「楽しいを仕事に!」をテーマにやり尽くすブログ

TanojobのYoutubeチャンネル配信中!

ルアー初心者が釣りやすい魚5選!海・淡水で釣れる魚を解説

 

スポンサードリンク


スポンサードリンク


この記事を書いている人 - WRITER -
モテたくて始めた服作りから、ファッションの専門学校の道へ進みアパレル企業に就職。しかし、そこがスーパーブラック企業で精も根も尽き果て、新たな人生を模索する内に物販の副業に出会う。その後事業が起動に載り独立起業しレールを外れる。更にレールを外れる為に一生懸命「楽しい」を仕事にしようと奮闘中\(^o^)/
詳しいプロフィールはこちら

 

この記事ではルアー初心者さんに向けて海・淡水で釣れる魚を解説していきます!

 

ルアー初心者にとって、初めは何の魚を狙ったらいいのかすら分かりませんよね。

「とりあえずルアーを投げていれば何か釣れるだろう」といった考えでは、なかなか魚はヒットしてくれません。

スポンサーリンク

しかし、初心者でも釣りやすい魚をあらかじめ知っておけば、狙った魚専用のタックルで釣りに出かけることができます。
また、狙った魚に特化したルアーを用いるので、沢山の魚が釣れるかもしれません。

そこで、今回は初心者が釣りやすい魚を海と淡水に分けて詳しく解説していきます。
これからルアーフィッシングを始める方やなかなかルアーで魚を釣ることができないといった方は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

ルアー初心者におすすめの海で釣れる魚

 

では、ルアー初心者におすすめの海で釣れる魚からご紹介したいと思います。ここで紹介する魚は、どれをとってもルアー初心者が釣りやすい魚ばかりなので、それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

アングラーから絶大な人気の”シーバス(スズキ)”

シーバスは、日本全国の沿岸に生息している別名「スズキ」と呼ばれる魚になります。大きさによって名前が変わる出世魚でもあり、大きさによっては「セイゴ」や「フッコ」などとも呼ばれます。その呼び名には、地域によって多少の違いがあるそうです。

 

シーバスは海水でのルアー釣りの中でも、特にメジャーなものとなっており、様々なアングラーから絶大な人気を集めています。このアングラーとは、釣り人といった意味で使用され、主にルアーやフライなどのゲームフィッシングをする人のことを指します。

 

その理由には、シーバスを釣り上げた時の引きの強さと、魚を獰猛に追いかけるゲーム性の高さです。ハマれば奥が深いですが、比較的初心者でも釣りやすく、日本全国に生息しているのでルアー初心者にはとってもおすすめの魚になります。

 

また、シーバスの魅力は引きだけではなく、高級魚なので食べても美味しくいただけます。特に夏はシーバスの旬の時期となっていますので、暑い夏に食べるシーバスのお刺身などは最高ですよ!

 

ズバリビギナー向け”アジ”

アジもシーバスと同じく、全国各地で狙える身近なターゲットとなります。主に、サビキで狙うのが主流となっていますが、今回ご紹介するルアーフィッシングでも大変人気を集めています。

サビキで狙うよりも手軽に始められますし、比較的大型のアジを釣り上げることができるでしょう。釣れる時期も年間通していつでも釣ることができ、特に春と秋はベストシーズンとなっています。

アジは日中も釣れますが、夜間の方が警戒心も少なく堤防などでも簡単に釣ることができるので、夜の時間帯がおすすめです。

 

引きが強くて魅力的な”メバル”

メバルも北海道南部から九州にかけてほぼ全国的に狙える身近なターゲットとなります。その見た目は、大きく張り出した目が特徴的で、メバルという名前の由来にもなっているそうです。

体調は、10~20㎝程度の個体が多く、中には30㎝まで成長する個体も存在します。

このように、小型なものが多いメバルですが、その引きはとってもパワフルで魅力的な魚といえるでしょう。食べてもとっても美味しく2度楽しめ、多くのアングラーから支持を得ています。
釣れる時期としましては、年中通して釣ることができますが、特に春先から夏にかけて最も旬な時期となり、味も一番美味しくいただけます。

 

また、メバルは夜行性となっていますので、時間帯は夜がおすすめです。中でも夕方と朝方は活性が上がるので、特におすすめとなっています。

 

ルアー初心者におすすめの淡水で釣れる魚

 

次に、ルアー初心者におすすめの淡水で釣れる魚をご紹介したいと思います。ここで紹介する魚は、淡水でもとてもメジャーとなる魚となっており、初心者でも釣りやすい魚ばかりなので、それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

ルアー釣りの王者”ブラックバス”

ブラックバスは、外来魚として有名な肉食性の魚で、小魚や甲殻類、カエル、虫などなんでも食べてしまう魚になります。そのため様々なルアーが開発されており、初心者でも比較的釣りやすい魚となっています。

ブラックバスの魅力は全国各地のダムや川など、どこにでも生息しているので、誰でも簡単に始められることにあり、尚且つ引きも強いのでとてもおすすめです。

 

基本的には、朝から夕方にかけての日中がメインとなりますが、満月の夜には爆釣することも多々あります。
釣れる時期に関しましては、年中狙えますが、特に春から秋にかけてが狙い目となっています。

 

冬場は、気温が低くなっているため、水温が安定しやすい深場へと移動していくので、初心者には難しい釣りとなるでしょう。

 

ルアー初心者でも簡単に釣れる淡水魚”ナマズ”

淡水でのルアーフィッシングは、主にバスフィッシングが有名ですが、このナマズも近年とても人気を集めています。外来種のブラックバスとは違い、日本に古来より生息する日本固有の魚で、日本各地に生息しています。

その食性は、肉食のブラックバス同様に小魚や甲殻類、カエル、虫などなんでも食べてしまいます。したがってルアー初心者でも簡単に釣り上げられることができます。

しかし、ナマズは夜行性となっていますので、基本的に日中は活性が低くなっているでしょう。もし、ナマズを釣りたいなら夜が一番狙い目となっています。

 

まとめ

 

ルアー初心者が釣りやすい魚を海と淡水で分けてご紹介してみました。

海で釣れる魚には、シーバスからアジ、メバルの3種類。

 

どの魚も、釣って良し食べて良しの二度楽しめるので、ルアー初心者にはとてもおすすめです。

また、淡水で釣れる魚には、シーバスとナマズ。

これらの魚は、基本的には食べることはできませんが、ルアー初心者でも簡単に釣り上げることができ、その引きはどちらの魚も強いのでとても楽しむことができるでしょう。

 

ルアー初心者の方は、ぜひこれらの魚釣りに挑戦してみてくださいね!

以上、お読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク



この記事を書いている人 - WRITER -
モテたくて始めた服作りから、ファッションの専門学校の道へ進みアパレル企業に就職。しかし、そこがスーパーブラック企業で精も根も尽き果て、新たな人生を模索する内に物販の副業に出会う。その後事業が起動に載り独立起業しレールを外れる。更にレールを外れる為に一生懸命「楽しい」を仕事にしようと奮闘中\(^o^)/
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Tanojob , 2018 All Rights Reserved.