「楽しいを仕事に!」をテーマにやり尽くすブログ

TanojobのYoutubeチャンネル配信中!

那覇市のおすすめシュノーケルショップ”mic21”とは?営業時間も解説!

 
マリンショップ

スポンサードリンク


スポンサードリンク


この記事を書いている人 - WRITER -
Tanojob ライターチーム
キャンプ・釣り・登山・自転車・ダイビングなどあらゆるアクティビティのプロフェッショナルが集うTanojobライターチーム! 読者さんの悩みにバチッと答えられるような濃厚で良質な記事を日々配信中です!頑張るぞー!

こんにちは!@Tanojobライターチームです!

 

沖縄にて、自前でシュノーケルをしてみたいけど一体何を買いそろえればよいのだろう?買いそろえたら大体いくらぐらいかかるの?アイテムが豊富で自分に合うものはどこに行けば買えるのだろうか?

いつもレンタルばかりだったけど、この機にしっかり自分に合うものを揃えたい、頻繁に行くからどうせなら好きなものを身に付けて潜りたい!そんなことを考えたことはありませんか?

スポンサーリンク

今日は、沖縄本島にあり何でもそろう沖縄最大級のオススメシュノーケルショップmic21をご紹介いたします。

ぜひ御覧くださいね!

 

mic21那覇本店とは?

国際通りからすぐ、国道58号線沿いに大きなシュノーケルショップがあります。ここは、沖縄県最大級のシュノーケルショップであり、入り口にはSALE商品が、中に入ると元気に挨拶してくれる店員さんが何人もいて気持ち良く買い物ができそうです。

 

店内には、ずらーっとアイテムが並んでいます。ウェットスーツだけでも何百種類ありますよ♫女性ならテンションがあがっちゃう水着の種類も豊富で、見るだけでもワクワクしてしまうほどです!

ウェットスーツや水着のほか、シュノーケルに必要なマスクやフィン、マリンシューズ、ライフジャケットはもちろん、水中で撮影するビデオカメラやサーフボード、ダイビングの機材などもたくさん販売されています。

レジカウンターでは、ダイビングの講習やオプショナルツアーも申込可能なんです!何を買ったらよいか迷ってしまったら、店内を一通り見てから遠慮なくスタッフさんに声をかけてみましょう。「できれば安く・・・」「こんな色が良い・・」などなかなか言いづらい要望まで正直に聞いてしまって全然大丈夫です。

 

現に私は「できるだけ低予算で!」と正直に言ったら、スタッフさんが候補をピックアップして持ってきてくれましたよ♫マリンシューズとフィンが合うかどうかのチェックもその場で実際に履いて試せましたし、マスクの種類も細かく説明してメリットデメリットの両方をしっかりと説明頂きました。

ここは、欧米のスタッフさんや中国系のスタッフさんもいるので、海外からのお客様も多かったです。とにかくこの店舗ですべてのアイテムがそろいますよ~。余談ですが、mic21のショップバックが万能で、そのままシュノーケルにもっていくことができます。生地も丈夫で大きいサイズなのでカップルでおそろいで持つとテンションあがりますよ~!

 

アクセス・住所

住所:沖縄県那覇市前島2-21-13
TEL:098-943-2422
営業時間:12:00~20:00
休業日:なし 年中無休
駐車場:あり ※有料
目印:とまりんから国道58号線を挟んで反対側。沖縄銀行のとなり
モノレール:美栄橋より徒歩5分
外国語対応:英語・中国語対応可 ※要問合わせ

 

mic21ドン・キホーテ店

国際通りのど真ん中に、5階建てのドン・キホーテがありますが、その2Fのエレベーターをあがったところにmic21の店があります。ここでも、シュノーケルアイテムは一式そろえることができますよ!

 

ダイビングの機材などは置いていないので、ダイビングをする方は本店に行きましょう。mic21ドン・キホーテ店の最大の魅力は、アウトレット品の多さです♫お財布に優しい!!!マリンシューズやラッシュガード、水着などが可愛いのに安くなってました~♬

しかもここはあまりお客さんも多くないので、ゆっくりじっくり見て試着することが可能です。店員さんもしつこくなくて空気を読んでくれるので自分のタイミングで店内を見て回ることができるので安心ですよね♪アイテムが本店と比べて多くないので、サイズが無い物もありました。

その際はスタッフさんが本店にすぐ確認を取ってくれて取り置きをしてくれるので、遠慮なく何でも聞いてみましょう!国際通りに来たついでに寄れるのが便利ですね♪

 

アクセス・住所

住所:沖縄県那覇市松尾2-8-19
TEL:098-918-2100
営業時間:12:00~21:00
休業日:なし 年中無休
駐車場:なし
モノレール:牧志・美栄橋・県庁前より徒歩10分

【mic21で実際に購入したアイテムとおよその金額公開】
ウエットスーツ: 8,000円
ラッシュガード上下:5,000円
水着:3,000円
ライフジャケット:3,000円 ※股にベルトがあるもの
マリンシューズ:900円
マスクとフィンセット:8,000円 ※フィンは先が割れていてバタ足しやすいもの
手袋:2,000円
マスク曇り止め:500円 ※無いとせっかくの綺麗な水中で楽しさ半減する可能性あり

合計:約30,400円/人

★その他、買いそろえたもの
水中用インスタントカメラ:ドン・キホーテで800円
スパッツ:衣料品店で1,000円

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

ご覧の通り、全身買いそろえると結構お金がかかるんですよね。全部買いそろえなくても、最低限のライフジャケット・マスク・フィンは命に関わるアイテムなので良いものを買うことをオススメいたします。

 

店舗内には、シュノーケルのプロがたくさんいますので、わからないことがあればスタッフさんに声をかけてみましょう!好きなアイテムを身に付けてシュノーケルすれば気分も倍増、思い出も倍増ですよ♫

スポンサーリンク



お読みいただきありがとうございましたー!!

記事はどうでしたかー?よかったら記事の感想などをLINE@で送ってくださいねー!お気軽にドウゾー♪

Youtube動画更新を頑張ってますよー!コメントやGOODボタンを積極的に募集してますw

是非チェックしてくださいね♪

この記事を書いている人 - WRITER -
Tanojob ライターチーム
キャンプ・釣り・登山・自転車・ダイビングなどあらゆるアクティビティのプロフェッショナルが集うTanojobライターチーム! 読者さんの悩みにバチッと答えられるような濃厚で良質な記事を日々配信中です!頑張るぞー!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Tanojob , 2018 All Rights Reserved.