「楽しいを仕事に!」をテーマにやり尽くすブログ

TanojobのYoutubeチャンネル配信中!

釣りを中止する風速は何m?中止の理由や便利なアプリを一挙紹介!

 
風速

スポンサードリンク


スポンサードリンク


この記事を書いている人 - WRITER -
Tanojob ライターチーム
キャンプ・釣り・登山・自転車・ダイビングなどあらゆるアクティビティのプロフェッショナルが集うTanojobライターチーム! 読者さんの悩みにバチッと答えられるような濃厚で良質な記事を日々配信中です!頑張るぞー!

こんにちは!@Tanojobライターチームです!

 

この記事では釣りを中止する風速と便利なアプリについてお話していきますね。

釣りに風速つまり風の影響は関係ないって思っている人も多いのではないでしょうか?私も釣りを始めた時には風速なんて関係ない海があれば魚が釣れるだろうと思っていました。

スポンサーリンク

 

風速を考える事で釣りにおいて大きな釣果をもたらすかもしれないんですよ?

 

この記事では釣りを中止する風速は何mなのか中止の理由や便利なアプリまで一挙紹介しちゃおうと思います。風速を知っておけば予定を立てやすくなりますし、より良い釣りライフを過ごすことが出来ますよね。

それでは風速を気にして釣りに出かける私が伝える釣りを中止する風速と中止の理由や便利なアプリについてご紹介させていただきます。それではどうぞ!

 

釣りを中止する風速は何m?

 

釣りは色々な釣りスタイルやフィールドがあり釣れる魚も千差万別ですが全ての釣りに関係しているのが風速です。

 

釣り堀や室内の管理釣り場であれば風速は問題ないのですが、基本的に自然と相対して行う釣りは風速はかなり影響するものです。

 

気になる釣りを中止する風速についてですが、5mくらいまでと考えると良いです。

 

5mと言われても釣り場で風速は目に見えるものではありません。目安として防波堤に置いたものが飛んでいくのが5mと言われています。

 

もし防波堤などで止まっているボートの旗などが常に動いていれば釣りを中止することを検討してよいです。ちなみに海に落ちそうになるのが7mと言われているので、5mは危険信号であると言えますね。

私も実際に釣りにおいて風速を全く考えていない時に風に押されて海に落ちて海上保安庁を呼ばれた事があるくらいです。

 

風速が5m以上を超えると通常釣りに行ってはいけない風速と考えておいて良いです。

せっかくの休みに釣りに行けると思っていても5m以上の風速が予報されているのであれば止めておくことが無難でしょう。私みたいに海に放り出されてしまう事になっちゃいますよ。

 

釣りにおいて風で中止する理由は?

風速が影響する釣りにおいて風が強い場合には中止を考える必要があります。

 

理由としてはまず命の危険があるという事です。

 

風が強くなれば当然自分の身体がもっていかれそうになる事が多く釣りのスタイルによってはルアー釣りや投げ釣りなど投げるというモーションや移動など風の影響が大きいのです。

釣りは釣竿以外にも水を汲むバッカンや仕掛けの道具や椅子など荷物が多いレジャーであるので荷物が飛ばされてそれを取りに行こうとして風に煽られて怪我するなんてことはよくある事です。

 

当然風が強くなれば波も高くなるので水飛沫が激しくなり大しけになるなんてこともあるのです。台風をイメージすると良いですが強い風に強い波、下手したら雨なども加わり本当に命の危険にさらされてしまいます。

 

私は台風のような状況では釣りをしたことがありませんし、通常普通の神経では釣りをする人はいません。

それでも風速が5m以上を超えると大げさではなく命の危険を感じて中止することが無難でしょう。釣りにならないということも中止の理由に含まれます。

 

釣りはラインという糸を投げて釣りを行うもので、どんな釣りでもある程度のスローは基本的な行為です。風が強ければラインが風に流されて大きく糸ふけが出てしまい、風で波が高くなればアタリを感じにくくなってしまいます。

 

向かい風であれば投げる時の飛距離にも大きく影響しますし、ルアー釣りなどでは致命的な状況になりうります。

 

私も風が強い日にルアー釣りをトライしたことがありますが、向かい風でルアーが戻ってきて顔に直撃した経験があり大事故に繫がるところでした。風が強ければ波がうねり水面の状況も確認できませんし、波が出てくるような風であれば魚も餌を食べようとはしません。

風速が強ければ魚の喰いにも影響することも理解しておきましょう。

 

釣りにおいて便利な風速アプリ2選

 

釣り場についたら強風で釣りにならないなんて事は釣り人であれば経験したことはあると思います。せっかく釣り場まで行ったのに強風で釣りが出来ないなんて事になったら時間の無駄ですしショックですよね。

そんなときに釣りにおいて便利な風速アプリを2つご紹介します。

 

ピンポイントの風速を調べる事が出来るWindyty

Windy.com

Windy.com
開発元:Windyty, SE
無料
posted withアプリーチ

一つはWindytyというアプリで自分が訪れる釣り場をアプリの地図で探せば風速が一目瞭然分かるというものです。地図の拡大も簡単に行うことが出来ますし、風の流れや低気圧の位置まで確認する事が出来るのです。

 

その場のピンポイントの風速を調べる事が出来るので、その釣り場に行く前に事前に確認出来て風速の予測も立てられるのです。良く訪れる釣り場にはお気に入り登録も出来るので、起動するたびに場所を調べる必要もなくストレスフリーです。

無料ですしスマホのアプリとして入れておくと損はないWindytyです。

 

風と天気の予報も確認できるWINDY

WINDY: 天気予報 - 風、波、潮、嵐

WINDY: 天気予報 – 風、波、潮、嵐
開発元:Windy Weather World Inc.
無料
posted withアプリーチ

 

無料アプリのWINDYも風速をチェックするのにお勧めのアプリです。

 

現在の風速がリアルタイムで分かるので、釣りにおいての風速は影響しない風裏を探すことも出来ます。風予報に加えて天気予報も12時間先までチェックする事が出来るので細かいな予測が立てやすい魅力があります。

 

私はどちらもインストールして釣りに行く際には風を確認してから行動に移すようにしています。

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

釣りに風速は大きく関係するという事が分かったと思います。

風の影響でアタリが分かりづらくなってしまったり、ラインが風に煽られて釣りにならない状況になる事で済むのであれば良いですが命の危険に晒されてしまうこともあるんです。

 

私もそうでしたが釣り初心者は風なんて問題ないだろうと軽々に考えていることが多いと思いますが、釣りに行く際には風速はチェックしておくことが大事です。

風速チェックには釣り場の風速が一目瞭然理解できる風の流れまで教えてくれるWindytyとリアルタイムで風速が分かり天気予報も合わせて確認できるWINDYがおすすめですよ。

 

命を落としてからでは遅いので、相手は自然であるという事をしっかりと理解して楽しい釣りライフを送ってくださいね。

スポンサーリンク



この記事を書いている人 - WRITER -
Tanojob ライターチーム
キャンプ・釣り・登山・自転車・ダイビングなどあらゆるアクティビティのプロフェッショナルが集うTanojobライターチーム! 読者さんの悩みにバチッと答えられるような濃厚で良質な記事を日々配信中です!頑張るぞー!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Tanojob , 2018 All Rights Reserved.