「楽しいを仕事に!」をテーマにやり尽くすブログ

TanojobのYoutubeチャンネル配信中!

初心者でも安心!初めてのシュノーケルに必要な服装とアイテムを一挙紹介!

 

スポンサードリンク


スポンサードリンク


この記事を書いている人 - WRITER -
Tanojob ライターチーム
キャンプ・釣り・登山・自転車・ダイビングなどあらゆるアクティビティのプロフェッショナルが集うTanojobライターチーム! 読者さんの悩みにバチッと答えられるような濃厚で良質な記事を日々配信中です!頑張るぞー!

こんにちは!@Tanojobライターチームです!

 

今回この記事では、初めてのシュノーケルを行うために必要となる服装や道具、アイテムについてまとめたいと思います。

シュノーケルをしている人のイメージ写真って水着じゃありませんか?きれいな海で、きれいな女の人がシュノーケルをくわえて素潜りしている・・・。こんなイメージありませんか?

スポンサーリンク

 

でも、実際はそんなことはないんです!

あくまでイメージ写真なんですよね。ですが、少なくとも私はそう思っていました(笑)。

初めてシュノーケルをしようと思っている人の中には、私のように水着のままでやることをイメージしている人もいて、実際に荷物を準備しようとした時にあれ?と困ることってあると思います。

  • シュノーケルって水着でするんだっけ?
  • 初めてのシュノーケルを計画しているんだけど、何が必要なの?
  • レンタルでシュノーケリングを楽しみたいけど、道具以外に何が必要?
  • シュノーケルのツアーに申し込んだんだけど、レンタルには何がついているの?

海の中にはクラゲがいたり、危険な生物がいたりします。水着ままでは危険なので、安全のために、ラッシュガードやウエットスーツを着たりします。ウエットスーツを着れば暖かく、体も浮いて安心ですしね。

ツアーなどに申し込めば、ウエットスーツ以外にもシュノーケルで必要な道具は、すべてレンタルとして含まれていることが多く、準備するのは水着のみでOK!なんてことはよくあります。

 

ですが、自分でシュノーケリングへ出かける場合には、すべてを自分で準備するしかありませんよね。そこで今回は、初心者でも安心!初めてのシュノーケルに必要な服装とアイテムを一挙紹介します。初心者シュノーケラーだからこそ、安心してシュノーケルを楽しめるように、シュノーケルで必要な道具の種類やおすすめポイント、後半ではあると便利なアイテムについても順番にご紹介していきます。

それでは、まずシュノーケルに必要な道具、3点セットからご説明していきます!

シュノーケルに必要な3点セットとは

 

シュノーケルをするためには、マスク、シュノーケル、フィンという3つの道具が必要になります。これらを3点セットと言い、旅行先で初めてチャレンジする場合にはレンタルすることもできます。

 

マスク

海の中を覗くために使うものです。水泳のゴーグルとは違い、目と鼻を覆ってくれ、海水から守ってくれます。マスクのレンズが1つのものを一眼レンズマスク、2つに分かれているものを二眼レンズのマスクといい、仕切りがない一眼レンズの方が視界が広くとれます。

 

自分のマスクを購入する場合には、眼鏡をかけている方はマスクに度を入れることもできますよ。度付きのマスクは、左右の度を変えられる二眼レンズのマスクが主流です。

 

シュノーケル

息継ぎをせずに海の中を覗くために必要な道具です。忍者が使う筒と一緒ですね。

メーカーさんによって、筒の太さと長さもにも違いがありますが、口にくわえるマウスピースの部分のサイズで選ぶのがおすすめ。大きいもの、小さいもの、子供用とありますよ。

 

また、シュノーケル中に口の中に入ってきた水を吐き出しやすいように「排水弁」があると大変便利!自分のものを購入する場合にはおすすめです。

 

フィン

フィンとは足ヒレのことです。少しの力で楽に長距離を泳ぐことができる道具です。使い慣れないと重たく、キックするのが大変ですとも言われますが、初心者のうちは柔らかいフィンを選ぶことで問題なく使いこなせますよ。

 

フィンにはタイプが多く、自分のものを選ぶのにはとても悩む道具とも言えますが、素足で履かずにどのタイプのフィンでもブーツ(マリンシューズ)を履いて使用するようにするのがおすすめです。

  • ストラップタイプ・・・かかとについているストラップでサイズ調節できるため、脱いだり履いたりがしやすく、初心者におすすめ!マリンシューズと共に使用しましょう。
  • フルフットタイプ・・・自分の足のサイズに合わせてフィンを選びます。かかとまですっぽり覆ってくれるので、キックがしやすいのが特徴です。ボートを使用してのシュノーケルの場合には素足で履きますが、いろいろなところでの使用の際には、ブーツやマリンシューズを履いてのサイズで選ぶのがおすすめです。

それではお次は服装について解説していきます!

シュノーケルの服装って水着でいいの?

海水浴場などで、水着のままシュノーケルをしている人って見かけたことありませんか?意外と多いですよね。水着の種類によってできないこともないのですが…。

 

素肌が出ていれば危険です!なぜなら!海には「クラゲ」がいるからです。

 

海の中にはクラゲ以外にもいろんな生物がいます。魚はもちろん、サンゴや海藻、そして目には見えないほどの小さな微生物、あんまり出会いたくない危険生物も…。シュノーケルでいろんなところを泳ぎ回れば、もちろんいろんな生物と出くわします。楽しい部分と隣り合わせに危険生物もいるのです。

 

海で身を守る最も手軽な方法は、「素肌の露出を避けること!」最近では、日焼け対策に水着の上にラッシュガードを着る方も多いと思いますが、海に入る場合には「長袖・長ズボン」が鉄則!

 

水着の上に、長袖のラッシュガード、10分丈のレギンスを選ぶようにしましょう!また、ラッシュガードは、日焼け対策のためにフード付きがおすすめですよ。フードをかぶってシュノーケルすれば、うっかり首の後ろを日焼けすることが防げますよ!

また、海水温が低い時には、ウエットスーツなどを着るのがおすすめです。シュノーケルのツアーの場合には、レンタルウエットスーツが含まれていることも多く、その場合には持ち物は、水着一枚でOK!です。

 

シュノーケルをする時の便利アイテム4つとは!

 

曇り止め

シュノーケル中にマスクが曇ってしまうと楽しみは半減します!プールの時に使うゴーグルと同様にマスクに曇り止めは必須!スポーツ用品店、ネットでも手に入りますよ。

 

ライフジャケット(シュノーケリングベスト)

シュノーケルをする時には、安全のためにライフジャケット(シュノーケリングベスト)を着るようにしましょう。泳いで疲れた時や休憩の時に、楽に浮いておくことができるため安全です。
また、ウエットスーツを着用してのシュノーケリングも同様で、ウエットスーツ自体に浮力があるため、楽に浮いていることができます。

 

カメラ

防水用のカメラ、もしくは防水ケース(ハウジング)に入れたカメラがあると楽しいですよ。最近では、水中に持ち込める携帯電話、スマホなどもあり、水中で見つけたきれいな魚や水中の景色などを激写できます。シュノーケルを終えた後、後から見返しても楽しいですね!

 

グローブ

足にシューズをつけるのと同様に手にはグローブがあるととても安全です。水の中でふやけた手は弱くなっているため、ちょっとしたことで傷づきます。特に岩場付近などでのシュノーケリングの時には、あると大変助かりますよ。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

 

旅行先などでシュノーケリングのツアーなどに参加する場合には、水着以外は、自分で準備しなくても用意されている事も多く、なかった場合でもレンタルとして借りることができたりもします。事前に確認しておくのが安心ですね。

 

ただ、基本となる3点セットさえあれば、いつでもシュノーケリングを楽しむことができるため、これからシュノーケルを始めていきたいという方は、これを機会に自分のものを揃えて見るのもおすすめですよ。

スポンサーリンク



この記事を書いている人 - WRITER -
Tanojob ライターチーム
キャンプ・釣り・登山・自転車・ダイビングなどあらゆるアクティビティのプロフェッショナルが集うTanojobライターチーム! 読者さんの悩みにバチッと答えられるような濃厚で良質な記事を日々配信中です!頑張るぞー!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Tanojob , 2018 All Rights Reserved.