「楽しいを仕事に!」をテーマにやり尽くすブログ

岐阜駅徒歩2分にコワーキング&シェアオフィス作りました!詳細>>

シーバスにおすすめのトップウォータールアーは?使い方や釣り方も解説!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
Tanojob ライターチーム
キャンプ・釣り・登山・自転車・ダイビングなどあらゆるアクティビティのプロフェッショナルが集うTanojobライターチーム! 読者さんの悩みにバチッと答えられるような濃厚で良質な記事を日々配信中です!頑張るぞー!

こんにちは!楽しいを仕事にする為に日々奮闘する、りょーや(Twitter/@Tanojob)が編集長のTanojobです!

 

今回はシーバスにおすすめのトップウォータールアーについて釣り方や使い方を含めて解説します。

 

トップウォータールアーと聞いて説明は出来ますでしょうか?

 

多くの人が知らないと思いますがトップウォータールアーを知らないとシーバスのルアー釣りを本当に楽しめてないかもしれませんよ。

 

トップウォータールアーはシーバスのルアー釣りに必要不可欠な道具なんです。

 

今回はトップウォータールアーに明るい私がシーバスにおすすめのトップウォータールアーについて使い方や釣り方を含めて解説します。それではどうぞ。

 

  

トップウォータールアーとは?

トップウォータールアーについて知らない人も多いと思います。

トップウォータールアーは、浮力が高く水面に浮くルアーの事を指します。

 

ポッパーやペンシルなどが代表的で、独特の動きでシーバスを誘います。

 

ブラックバスやシーバスのルアー釣りで良く使われるルアーの一つがトップウォータールアーです。私もトップウォータールアーはいくつか持っていますがシーバス釣りによく使っている頼れるルアーです。

 

アピール力が小さいペンシル

 

トップウォータールアーの一つにアピール力が小さく実際のベイトに近い形をしているのがペンシルです。

 

ちなみにベイトとは魚の餌になる小魚の事で、生き物の事をベイトと言います。イワシに近い波紋をアクションで出せるペンシルはバイトを誘い小刻みに動かすことがコツです。

 

小刻みに動かすことでルアーが頭を左右に振るようにアクションすることが出来ます。

 

ペンシルの名前の由来としては鉛筆のような形をしていることで、浮く姿勢も水平に浮くものや垂直に浮くものまで種類は豊富です。

 

シーバスルアーではミノーやバイブレーションは巻くだけでアクションしてくれる特徴がありますが、ペンシルは巻くだけではアクションしてくれない特徴があります。

 

小刻みに動かすドッグ・ウォークと言われるアクションがペンシルでは必要不可欠と言えます。

 

自らアクションが必要なトップウォータールアーとして初心者には難しいルアーと言えます。

 

私もトップウォータールアーをいくつか持っていますがあまりペンシルベイトは2つしか持っていません。

 

スポンサードサーチ

泡と音で魚にアピール出来るポッパー

 

トップウォータールアーの中でポッパーは口が丸く凹んでいるのでロッドのちょっとした動きで音を立ててアピールしてくれるルアーです。

 

ポッパーの魅力はアピール力で、魚を寄せることが出来る事。

ポッパーの注意点としては、アピール力が強いので魚に警戒心を与えることもある事です。アピール力の高いポッパーはロッドで軽くアクションを起こしながら巻くことが基本です。

 

初心者でも気軽に使えるルアーがポッパーなのです。

 

飛距離もあまり出ないのでコンパクトに攻めるポイントで効果を発揮してくれるルアーと言えます。

 

私が持っているトップウォータールアーは殆どがポッパーで、ポッパーを使ってシーバスを狙っています。

 

どんな時にトップウォータールアーは使える?

 

トップウォータールアーでシーバスを釣る際にペンシルとポッパーの使い分けが大事になります。

 

基本的に水深によって使い分けをすることが良いです。水深が浅い河口などはミノーが使えない事が多いのでトップウォータールアーは有効的に利用できるのです。

 

シーバスのベイトの小魚が水面付近に集まっているときには当然シーバスも意識しています。

 

シーバスがその付近を動くルアーにしか反応しない場合にトップウォータールアーが使えます。

 

水深がある場合で小魚が水面付近に集まっている状況では特にペンシルベイトが利用されています。

 

トップウォータールアーでもアピールの強さによっての使い分けも大事になります。ペンシルとポッパーは言わばルアーとして対極に位置しています。

 

ポッパーは遠くいるシーバスにアピールすることが出来ますがペンシルはアピールが弱いですがナチュラルに誘う事ができます。

 

キャスティングしたポイントにいるシーバスを食わせる場合はペンシルベイトを利用して、広範囲から魚を寄せて釣る時にはポッパーを利用しましょう。

 

スポンサードサーチ

お勧めのトップウォータールアー3選

 

トップウォータールアーのポッパーやペンシルでも種類はいくつもあります。

 

シーバス釣り初心者であれば何を購入してよいか分からないと思うのでお勧めのトップウォータールアーを3選紹介します。

マリア ポップクィーン PQ80 NRC

カラフルな見た目のポッパーで、アピール力は抜群です。

見た目の派手さだけではなく多彩なアクションを可能にしたオールラウンダールアーです。

金額は2000円程度と高額ですがスローでもしっかりとアピールしてくれるので、活性が低い状況でも活躍してくれます。

 

私は見た目のインパクトも含めて気に入ったのでシーバス釣りに使っていますよ。

 

Gaboz!!! 90

4種類のカラーバリエーションのあるGaboz!!! 90はホッパーですがミノーのアクションを突き詰めた水面系のルアーです。

 

水中でモコモコと泡と波を出して魚を誘う積極的なルアーです。
見た目も特徴的なホッパーとしておすすめです。

 

私もGaboz!!! 90を使ってみたいと思っているので今度買ってみようと思っています。

 

ソルトペンシル-F 95F アルミッシュイワシ

イワシカラーのペンシルでスタイリッシュなデザインでシーバスを誘います。4

高いフッキング性能と弱ったベイトフィッシュを演出する独特の浮き姿勢のアクションが大きな魅力です。

 

シーバス以外にもメッキやカマスなどにも活用することが出来るトップウォータールアーとしておすすめです。私は実際に使った事がないルアーですが、釣り仲間からの評判は高いです。

 

まとめ

 

いかがでしょうか。

トップウォータールアーについて理解できたと思います。

シーバスのルアーではトップウォータールアーは大事なもので、ペンシルとホッパーがあります。

 

ペンシルは静かにシーバスを誘い、ホッパーは波しぶきを立てて誘います。トップウォータールアーのペンシルとホッパーは使い分けが大事で、コンパクトに派手に攻める場合にはホッパーがおすすめです。

 

小刻みに動かすドッグ・ウォークのアクションで、ベイト本来の動きが再現できるペンシルはキャスティングしたポイントにいるシーバスを食わせる場合に使いましょう。

 

ペンシルもホッパーも種類はとても多く選ぶのは大変ですがいくつか種類を用意しておくと良い釣果に繋がります。

 

私はトップウォータールアーを数種類持っていますが、よくホッパーをよく使って狙っていますよ。

 

トップウォータールアーを理解してシーバスを狙ってみてはいかがでしょうか。



この記事を書いている人 - WRITER -
Tanojob ライターチーム
キャンプ・釣り・登山・自転車・ダイビングなどあらゆるアクティビティのプロフェッショナルが集うTanojobライターチーム! 読者さんの悩みにバチッと答えられるような濃厚で良質な記事を日々配信中です!頑張るぞー!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Tanojob , 2019 All Rights Reserved.