「楽しいを仕事に!」をテーマにやり尽くすブログ

TanojobのYoutubeチャンネル配信中!

おしゃれな水陸両用マリンシューズ9選!海川山に使うおすすめの選び方も解説!

 
阿波連ビーチ







この記事を書いている人 - WRITER -
Tanojob ライターチーム
キャンプ・釣り・登山・自転車・ダイビングなどあらゆるアクティビティのプロフェッショナルが集うTanojobライターチーム! 読者さんの悩みにバチッと答えられるような濃厚で良質な記事を日々配信中です!頑張るぞー!

こんにちは!楽しいを仕事にする為に日々奮闘する、りょーや(Twitter/@Tanojob)が編集長のTanojobです!

 

今回は、おしゃれな水陸両用マリンシューズをご紹介したいと思います。

 

少し前までは、海といえばビーチサンダル!が定番でしたよね。ですがここ近年では、海へ行くと、マリンシューズやアクアシューズなど、水の中でも履ける「靴」を履いている人を多く見かけませんか?

 

ビーチサンダルやクロックスは、気軽に利用しやすくとても楽なのですが、海や川、山など水辺でのレジャーの時には

  • 歩きにくい!
  • すぐ脱げる!
  • 砂が入ってきて痛い!

なんてことありますよね。

 

マリンシューズであれば、そんな煩わしさから解放されます。足をすっぽりので安全であり、歩きやすく、水の中でも脱げることもありません。

おしゃれなデザインのマリンシューズであれば、遊んだ後そのまま街を歩いていても、お買い物へ行っても違和感がなく、今やビーチサンダルに代わって、水辺でのレジャーの定番アイテムとなっています。

そこで今回は、おしゃれな水陸両用マリンシューズ9選を、海川山に使うおすすめの別として、選び方一緒に詳しく解説したいと思います。

 

水陸両用マリンシューズって?

 

水陸両用のマリンシューズとは、主に水の中でも使える「靴」といった感じのものです。普通の靴とは違い、速乾性のある生地から作られていて、靴を履いたままで水の中に入ることができるようになっています。

 

普通の靴やサンダルであれば、水から出た時に足が濡れたままになってしまいますが、マリンシューズの場合は、乾きが早く、そのまま陸上で使うことができます。

マリンシューズ、アクアシューズ、ウォーターシューズやマリンブーツなど、いろんなタイプのマリンシューズがありますが、用途によって使い分けをするのが本当は理想的です。

ですが、年に数回しか海に行かない、年に数回しか川に行かない、主に夏場にしか使わないという方には、ちょっともったいない気がしますよね。

 

水陸両用のマリンシューズで、おしゃれなデザインのものを選べば、タウンユースとしてそのまま使うこともできますよ。

 

では、目的別におすすめのマリンシューズや選び方についてご紹介していきますね。

 

海で使うマリンシューズの選び方

 

海で使うマリンシューズの選び方は、砂の侵入が防げるネオプレーンゴム(ウェットスーツと同じ生地)でできたものを選びましょう。

 

ビーチサンダルでもそうですが、砂浜を歩くときに中に砂が入ってきて「足が痛い!」っという事ってありますよね。

 

通気性の良いメッシュ地は乾きが早いのですが、海には向きません。中に入ってきた砂によって足が擦れて、靴擦れをしてしまうこともあります。(子供は特に嫌がります!)

 

また、足首からも砂が入ってくるためできるだけ足首周りが長いもの、足首をしっかり閉めることができるものを選ぶのもポイントですよ。

 

おすすめのマリンシューズはこちら!

 

〇モビーズ ビーチシューズ

いろんなマリンスポーツで使いやすいモビーズのマリンシューズ。くるぶしまでしっかり長さがあり、ドローコードがついているので、ビーチでの砂の侵入が防げます。柔らかい素材で履き心地もよく、グリップ力も高く、どんなシーンでも活躍できます。

 

〇Helei Waho マリンシューズ

Helei wahoのマリンシューズには、ロングタイプとこちらのショートタイプがあります。どちらの作りも柔らかく、履き心地がいいのが特徴です。メッシュ地とは違い、ブレスプレーンゴムで作られているため、中に砂が浸入しにくいタイプ。

 

ビーチにおすすめです。カラーバリエーションも豊富でそのままお買い物へも行けちゃいますよ。

 

〇モンベル アクアシューズ

キッズにとてもおすすめのモンベルのアクアシューズ。フロント部分がフルオープンするので、履かせやすく自分で履くこともできます。

水はけがよく、蒸れにくいので子供も嫌がることなく履いてくれます。グリップ力もしっかりあるので、海だけでなく、水遊びでも滑る心配なく使えますよ。

 

川で使うマリンシューズの選び方

 

川で使うマリンシューズの選び方は、濡れた石などで滑らないしっかりとしたグリップ力があるものを選ぶようにしましょう。

川には、水の中、川辺ともに石がたくさんありますよね。濡れた足をぶつけてしまえばケガをしてしまいます。

歩きにくい石の上でケガをすることなくしっかり守ることができるよう、足をしっかりホールドできるもの、濡れた石の上で滑らないグリップ力が高いものを選びましょう。

休憩中に足が濡れたままにならないように乾きが早く、靴の中の水がすぐに抜けるものを選ぶとより快適ですよ。

川におすすめのマリンシューズはこちら!

 

〇アディダス テレックスCC ジャパウ

おしゃれなデザインのアディダスのマリンシューズは、水辺でもタウンユースでも幅広く活躍できるデザインです。

アディダスのテレックスシリーズは、アウトドアアスリートのために作られたシリーズで、履き心地はもちろん、機能性もとても優れています。

 

〇ナイキ アクアソック 360

[ナイキ] アクアソック 360 GS/PS ブラック/ブラック/ホワイト 943758 003 22.0cm
NIKE(ナイキ)
アウトドア、ウォータースポーツのために開発されたアクアソックは、グリップ力にとても優れ、乾きが早いのが特徴です。インソールも外せてお手入れも楽々できます。

スリッポンタイプですが、履き口がとても柔らかく脱着も簡単。メンズ、レディース、子供用とあり、家族みんなで揃えてもおしゃれですね。

 

〇KEEN ニューポートH2

KEENニューポートH2は、サンダルとシューズの機能を持ち合わせ、滑りにくいだけでなく、丈夫なソール、しっかりと足をホールドでき、足を守れるサンダルとして水辺で、陸上でとても愛されています。

ニューポートH2はKEENの定番モデルで、素足でも靴下を履いても違和感がありません。川遊び、水遊び、雨降りの日なども使えますよ。

 

山で使うマリンシューズの選び方

ハイキングなどと合わせて山でも使える水陸両用のマリンシューズを選びたい場合は、足全体をしっかりホールドできるもので、長時間歩いも疲れないクッション性があるものを選ぶようにしましょう。

また、長時間履いていても不快感なく過ごせるよう、乾きが早く蒸れにくい速乾性が高いものを選ぶようにすることも大切です。

山におすすめのマリンシューズはこちら!

〇アディダス CCボート レース

サイドのラインがおしゃれなアディダスのCCボートレース。ソールに排水のための穴が開いているので、靴の中に入ってきた水が自然に出ていきます。通気性抜群のメッシュ地で、蒸れにくく、ハイキングからタウンまでとてもおしゃれに履けます。

 

〇メレル テトレックス

水を気にしないでハキングを楽しみたい場合には、メレルのテトレックスがおすすめです。濡れたところでも滑らずしっかり歩くことができるグリップ力、長時間歩いても疲れないクッションに加え、片足284gと超軽量。

 

海に、川に、山に一押しのマリンシューズです。メレルならではのおしゃれなデザインと豊富なカラーバリエーションでタウンユースとしても使えます!

 

〇サロモン CROSSAMPHIBIAN

抜群の履き心地で、抜群の通気性、ランニングでも使えるように設計されているため、グリップ力、クッション性もとても優れています。

マリンスポーツをはじめ、ラフティングからハイキングまでマルチに使えるおすすめのマリンシューズです。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

おしゃれな水陸両用マリンシューズを9選を使用目的別にご紹介しました。

 

最近は、おしゃれで高機能のマリンシューズが続々と発売され、ウォータースポーツシューズとしてだけでなく、タウンユースとしても幅広く使えるのがいいですよね。

 

夏の一時的な水遊び目的だけでなく、フェスやハイキング、普段履きとしても十分に使いこなせますよ。

友人や恋人とお揃いで、親子や家族みんなでおしゃれなマリンシューズ選んでみてくださいね。



この記事を書いている人 - WRITER -
Tanojob ライターチーム
キャンプ・釣り・登山・自転車・ダイビングなどあらゆるアクティビティのプロフェッショナルが集うTanojobライターチーム! 読者さんの悩みにバチッと答えられるような濃厚で良質な記事を日々配信中です!頑張るぞー!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Tanojob , 2019 All Rights Reserved.