「楽しいを仕事に!」をテーマにやり尽くすブログ

TanojobのYoutubeチャンネル配信中!

コラテックのRTカーボンインプレ!実際どうなの?メリットデメリットを解説!

WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
何とか楽しいことが仕事にならないか一生懸命くだらないことを突き詰めている伊達家。夫りょうや、妻あき、愛犬きなおで楽しくを仕事にする”たのジョブ”目指し日々邁進中。夢はきなおも連れて世界8週旅行。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!楽しいを仕事にする為に日々奮闘する、りょーや(Twitter/@Tanojob)が編集長のTanojobです!

世界には、自転車メーカー数多く存在します。長い歴史のある老舗メーカーから新参者のベンチャーから上がってきたメーカーなどさまざまな特徴がある企業が日々自転車を作っています。

 

そんな中で、比較的新しい自転車メーカーであるのが、コラテック。コラテックは、1982年にドイツ人の創業者であるKonrad Irlbacherによって作られた自転車メーカーで、工業大国ドイツでこれから期待の企業です。

 

創業当初から、商品開発の目線をユーザーが使う現場の課題解決につながるような商品の開発してきました。小さな自転車ショップから始まったコラテックも、1990年に自社のブランドが誕生して以来、使いやすさから高い評価受けています。

 

様々な世代に愛される魅力をもった企業であるコラテックですが、人気の商品としてRTカーボンを発売しています。今回はそのRTカーボンのメリットデメリットの解説をしていこうと思います。

 

RTカーボンってどんな商品?

そもその日本のロードレースファンにはあまりなじみのないようなブランドであるコラテックですが、実は海外ではかなり人気のあるブランドにまで成長しています。

なぜならその背景には、細かな部品まで丁寧に作り上げる工業大国ドイツの技術力と新しいイノベーションを起こし続ける企業の体制にあります。

 

そんな企業が出したRTカーボンは、ヨーロッパを中心にすでにファン層を築いています。またこの商品は、一般層だけでなくプロの選手にも魅力を伝えることに成功しており、プロ仕様とアマチュアの間をつなぐような商品であるのです。

値段は約30万円ほどで、大体中間的な価格帯と言えるのではないでしょうか。続いて、どんな人が買ってるのか。また、どんな人にお勧めの商品なのかをお話ししていきます。

 

RTカーボンはどんな人が買っているの?

 

RTカーボンの機能的な特徴として、反応性の良さと安定感が他の中間価格帯のものに比べ、群を抜いて高いことがあげられます。

反応が良く安定感があるって事は、持っているサイクリストが疲れることなく、自分のペースを維持しながら、戦略的に長距離の移動を可能にすると言うことです。

 

ですから、ゆったりと景色を楽しむようなポタリングやちょっとした練習などではなく、誰かとタイムを競い合いながら相手に差をつける時に、この自転車は素晴らしい能力発揮します。

 

そんな機能性がある程度安い値段で手に入る。サイクリングを始めて、5年目から10年目のサイクリストに人気があるのは、値段と機能性の間にちょうど良いバランスがあるからではないでしょうか。

もしあなたがこれから、50万円以上する高価な自転車を購入したいと言う夢があるのであれば、まずはもう少しゆっくりとステップアップを図るために、この商品を購入しても良いのではないでしょうか。

 

RTカーボンっていくらぐらいで変えるの?

先程申し上げた通り、この商品は約30万円の値段設定がされています。しかし、これは正規で付いた値段であり、店頭ではもう少し安く販売されています。

以前私が訪れたバイシクルショップでは、20万円という価格で販売されており、かなりお店によって値段が違っているなと言う印象を受けたことを覚えています。まずはあなたの1番信頼できるお店で、コラテックのRTカーボンを探してみてください。

 

またお近くに信頼できるバイシクルショップがない場合は、ネット通販でも少し安く値段が落ちたものが販売されていますので、探してみてもいいかもしれませんね。やはり購入前に一度試乗してみることが、とても大切なことだと思います。

 

バイシクルショップで使用するもよし、もしあなたの友人でお持ちの方がいれば、お願いして乗せてもらうこともいいことですね。

 

まとめ 気になったら人はまずこの3ステップを!

もしあなたが本気でRTカーボンを魅力に感じ、自分の愛車にしてしまなみ海道やビワイチを走りながら、多くのサイクリストと共に充実したサイクリング生活を送りたいのであればまずは3つのステップを実施してください。

 

  • 自分の今乗っている自転車の値段を考える
  • 将来どこまで自転車という趣味に投資できるか考える
  • 試乗する方法を考える

RTカーボンは、様々な場面でのパフォーマンスを発揮できる自転車であるのでもしあなたが今乗っている自転車を二台持ちと言う形で運用していこうと思うと、なかなかうまくいかないと思います。なぜなら、知らない間に今お持ちの自転車は、倉庫で埃をかぶることになるからです。

 

それであれば、現在の下取り価格をRTカーボンの購入金額に充てることをお勧めします。また、30万円と非常に高額であるため、本当に自分がそこまでお金を投資できるのかと言うことをしっかりと考えることが必要です。

 

あなたが将来どこまで趣味に投資できるのかなどを、この機会にしっかりと考えてみたいものです。最後ですが、絶対に試乗してから購入してください。洋服を買う際などにもわかる通り、試着してみないとわからないことがあります。

 

自分の体に本当に合う自転車であるのかを確かめてから購入されるとお願いします。



この記事を書いている人 - WRITER -
何とか楽しいことが仕事にならないか一生懸命くだらないことを突き詰めている伊達家。夫りょうや、妻あき、愛犬きなおで楽しくを仕事にする”たのジョブ”目指し日々邁進中。夢はきなおも連れて世界8週旅行。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Tanojob , 2019 All Rights Reserved.