「楽しいを仕事に!」をテーマにやり尽くすブログ

TanojobのYoutubeチャンネル配信中!

【初心者必見】初めての海釣りに必要なものは?服装や持ち物を紹介

 

スポンサードリンク


スポンサードリンク


この記事を書いている人 - WRITER -
モテたくて始めた服作りから、ファッションの専門学校の道へ進みアパレル企業に就職。しかし、そこがスーパーブラック企業で精も根も尽き果て、新たな人生を模索する内に物販の副業に出会う。その後事業が起動に載り独立起業しレールを外れる。更にレールを外れる為に一生懸命「楽しい」を仕事にしようと奮闘中\(^o^)/
詳しいプロフィールはこちら

男のロマンともいえる海釣りですが、最近ではファミリーやカップルなどライトに海釣りを楽しむ人も多くなっていますね。

海釣りと言っても防波堤や浜辺、磯など場所は様々で釣れる魚も変わってくるので、海釣りはとても奥が深いレジャーであると言えます。

 

管理釣り場や釣り堀といった人工的に魚を釣れる環境での釣り、釣れる魚が決まっている釣りと訳が違いますし、潮の流れや場所によって一日魚が釣れないことも多く、奥が深いのが海釣りなのです。

スポンサーリンク

 

という訳で雨や風などの天候にも左右されやすい海釣りで、初めて釣りをしようと考えている方は、何を準備すれば良いのか分からないですよね!
この記事では初めての釣りに必要なもの、服装や持ち物についてご紹介していきますので是非参考にしてください!

 

初めての海釣りで必要な竿とリールとは?

海釣りをする際に必ず必要になるのが、竿とリールで釣りの基本とも言えます。

 

最初は釣竿選びからだと思いますが、釣竿にも柔らかさや長さなど種類も豊富にあるので、迷ってしまいますよね~僕自身も最初は何を買ったらいいかわかりませんでした!

初めての海釣りであれば、万能竿として販売しているファミリー用の釣竿がお勧めです。

 

 

ファミリー用の釣り竿はリールもセットになっていることが多いので、そのまま釣りができるまさにストレスフリーですね。

長さはどんな釣りでも使える180センチから400センチの間で選ぶと初心者におすすめなサビキ釣りやちょい投げなど汎用性も高く利用できます、ファミリー用の釣竿はリールとセットになって5,000円以内で購入出来るので、リーズナブルな点もおすすめです。

 

リールを選ぶ際には、竿とセットではない場合には、個別で購入する必要があります、リールは数字が2,000から4,000までのものを選択することが初心者の海釣りではおすすめですね。

 

リールの数字は初めて見る人は分からないと思いますが、リールの大きさを表しています。
基本的にリールの大きさは数字で決められていて、数字が大きければ大きいほどにサイズも重くなりますが、強く大きい魚にも対応が出来るようになります。

使い勝手が良いのは2,000から4,000で、小さなお子様がいるファミリーで使用する場合はライトに使える2,000番、大物狙いであれば4,000番などとシーンに合わせて検討すると良いですね。

リールの価格はブランドにもよって大きく異なりますが、初心者であれば3,000円程のリールを検討することがお勧めです。

 

 初めての海釣りで必要な釣り道具

海釣りでは竿とリールだけではなく、いろいろと用意しておく必要があります。
もし釣れた際に魚を保管しておくバッカンや持ち帰る場合に必要なクーラーボックス、欠かせないものとしては、仕掛けです。

 

バッカンは、普通のバケツでも代用できるので、購入せずとも自宅にあるバケツを用意すると良いです、釣り用語でもありますが、魚入れやエサ入れで使用するバケツをバッカンと呼んでいます。

クーラーボックスは、発泡スチロールの簡易なものでも良いですが、持ち帰って料理する場合には必要ですね。

 

中でも大事なものとしては、海釣り用の仕掛けで、サビキ釣りや投げ釣りなど釣りのスタイルによって仕掛けは異なります。

どんな魚を釣りたいか、どんな釣りをするのか、その日の釣り場の状況にもよって釣り仕掛けは異なるので、いくつも用意しておくと良いですよ。
ちなみに仕掛けは消耗品なので、万が一にも釣りの最中に糸が切れてしまうなどのトラブルにも対応できる様にいくつも用意しておきましょう。

 

初めての海釣りをする上での服装

 

初めての海釣りでの服装は、基本的にどんな服装でも問題ないと言えます。
釣り場の状況ではテトラポットを上がる必要があったり、砂場での釣りなど動きやすい恰好を意識して服装を考えると良いですよ。

また釣り場では、天候にも大きく左右されるので、急な雨などにも対応できる様にレインコートなどは用意しておく必要がありますね。

 

夏場では直射日光がダイレクトに当たるので、日焼けや熱中症にも注意して、冬場では海の周りはとても寒いので、厚着出来るように準備しておくと良いですね。

海釣り初心者では、服装について意識が低い人が多いですが、自身の体のことでもあるので、季節や釣り場に応じた服装を考える必要がありますね。

安全面を考慮する服装であれば、ライフジャケットを身につけておくことで万が一海に落ちても助かる可能性は大幅に上がります。
小さいお子様と海釣りをする際などは用意しておくと良いですね。

 

初めての海釣りで便利な持ち物

 

海釣りを初めて行う場合に持って行くと便利なアイテムもあります。
一つは、魚を掴むためのトングがあればとても便利で、魚が触れない人でもトングを使えばストレスなく釣りを楽しめますね。

 

針から魚を外す時にもラジオペンチがあれば、魚の口からすぐ針を外す事ができるので便利ですよ。

特に魚に抵抗がある女性には用意しておくべきアイテムのトングとラジオペンチと言えます。

便利な持ち物としては、魚を触れた手や汚れを落とすタオルやハンカチ、ウエットティッシュなどがあれば便利ですね。

魚を持つ用途にも使用できるので、タオル系の準備はしておくと便利ですよ。

魚は臭いも強烈なのでフィッシングソープも用意しておくといいですね!

 

初めての海釣りに必要な餌

 

仕掛けや釣竿、リールは必要になりますが、魚が喰いつくには餌が必要になり、餌選びは初心者にとって悩ましいポイントと言えます。

釣り具屋で餌を購入する時に多くの種類が売られていて、見た目が殆ど一緒でも名前が異なる虫エサなども多いので、知らない人は迷ってしまう事は間違いありません。

 

海釣りを初めて行う場合には、基本的に初心者に人気のサビキ釣りやちょい投げ釣りがお勧めです。
釣りスタイルによって使用する餌も異なるのですが、投げ釣りではミミズのような見た目のアオイソメやゴカイ、ジャリメなどが一般的とされていて、万能の餌として多くの魚種を狙うことができる魅力がありますよ。

サバやイワシ、アジなどの青物を狙うのであれば、サビキ釣りでは魚を寄せる為に使用するアミコマセが必要になります。
磯のような場所で、ウキ釣りやフカセ釣りをする際には、餌としてピンクのエビであるオキアミを購入する必要があります。

 

海釣りでは餌は釣り場所や狙う魚にもよって大きく異なるので、初めての海釣りであれば、あおいそめとオキアミ、釣りスタイルによってはアミコマセを購入しておくと良いですね。
餌購入時に分からない場合には、釣り具屋のスタッフに釣りのスタイルや狙う魚を伝えて、アドバイスを受けることがお勧めですよ。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

初めての海釣りは何が釣れるか分からないワクワク感と初心者という不安はあると思います。

海釣りで最低限必要なものとしては、竿とリール、餌と仕掛けがあれば魚を釣るという行為は可能になります。
より便利に海釣りを楽しむ場合には釣れた時のバッカンや持ち帰りのクーラーボックス、魚を掴むようのトングや針外しのラジオペンチなどがあると良いですね。

スマートに女性の前でトングやラジオペンチで針から魚を外す事が出来たら気になるあの娘もイチコロですよ。

ファミリーで釣りを初めてトライする場合でも多くの人がバッカンやクーラーボックスは用意して来ることが多いですよ。

 

服装としては基本的に指定はないので動きやすく、季節にあった服装を意識すれば良いですね、安全面や小さいお子様がいる場合には、ライフジャケットを用意しておくこともおすすめです。

 

初めての海釣りは期待も不安もあると思いますが、何が釣れるか分からない高揚感や、魚との駆け引き、自然を感じられる魅力もあるので、しっかり準備して思い出に残る海釣りをしてみましょう!

スポンサーリンク



この記事を書いている人 - WRITER -
モテたくて始めた服作りから、ファッションの専門学校の道へ進みアパレル企業に就職。しかし、そこがスーパーブラック企業で精も根も尽き果て、新たな人生を模索する内に物販の副業に出会う。その後事業が起動に載り独立起業しレールを外れる。更にレールを外れる為に一生懸命「楽しい」を仕事にしようと奮闘中\(^o^)/
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Tanojob , 2018 All Rights Reserved.