「楽しいを仕事に!」をテーマにやり尽くすブログ

TanojobのYoutubeチャンネル配信中!

釣りにゴアテックス帽子がおすすめな理由は? ブランド帽子12選!

 







この記事を書いている人 - WRITER -
Tanojob ライターチーム
キャンプ・釣り・登山・自転車・ダイビングなどあらゆるアクティビティのプロフェッショナルが集うTanojobライターチーム! 読者さんの悩みにバチッと答えられるような濃厚で良質な記事を日々配信中です!頑張るぞー!

こんにちは!楽しいを仕事にする為に日々奮闘する、りょーや(Twitter/@Tanojob)が編集長のTanojobです!

 

みなさん釣りに行く日に雨が降ってしまったらレインウェアを着ますよね。

でも天気が曇りでたまに小雨や霧雨が降ってきたりするくらいの時、レインウェアを着るまでもないんだけど、このまま濡れっぱなしなのも嫌だしどうしようかな、なんて経験したことありませんか~?

そんな経験をしたことがある方で微妙な天気の時に釣りに行くときに【ゴアテックス帽子】がおすすめです。

 

でも何故ゴアテックス帽子がおすすめなのかって思いますよね?

実はゴアテックス帽子をかぶっていることのメリットってかなりあるんです。

そこで今回お伝えしていこうと思っているテーマである

  • ゴアテックス帽子が何故おすすめなのか?
  • ゴアテックス素材のブランド帽子のおすすめは何か?

について詳しく解説していきたいと思います。

 

もくじ

ゴアテックスとは

 

ゴアテックス(Gore-Tex)とは、アメリカのWLゴア&アソシエイツ社が販売している商標名で、防水性・透湿性に優れた素材のことです。

この素材は、ポリテトラフルオロエチレン(PTFE、テフロン)に延伸加工を施し、ePTFEフィルムとポリウレタンポリマーを複合化して作った素材になります。

このゴアテックス素材のすごいところは、一平方センチメートルの中に14億個もの微細な孔があいていて、水蒸気は通しても雨は通さないという、防水性と透湿性を両立させていることです。

それにより、雨が降った時に外側からの雨は通さず、内側の汗などの水蒸気は外に出すことができるんです。

 

雨が防げればなんでもいいし、それがすごいことなの?って思う方もいるかもしれませんが、今までのものとは全然違うんです。

 

従来の雨具だと、雨を防いでいるつもりでもなんとなく内側が湿っているなんてことがありませんでしたか?実は雨は防げても、汗で内側が蒸れてしまって濡れてきてしまってるんです。

 

そこで登場したのがこのゴアテックスで、防水機能だけではなく、透湿性においては数値的にはマラソンをずっとしていても内側が蒸れないというくらいのスペックを誇っています。

 

そんなゴアテックスを使用している雨具は防水性・透湿性に優れていますので、釣りにはもちろん、アウトドア全般に適しています。

 

釣りにゴアテックス帽子がおすすめな理由①防水性

釣りにおいてゴアテックス帽子がおすすめな理由の第一としては、何といっても優れた防水性です。

 

雨が降ってきてしまった際には雨具を着ますよね?

そんなときには雨具にはフードがついているものもありますので、それをかぶるっていう手ももちろんあります。しかしフードをかぶっていても、風がない日ならいいかもしれませんが、ちょっとの風が吹いているだけで顔に雨が当たって視界が奪われることはもちろん、顔が濡れてしまい、それで体が冷えて体温が下がってしまって、体力が奪われてパフォーマンスが低下してしまうなんてことになりかねません。

もちろん顔に当たった雨は、顔をつたって身体のほうに侵入してきてしまうことも考えられます。

そうなってしまったら釣りどころではないですよね~?

 

そこで登場するのがゴアテックス帽子です。

ゴアテックス帽子にもキャップタイプ・ハットタイプなどいろいろな種類がありますが、とりあえずゴアテックス帽子をかぶっていれば、まず第一に顔が雨に濡れることを防ぐことができます。

顔が雨に濡れないっとことは視界がふさがれることがありません。それだけでも釣りをするにあたってはかなり助かりますよね。
それだけでなくハットタイプであれば、頭を中心に広い範囲で雨を防いでくれますので、雨が首をつたって身体の方に入ってくるなんてこともなくなります。

 

雨が降るのが決まっている日ならもちろんですが、最近は急に天気が崩れるなんてこともありますので、安心のために雨に備えて持っておくのもいいでしょう。

 

釣りにゴアテックス帽子がおすすめな理由②透湿性

 

釣りにゴアテックス帽子がおすすめな理由として二番目に挙げられるのは透湿性です。

 

普段帽子をかぶっている方なら分かると思いますが、帽子ってずっとかぶっていると内側が蒸れてきてしまって
暑いのはもちろん、汗をかいて髪が濡れてベトベトになってしまうこともあります。

 

雨が降っているときには雨を防ぐ意味でもゴアテックス帽子は機能を発揮しますが、晴れている日でも雨の日でも、暑い日であれば当然汗をかいたりなどの水蒸気で帽子の内側が濡れてしまうようなときでも優れた効果を発揮します。それがゴアテックのもう一つの特徴である透湿性です。

 

ゴアテックスの透湿性であれば、どんなに暑い日でも、帽子の内側が蒸れることはありません。

 

以上の点から、そんな機能を持っているゴアテックス帽子は、暑い日に日差しを防いでくれるだけでなく、涼しく快適に過ごすためにも必要不可欠なアイテムだということができます。

 

ゴアテックス素材のブランド帽子【キャップタイプ】7選

 

ではこれから釣りのシーンで大活躍してくれるであろう、おすすめなゴアテックス素材のブランド帽子を紹介していきたいと思います。

まずはキャップタイプのおすすめを紹介していきます。

 

ゴアテックス素材のブランド帽子①モンベル ゴアテックス ワークキャップ

アウトドアメーカーのモンベルの防水のワークキャップです。全部の縫い目にシームシーリングを施すことによって優れた防水性を発揮します。フィット感を調整できるように、後ろにバックル付きテープがついています。

 

ゴアテックス素材のブランド帽子②モンベル ゴアテックス バードビルキャップ

すっきりとしたデザインのうえ、フィット感にも優れている全天候型タイプのキャップです。

本体の部分とツバの接合部にもシームテープ処理を施していることで高い防水性を可能にしました。大きな特徴として、樹脂製の芯を入れたツバを好きな角度に曲げることができるので、日差しをよけるときにも高い効果を発揮するだけでなく、収納するときのコンパクトにしまえるのも嬉しい。

正面にライトを反射して光るロゴがついているから、夜の視認性も高まります。

 

ゴアテックス素材のブランド帽子③マーモット ゴアテックス ライナーキャップ

素材にゴアテックスライナーとピーチタッチを採用した防水キャップです。クラウン部にはシームシーリング加工が施されているから防水機能は安心。

防水だけでなく紫外線カットにも優れているから、雨の日だけでなく晴れの日でも活躍します。見た目だけでなく着用感もソフトなので、様々なウェアとも相性が良く使いやすいアイテムです。

 

ゴアテックス素材のブランド帽子④マーモット ゴアテックス カッティングキャップ

ゴアテックスパックライトを使用している軽量の防水キャップです。UVカット機能もついているから紫外線対策にもおすすめ。軽量なのに頭にしっかりフィットするから、キャップの上からフードをかぶってもずれることなく安定した着用感を得られます。

 

ゴアテックス素材のブランド帽子⑤マムート ゴアテックス ポケッタブルキャップ

完全防水のコンパクトなキャップです。吸収・速乾性にも優れているので蒸れを防ぎ、汗止めにフィールドセンサーが使われています。後ろ側に備えているドローコードでフィット感を調整することが可能です。

 

ゴアテックス素材のブランド帽子⑥ニューエラ ゴアテックスキャップ 9FIFTY

ゴアテックスのロゴがアクセントとして刺繍されているのが特徴の9FIFTY。防水性・耐久性・透湿性・防風性をフルカバーしている高い機能性が魅力のキャップです。シンプルなデザインはアウトドアだけではなく、いろいろなシーンで着用できる商品です。

 

ゴアテックス素材のブランド帽子⑦ザ・ノースフェイス ゴアテックスキャップ

ザ・ノースフェイスのベーシックなデザインのレインキャップです。縫い目はフルシームシーリング加工が施されているから浸水も抑えてくれます。アジャスターベルトでサイズ調整も簡単にできます。普段使いからアウトドアまで幅広く活躍してくれる商品です。

 

ゴアテックス素材のブランド帽子【ハットタイプ】5選

 

続いてはゴアテックス素材のブランド帽子のハットタイプを紹介していきたいと思います。

ハットタイプは、キャップタイプとは違う機能性がいろいろとあります。キャップタイプと比較しながら見てみてください。

 

ゴアテックス素材のブランド帽子①モンベル ゴアテックス クラッシャーハット

ゴアテックス素材を採用し、広いツバが特徴のクラッシャーハットです。本体部分とツバの接合部分にもシームシーリングが施されているので防水効果も抜群。

襟元への水の侵入も防いでくれます。こちらもキャップタイプと同様に正面にライトを反射して光るロゴがついているので、夜の視覚性を高めてくれます。

 

ゴアテックス素材のブランド帽子②マーモット ゴアテックス ライナーハット

見た目はサファリのようなデザインで、防水機能だけでなく、UVカット素材の大きなツバが日差しをよけるのにも活躍してくれます。

風が強い日でもハットストッパーがあるから安心。その上ハットストッパーは過度な力が加わった時には外れるようなセーフティーロックがついています。

 

ゴアテックス素材のブランド帽子③マムート ゴアテックス オールウェザーハット

GORE-TEX2Layerを採用しているコンパクトな完全防水のハットです。 汗止めにはフィールドセンサーを使用していて、吸収速乾性にも優れているので暑い日でも安心。あごひもは取り外し可能になっているので、シーンに合わせた使い方ができます。

 

ゴアテックス素材のブランド帽子④ニューエラ アドベンチャーハット ブラック GORE-TEXリフレクター

サファリなデザインのハットで取り外し可能なあごひも付き。優れた防水性に加え、インナーメッシュや通気口などを備えていて、快適に過ごせる機能が充実したハットです。

 

ゴアテックス素材のブランド帽子⑤ザ・ノースフェイス ゴアテックスハット

フルシームシーリング加工を施しているレインハット。シームテープは13ミリとなっておりやや幅の狭い仕様で、高いフィット感が特徴。UVカットができる広めのツバで紫外線対策もばっちり。あごひもは調節可能なので、いろいろなシーンのアウトドアで活躍してくれます。

 

まとめ

 

今回は様々な種類のゴアテックス帽子を紹介してきましたが、お気に入りの商品は見つかりましたか?

雨対策や熱中症対策として、ゴアテックス帽子はかなりの活躍をしてくれること間違いなしです。

釣りには行くんだけど、まだ帽子を持ってないって方や、帽子は持ってるけどゴアテックス帽子ではないって方は、ぜひこの機会にゴアテックス帽子をゲットしてみてください。

きっとどんな天候の釣りも、格段に快適に過ごせるようになりますよ。最後までお読みいただきありがとうございました。



この記事を書いている人 - WRITER -
Tanojob ライターチーム
キャンプ・釣り・登山・自転車・ダイビングなどあらゆるアクティビティのプロフェッショナルが集うTanojobライターチーム! 読者さんの悩みにバチッと答えられるような濃厚で良質な記事を日々配信中です!頑張るぞー!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Tanojob , 2019 All Rights Reserved.