 

このキャンピングカーショーでトレーラーを検討する際に学んだことを先に箇条書きにしておくと。

 

  • 新車は在庫が無ければ納期は半年以上、在庫があっても人気のメーカーを取り扱っている所は4ヶ月以上の納期が必要。
  • 新車はレイアウトなど変更できるが、基本海外からの輸入の為納期にかなりの時間がかかる。
  • 基本的に牽引免許が必要無い機種が多く、牽引免許が必要なぐらい大きな機種は少ない。
  • キャンピングカーに比べトレーラーはやはり少ない、キャンピングカー8割のトレーラー2割ぐらい
  • キャンカーは今めちゃくちゃ人気が出てきている、近年のキャンプブームがそれを後押ししている
  • トレーラーの大きさによっての価格の変化はそこまで大きくない、新車300~400万円台が主流

 

などなど…で、僕たちが一番気になったのは

 

納期!

 

ですね、通常の国産の新車の感覚で購入検討していると痛い目にあいます(ただ僕達が無知だったのか?笑)

特に最近はトレーラーも結構売れているようなので、整備にも時間がかかりなかなか納車されないのが現実。

 

なので購入検討している方は納期も含めて早めに動き出すのが良いかと思います!

※ちなみに後日フジカーズジャパンさんに中古トレーラー(現物あり)の納期を2月時点で聞いた所、それでも1~2ヶ月はかかるようでした。3月~4月にかけて暖かくなると受注も増えるようなので更に納期がかかる可能性が上がります、注意!

 

それでは実際のキャンピングカーショーをレポートさせて頂きます!

 

キャンピングカーショーは幕張メッセでの開催

 

場所は千葉の幕張メッセでした、僕達は岐阜に住んでいるため2時間かけて上京。

ジャパンキャンピングカーショーの幕張メッセ開催は年に一回ですが、その他展示会は年に数回名古屋や大阪などでも開催されます、JRVAのホームページを常にチェックしておくことをオススメします!

 

 

2月の2.3.4日と開催されていて、販売店さんによっては後日そのままアンコールショーという流れで開催し続けるメーカーなどもあり盛況ぶりがわかります。

展示台数は国内、海外の輸入車が300台以上!まさに国内最大級のキャンピングカー展示会と言えますね。

 

公式HPより抜粋

 

上記の画像の T のピンク色の表示がトレーラーの展示です、わかりやすいMAP。

 

 

所狭しと並んでいるキャンピングカー達!

 

今回は僕がトレーラーを探しに行ったため、トレーラー中心のレポートとなります。

それでは出展者毎にご紹介させていただきます!

 

アメ車トレーラーが大人気!ボナンザさん

 

トレーラー出展の中でも一番盛況だったんじゃないでしょうか?

アメ車トレーラーを扱っているボナンザさん

 

大盛況!

 

外観はアメ車チックでかなりイケてます

 

開催期間中に2~3台は成約しているとのこと、ヤバイ!

 

ボナンザさんはJAYCOというアメリカではかなりポピュラーなトレーラーブランドで、その外観からtheアメリカンな感じでファンも多く、近年のキャンプブームにピッタリのブランドです。

 

内観もアメリカントレーラーっぽくゴツい作りで、僕が乗っているラングラーなどにピッタリ合いそうな感じでしたが…納期が先の先まで詰まっており2月の発注で8月9月ぐらいの納期になるとのことで泣く泣く断念。

 

めちゃくちゃ大きいトレーラーまで成約してたようなので、世の中にはいろんな人がいるんだなぁと思った次第です。

 

永遠の憧れ エアストリームさん

 

エアストリームです、はい、高価ですw

エアストリームのブースもかなり人気があったものの、あまり商談している人は少なかった印象。

 

家が買えちゃうよ!

RYOYA

 

って値段のものも多く、ちょっと僕達には手が出ませんでした…でもカッコイイよね、エアストリーム。憧れです。

 

絵になりますね、デザインがやっぱいいな

 

いつか引いて旅してみたい!

 

赤いジープも合わせると2000万ぐらいかな?笑

 

こんなのでアメリカ旅してみたいなーー!!

 

 ヨーロッパの風を感じる インディアナRVさん

 

次はインディアナRVさんです。

 

 

フランスのトリガノ社、ドイツのクナウス社から輸入した商品を多く取り扱っていて、シンプルな中にも洗練された外観のトレーラーが多いです。

エメロードなんかは結構市場でもよく見るタイプで牽引免許不要の商品のラインナップが多く、初心者でも取扱しやすいトレーラーを扱っていますね。

 

シンプルで使いやすそうなトレーラーが沢山!

 

牽引免許必要な商品は更に広々

 

内観はかなり広くゆったりとしたデザインの商品が多い、アメ車とユーロ車のデザインの違いは大きくアメ車は基本ゴツゴツしているがユーロ車は滑らか。この辺は好みが別れるところですね。

 

その他キャンピングトレーラーが盛りだくさん!

 

以上3車が5台以上トレーラーを出しているところで、結構人だかりも多かったです。

その他は3台2台と出している所が多かったのでさくっと写真で紹介させて頂きます!

 

デルタリンク LACグループさん

 

デルタリンクさんではアドリアという欧州車を中心に取扱。大きめのモデルは本当ホテルが移動しているかのようなゆったり感です。

 

まさに動くホテル!

 

内観もめちゃくちゃ素敵

 

K-worksさん

 

K-worksさんは自社オリジナルのトレーラーを出展、日本国内ならこれで十分かも?ってサイズでいい感じ。

 

国内ならこれで十分かも!?

 

トーザイアテオさん

 

トーザイアテオさんが取扱っている商品Hobby!

結構年配の方が好まれるような非常に洗練されたデザインのトレーラーが多く、素敵な定年間近的な夫婦が結構沢山いました。

 

僕たちはもうちょっと若いデザインがいいかな?

 

デザインはイケてるけどちょっと小さいトレーラー

 

デザインはカッコイイけどちょっと小さいなーってトレーラーが結構ありました…。

まぁ国内を長期旅行する人なんかはあまりいないので、普通免許でけん引でオッケーって場合はこの辺の商品を買いたいなぁ…。

 

CASITA TEXASさん室内もイケてました。

 

T.globeさん 北欧風インテリアが素敵

 

RVランドさんの ERIVA ツートンが可愛いですね。

 

これ以外にもフジカーズジャパンさんのエースシリーズなどがありましたが、岐阜で見たことあったので割愛。普通免許で動かせるやつは新車でも結構安くて取り回ししやすくオススメです。

 

あとは、こんな写真も撮ってきました!

 

トレーラーハウス!究極はこれ?

 

イベント用トレーラー!イケイケ!

 

 

カワイイ配色のトレーラーも多いな~!

 

まとめ トレーラーは早めに検討!

 

ってな訳でトレーラーを色々見てきましたが、僕が心底思ったことは…

 

新車トレーラー買うなら早めで!いや、中古でも早めで!

 

って事ですね。やっぱり今はブースも来ているので買う人も増えてきてます。今検討している人はいつから乗りたいのか?って事をしっかりと考えて検討していくと良いかと思います!

 

でも色んなトレーラーを見るのは楽しいですね!是非お近くで開催されているRVショーなどに足を運んでみてください!

 

謎に記念撮影w

 

ってな訳でお読み頂きありがとうございましたー!



この記事を書いている人 - WRITER -
モテたくて始めた服作りから、ファッションの専門学校の道へ進みアパレル企業に就職。しかし、そこがスーパーブラック企業で精も根も尽き果て、新たな人生を模索する内に物販の副業に出会う。その後事業が起動に載り独立起業しレールを外れる。更にレールを外れる為に一生懸命「楽しい」を仕事にしようと奮闘中\(^o^)/
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Tanojob , 2018 All Rights Reserved.