「楽しいを仕事に!」をテーマにやり尽くすブログ

TanojobのYoutubeチャンネル配信中!

後方注意!クロスバイクの後ろのライトが必須な理由とおすすめアイテム紹介

 







この記事を書いている人 - WRITER -
Tanojob ライターチーム
キャンプ・釣り・登山・自転車・ダイビングなどあらゆるアクティビティのプロフェッショナルが集うTanojobライターチーム! 読者さんの悩みにバチッと答えられるような濃厚で良質な記事を日々配信中です!頑張るぞー!

こんにちは!楽しいを仕事にする為に日々奮闘する、りょーや(Twitter/@Tanojob)が編集長のTanojobです!

 

クロスバイクなどのスポーツバイクを購入した時には、ライトも同時に購入する必要があります。ママチャリなどのシティサイクルであれば、ライトは備え付けのことが多いですが、クロスバイクなどのスポーツバイクでは、ライトは別売りとなっています。

さらにライトを購入するときには、前だけではなく、後ろのライトも購入すべきです。後ろのライトを購入するだけで安全性をグッと高めることができるようになります。

今回はクロスバイクに後ろのライトが必要な理由と、おすすめ商品を紹介していきます。

 

クロスバイクに後ろのライトが必要な理由について

まずは、クロスバイクに後ろのライトが必要な理由について考えていきましょう。自転車のライトと言えば、ほとんどの方が前に付けたライトのことを考えるでしょう。そして、後ろについては、ライトではなく、反射板を点けているという人もいるはずです。自転車のライトの一般的な用途としては、走行中でも視界を確保するためといわれています。夜道でも安全に走行するために、ライトによって視界を確保する必要があるからです。

しかし、後ろのライトについては、別に視界を明るくしてくれるわけではありませよね。自分にとっては何の役にも立たないように見える後ろのライトですが、どうしてこれが必要なのでしょうか。

実は、後ろのライトが必要な理由については、自分の視界を明るくする以外の理由が隠されています。

それは、自分以外の道路を走っている自転車や車などが、自分の自転車を視認できるようにするためです。後ろのライトを照らすことによって、後続車は自転車の存在を確認することができる様になります。つまり、クロスバイクの後ろのライトというのは、自分が見えるようにするためのライトではなく、相手が自分の存在を見えるようにするためのライトと言えます。

クロスバイクなどのスポーツバイクの場合、車道を走ることも考えられますよね。その際には、常に車が自分を追い抜いていくことが想定されます。その場合において、車が自分の存在を視認できているかどうかというのは非常に重要な問題となります。

現在、自転車への幅寄せ問題など、車が自転車を追い抜くときの距離間についても議論になっています。自転車にとって、至近距離を車が追い抜いていくのはとても怖い体験となります。

こういった状況において、後ろにライトをつけて、自分の存在を後続車にアピールすることができれば、防げるかもしれません。クロスバイクにおける後ろのライトというのは、こういった安全性を確保するためにも必要となります。

 

クロスバイクにおすすめなテールライト4選

クロスバイクにおける後ろのライトの重要性についてよく理解できたと思います。ここからは、クロスバイクにおすすめのテールライトを紹介していきます。ここまで読んで、テールライトの重要性に気付いたという人で、また持っていない人はぜひ購入してください。クロスバイクの安全性を高める上で非常に重要なアイテムとなります。

今回紹介するテールライトは以下の4点となります。

 

  • キャットアイ(CAT EYE) OMNI5 TL-LD155-R
  • Panasonic(パナソニック) LEDかしこいテールライト
  • キャットアイ(CAT EYE) テールライト REFLEX AUTO TL-LD570-R
  • MOREZONE 自転車 テール ライト

 

以上となります。それでは1つずつ詳しく見ていきましょう。

 

【キャットアイ(CAT EYE) OMNI5 TL-LD155-R】

人気のメーカーでもあるキャットアイの製品です。しっかり明るく最低限の機能を備えているテールライトとなっており、色々あって迷っているという人であれば、とりあえずこちらを購入しておけば間違いないでしょう。電池によって動きます。使い方も簡単でボタン1つでライトを切り替えることができます。高輝度赤色LED を5個使用しており、視認性も抜群です。

 

【Panasonic(パナソニック) LEDかしこいテールライト】

パナソニックが販売しているテールライトの特徴は、明るさを自動で感知して、暗くなったら自動的にライトが点灯するというオートライト機能を備えています。これならテールライトを点け忘れてしまうという心配もありませんし、いちいち点灯する手間も省くことができます。こちらの製品は電池で動きます。

 

【キャットアイ(CAT EYE) テールライト REFLEX AUTO TL-LD570-R】

キャットアイから販売されているオートライト機能が備わっているモデルとなっています。ライト自体が大きいため、点灯時の視認ががとてもよく、安全性に非常に貢献してくれます。オートライト機能が欲しいという人にはおすすめです。光がワイドに届くので、安心感もかなり増えます。

 

【MOREZONE 自転車 テール ライト】

ライトの明るさと、広さが売りとなっているテールライトです。サイクリングなどでも便利なモデルとなっており、走行時の安全性を確保することができます。充電方式はUSBとなっています。また、多少の雨天でも耐えることができる防水機能を有しているので、通勤や通学で毎日使うという人にもおすすめです。

 

まとめ

クロスバイクの後ろのライトが必要な理由とおすすめ商品についてまとめていきました。

 

テールライトはあるのとないのとでは、安全性が大きく異なってきます。普段はあまり意識することはありませんが、車道を走ってみると違いは明らかに感じることができます。クロスバイクに乗るのであれば、テールライトを合わせて購入しましょう。



この記事を書いている人 - WRITER -
Tanojob ライターチーム
キャンプ・釣り・登山・自転車・ダイビングなどあらゆるアクティビティのプロフェッショナルが集うTanojobライターチーム! 読者さんの悩みにバチッと答えられるような濃厚で良質な記事を日々配信中です!頑張るぞー!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Tanojob , 2019 All Rights Reserved.