「楽しいを仕事に!」をテーマにやり尽くすブログ

岐阜駅徒歩2分にコワーキング&シェアオフィス作りました!詳細>>

【DIY】車のラッピングシートの上手な剥がし方は?必要な道具と一緒に解説!

 
キャンピングカー
この記事を書いている人 - WRITER -
Tanojob ライターチーム
キャンプ・釣り・登山・自転車・ダイビングなどあらゆるアクティビティのプロフェッショナルが集うTanojobライターチーム! 読者さんの悩みにバチッと答えられるような濃厚で良質な記事を日々配信中です!頑張るぞー!

こんにちは!楽しいを仕事にする為に日々奮闘する、りょーや(Twitter/@Tanojob)が編集長のTanojobです!

 

車にラッピングシートを貼りつけた後、何らかの理由で剥がすことになった時に上手に剥がせるに越したことはありません。そこで今回は、車のラッピングシートを剥がしたい・剥がす予定の方向けに上手なラッピングシートの剥がし方を紹介します。

 

  • 車に貼ったラッピングシートを剥がすこと可能ということについて
  • ラッピングシートを剥がすために必要な道具
  • 車のラッピングシートの剥がし方
  • 車のラッピングシートを剥がす際の注意点

 

ラッピングシートの特長といえば貼りつけ後に剥がすことができることです。ラッピングシートを剥がすために必要な道具も高価なものは少なく、剥がし方も特別難しいわけでもなく、むしろやりやすくなっています。

ラッピングシートの剥がし方の注意点も合わせつつ、ラッピングシートの剥がし方を詳しく見ていきましょう。

 

  

車に貼ったラッピングシートを剥がすことは可能

車に貼ったラッピングシートを剥がすことは可能です。剥がすことができるという点がラッピングシートのメリットでもあります。

ラッピングシートには再剥離性と呼ばれる性能が備えられているのですが、これによって一度ボディやその他アイテムに貼ったラッピングシートを剥がすことができるのです。

なお、再剥離性が有効な期間が定められているラッピングシートなども販売されていて、ラッピングシートメーカー毎の再剥離性の程度(品質)は異なるということを理解しておきましょう。

ラッピングシートを剥がすことは可能ですが、すでに貼ってあるラッピングシートを何も考えることなく剥がそうとすると表面しか剥がすことができず、粘着面近くのラッピングシートは全て残ってしまいます。

そのため必要な道具を用いて適切な方法で剥がす作業を行うことが大切です。

 

ラッピングシートを剥がすために必要な道具

車のラッピングシートを剥がすために必要な道具には次のようなものがあります。

  • ドライヤー
  • ラベルはがし
  • 延長コード
  • 灯油
  • タオル

それではそれぞれの道具の役割・使い方を見ていきましょう。

 

① ドライヤー

車のラッピングシート剥がしといえばドライヤーは必需アイテムです。ラッピングシートの粘着部分に熱風を当てることによって粘着力を弱めて剥がしやすくすることができます。

ドライヤーの場合、自宅にかならず1つは用意されていると思いますので、特別に用意する必要もないでしょう。最低限これさえあればラッピングシートを剥がすことは何とかできそうです。

 

② ラベルはがし

ラベルはがしと呼ばれる道具はラッピングシートを剥がすことはもちろんのこと、ラッピングシートを剥がした際にボディ表面に残ってしまった粘着部分を取り除くことに使用します。

使い方は簡単で、上からラベルはがしを吹きかけて数分馴染ませてから剥がすという感じです。なお、油性ペンで書いた文字を消すこともできるラベルはがしも販売されています。

 

③ 延長コード

延長コードはドライヤーと合わせて使用します。ドライヤーを使用するにはコンセントが必要となるので、コンセント近くまで車を移動させることができるのであれば必要はありませんが、それが難しい場合には延長コードにドライヤーを接続してドライヤーの電源を確保すると効率的で作業性も高いです。

 

④ 灯油

三宅化学(TP-miyake)
¥942 (2019/04/19 18:51:03時点 Amazon調べ-詳細)
ラッピングシートを剥がす際に灯油を用意しておくと、容易に剥がすことができるようになります。灯油の活躍の場としては、ラッピングシートを剥がしたときに残ってしまった糊を完全に取り除きたいという時です。

灯油缶を購入する必要がありますが、ラッピングシートやステッカーを剥がしたい時に適量用意できると作業が捗ります。

 

⑤ タオル

上記で紹介した灯油を糊にしみこませるためにタオルを使います。また、糊部分を灯油付きタオルで拭いた後に、ボディ上に残った灯油をタオルでふき取る際にも使用しますので、数枚用意しておくと良いです。

スポンサードサーチ

車のラッピングシートの剥がし方

 

以上の道具を用いて行う車のラッピングシートの剥がし方は次のようになっています。

  • ドライヤーで熱を与えながら剥がす
  • ラベルはがし・灯油で残った糊を落とす
  • 仕上げの洗車をする

それではそれぞれの手順を見ていきましょう。

 

① ドライヤーで熱を与えながら剥がす

車のラッピングシートの剥がし方の第一手順はドライヤーで熱を与えて剥がす作業です。

剥がしたいラッピングシートにドライヤーで熱を与え、ラッピングシートを引っ張りつつ、粘着部が剥がれてきたらゆっくり剥がしくいきます。ラッピングシートを剥がすことに適している季節は夏季であると言われていますが、それは粘着部が熱を持ちやすい時期でもあるということです。

 

② ラベルはがし・灯油で残った糊を落とす

ラッピングシートを可能な限り綺麗に剥がすことができたら、ボディ上に残った糊を、ラベルはがしや灯油を使って落としていきます。ラベルはがしを用いる場合は残った糊に吹きかけて、灯油を使うならタオルに適量付けて糊を拭き、少し時間を置いて待ちましょう。

少し時間を置いた後、乾拭きタオルで拭き取ってください。そうするとボディ上に残っていた糊が落ちます。ボディ上に残った灯油を確実に拭き取るようにしましょう。

 

③ 仕上げの洗車をする

糊を確実に落としたら、最後に洗車を行います。洗車機と手洗いのどちらでも構いません、自身の車に合わせて洗車方法を選びましょう。洗車する前に灯油やラベルはがしを乾拭きで拭き取れるだけ拭き取っておくと良いです。

 

車のラッピングシートを剥がす際の注意点

車のラッピングシートを剥がす際の注意点として次のようなことがあります。

  • ラッピングシートを無理やり剥がさない
  • 灯油やラベルはがしをボディに残さない

それぞれの注意点を少し詳しく見ていきましょう。

 

① ラッピングシートを無理やり剥がさない

注意点のひとつがラッピングシートを無理やり剥がさないことです。ラッピングシートの粘着力を弱める努力をすることなくラッピングシートを剥がすと、糊がボディ上に残ったままラッピングシートが剥がれる可能性が高くなってしまいます。

そうなってしまった場合、糊を剥がす作業に時間を費やすこととなるので、ドライヤーを使ってラッピングシートを丁寧に剥がすようにしましょう。

 

② 灯油やラベルはがしをボディに残さない

糊を剥がす際に使用した灯油やラベルはがしをボディに残さないことも大切です。ボディの塗装を傷める可能性が高くなるので、これらを使用したら乾拭きタオルで確実に拭き取るようにしましょう。

スポンサードサーチ

まとめ

今回はラッピングシートの上手な剥がし方を紹介しました。剥がすために必要な道具はいくつかありますが、使い方が複雑な物は特にありません。

 

注意点を守って丁寧にラッピングシートを剥がす努力をすれば、次第に作業にも慣れて上手に剥がすことができるようになるでしょう。安心してラッピングシートを剥がすことに挑戦してみてください。

 



この記事を書いている人 - WRITER -
Tanojob ライターチーム
キャンプ・釣り・登山・自転車・ダイビングなどあらゆるアクティビティのプロフェッショナルが集うTanojobライターチーム! 読者さんの悩みにバチッと答えられるような濃厚で良質な記事を日々配信中です!頑張るぞー!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Tanojob , 2019 All Rights Reserved.