「楽しいを仕事に!」をテーマにやり尽くすブログ

【DIY】溶接に必要な道具は?溶接は難しい?初心者向けに徹底解説

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
何とか楽しいことが仕事にならないか一生懸命くだらないことを突き詰めている伊達家。夫りょうや、妻あき、愛犬きなおで楽しくを仕事にする”たのジョブ”目指し日々邁進中。夢はきなおも連れて世界8週旅行。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!楽しいを仕事にする為に日々奮闘する、りょーや(Twitter/@Tanojob)が編集長のTanojobです!

 

DIYでいつかは挑戦してみたいことのひとつと言えば溶接です。今回は溶接について紹介します。

  • そもそも溶接とは何か
  • 溶接に必要な道具はどんなものか
  • 溶接の難易度はどう

古くから存在する金属同士を接合する加工、それが溶接です。融接にあたるアーク溶接が最も知られていて普及していますが、その中でも半自動溶接や被覆アーク溶接が初心者でも取り組みやすい難易度となっています。それでは少し詳しく見ていきましょう。

 

  

溶接とは

溶接とは金属同士の接合をするために使われる加工技術のひとつです。物体同士を接合するため、溶接の対象物は2つ以上になります。熱を与える・圧力をかけるなどの方法で接合することや、溶接棒のような溶加材を用いて接合する方法など、一概に溶接と言っても多種多様です。

溶接方法にもいろいろと種類がありますが、今回は融接というカテゴリーで紹介しますと、DIYや業務などで使われるものとして有名なアーク溶接があります。

アーク溶接とはアーク放電を利用して行う溶接方法のことで、幅広い産業現場で使われている溶接方法です。溶接棒やワイヤーなどの電極と溶接対象となる母材それぞれにプラス電圧とマイナス電圧をかけることによってこれらの間に高熱とともに光(アーク)が発生、それによって物体同士を接合するという仕組みになっています。

アーク溶接では、ワイヤーや溶接棒などの電極材料が溶接時に溶けるか否かによって、消耗電極式(溶極式)と非消耗電極式(非溶極式)の2つに分けられます。被覆アーク溶接や炭酸ガスアーク溶接、マグ溶接やミグ溶接etcは消耗電極式で、ティグ溶接やプラズマアーク溶接と呼ばれるものは火消耗電極式の溶接方法です。

巷でアーク溶接と耳にすることはありますが、その場合には被覆アーク溶接なのかティグ溶接なのか、などのように確認するようにしましょう。

アーク溶接の中でも歴史の長い溶接方法が、最初に述べた被覆アーク溶接になります。被覆アーク溶接棒を用いて、その内部の心線と母材の間にアークを生み出して溶接するタイプのアーク溶接です。

大昔から用いられてきた溶接方法のひとつで、手溶接などと呼ばれることもあります。アーク溶接では溶接棒を自身でトーチに取り付けますが、半自動溶接機では自動でワイヤーが出てくる仕組みとなっているのが特長的です。

 

溶接に必要な道具

 

溶接に必要な道具を項目で分けると次のようになります。

  • 溶接作業に使うもの
  • 溶接に適した服装
  • 作業場所
  • その他

それぞれについて少し詳しく見ていきましょう。

 

溶接作業に使うもの

実際に溶接作業に使うものは、溶接機や溶接棒、溶接面などです。溶接機は溶接を行うために必ず必要となる機械で、溶接棒は被覆アーク溶接などで必要となります。溶接作業中に発生するアーク光や火花から目を守るために溶接面は必ず必要です。まずはこれらを用意しましょう。

溶接に適した服装

溶接に適した服装をすることも大切です。溶接に適した服装とは、ツナギ服や溶接用手袋などになります。ツナギ服を着ていれば身体が火傷する心配もなく、溶接用手袋を付けておけば手が火傷する心配もありません。なお、身に着ける場合には著しく消耗している箇所が無いかどうかなどチェックをするようにしましょう。

作業場所

溶接をする際には作業場所が非常に大切になります。作業場所は屋根がある場所が最適です。なぜかと言いますと、屋外でやっている最中に雨が降るというような水分があたると、感電することがあるからです。そのリスク管理として、溶接するなら屋内で行うようにしましょう。

 

その他

その他にも用意すると便利な道具沢山あります。溶接部分の仕上げにディスクグラインダーを使うこともあれば、塵肺対策に防塵マスクをかぶる、溶接作業台を用意しておく、などなど、溶接をする際には揃えられる物をできるだけ揃えるようにしましょう。

 

スポンサードサーチ

溶接の難易度

溶接の難易度ですが、どの溶接方法も難しいという前提を置いたうえで説明しますと、最も普及しているアーク溶接が初心者でも着手しやすいつまり挑戦しやすい溶接です。さらにその中でも、半自動溶接と被覆アーク溶接が初心者向け難易度の溶接になります。

育良精機(ikura)
¥8,131 (2019/10/21 04:34:28時点 Amazon調べ-詳細)
半自動溶接では溶接に使用するワイヤーが自動的に供給されるようになっていて、なおかつ溶接速度も速く、ボタンを押すだけで溶接できるということが初心者でも扱える難易度の理由です。

被覆アーク溶接は溶接機の価格が全体的に安く、使い方もシンプルということがDIY初心者にとって着手しやすい理由でもあります。しかし、被覆アーク溶接を使って溶接したときの仕上がりをうまくするにはコツが必要で、初心者には難しいとも言われるということも事実です。

 

以上のことから、初心者が溶接を始めるにあたっては、まず半自動溶接機からトライしてみることをおすすめします。

 

まとめ

今回は溶接とはどのようなものか、特に普及している溶接の種類、そして溶接の難易度について紹介しました。

 

溶接の世界は非常に奥が深いです。実際にやってみることでそれを深く感じることができます。その奥深さを、まずは半自動溶接機で味わってみてはいかがでしょうか。



この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
何とか楽しいことが仕事にならないか一生懸命くだらないことを突き詰めている伊達家。夫りょうや、妻あき、愛犬きなおで楽しくを仕事にする”たのジョブ”目指し日々邁進中。夢はきなおも連れて世界8週旅行。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Tanojob , 2019 All Rights Reserved.