「楽しいを仕事に!」をテーマにやり尽くすブログ

TanojobのYoutubeチャンネル配信中!

マグロを釣ろう!おすすめツナロッド5選!人気メーカーも紹介

 







この記事を書いている人 - WRITER -
Tanojob ライターチーム
キャンプ・釣り・登山・自転車・ダイビングなどあらゆるアクティビティのプロフェッショナルが集うTanojobライターチーム! 読者さんの悩みにバチッと答えられるような濃厚で良質な記事を日々配信中です!頑張るぞー!

こんにちは!楽しい仕事を仕事にする為奮闘する男りょーや(Twitter/@Tanojob)が編集長のTanojobです!

 

この記事ではマグロ釣りに使用するおすすめツナロッドと人気メーカーを紹介します。マグロ釣りはツナロッドを使わなくても釣れると思っている人も多いと思います。

 

でもそれってツナロッドについて理解できて出来ていないかもしれませんよ。

 

マグロ釣りにツナロッドは必要不可欠ですしメーカーによって特徴も大きく異なります。

それではこれからマグロ釣りをしようと思っているこの私が、おすすめツナロッド5選と人気メーカーを合わせてご紹介します。それではどうぞ。

 

マグロ釣りの魅力とは?

 

マグロ釣りは人気の高い釣りスタイルの一つで、オフショアから狙うキャスティングゲームが醍醐味です。オフショアというのは、陸地から離れた沖合という意味なので船からの釣りというイメージで良いです。

 

スリリングな釣りとして300キロを超える個体も存在するので他の釣りとは比べ物にならない迫力と興奮を感じる事が出来ます。

ルアーを正確にナブラに打ち込む技術や体力も必要になる難易度は高い釣りと言えます。

ナブラとは小魚が群れが大きい魚に追いかけられて水面に出てくる現象のことを指し、そこには大きな魚がいると言う事になります。私はマグロはいつも買って食べる方なのですが、強烈な引きを感じられるマグロ釣りをしてみたいと思っています。

 

おすすめツナロッド5選

マグロを釣る時に必要になるのがツナロッドです。

ツナロッドは100キロを超えるマグロの引きにも耐えられるように見た目もゴツくパワフルに作られています。ツナロッド種類も豊富にあるので、ツナロッドを5選紹介します。

 

シマノ ロッド オシアプラッガー BG FLEX ENERGY S79MH

大型のマグロでの長時間のファイトにも対応した性能を誇るツナロッドです。

特筆すべきは粘りに優れたカーボン素材を採用している事で、快適にマグロを釣り上げる事が出来ます。

 

強さに加えて生命感溢れる動きを演出できる操作性も兼ね備えていて、シマノの技術力が感じられる1本です。適合ルアーは200Gまで対応しているので、ルアーフィッシングでも安心できますね。

 

tailwalk Kuroshio クロシオ S710XH

 

コストパフォーマンスが高いツナロッドで、初心者から上級者まで幅広く使用されています。長さ的には8ftでドラグは最大で12キロまで対応する事が出来ます。

 

特筆すべきはその強度で、大型のマグロにも安定して対応する事が出来ます。価格は20000円台で購入できるので、サブロッドとしてツナフィッシングに利用される事も多いです。

 

カラーは黒で高級感は感じられるロッドで、私もマグロを釣る時には購入しようと思っています。

 

SALTYSTAGE KR-X Tuna

大型マグロのキャスティング専用スペシャルモデルです。

耐久性や強度はもちろんですが、持った瞬間に感じつバランス設計は1日中快適に利用する事が出来ます。トップガイドは強度抜群で、糸絡みも少ないスーパーオーシャントップを採用しているのでラインのトラブルも減らしてくれます。

 

リールをしっかりとホールドしてくれるリールシートは大型のスピニングリールをガッチリと固定してくれます。

 

2014年に発売されたロッドで私も釣具屋で見たことがありますがロッドカラーも黒を基調にして美しくさりげなく黒鮪の文字が入っていて小さなこだわりを感じました。

 

天龍(TENRYU) ロッド スパイク ツナ SK812TN-H

マグロに加えてカツオやカンパチやブリなどにも対応した万能ツナロッドです。

ブランクに張りを持たせて短時間での勝負を前提としたモデルで、ターゲットとしては50㎏までで乗合船で活躍するツナロッドです。ドラッグの調整やタックルの知識が高いアングラー向けとして支持されています。

 

ダイワ(Daiwa) キャスティングロッド スピニング ソルティガ C82HS・J

カーボン含有率93%を誇るダイワのオフショアルアーゲームの最高峰ブランドです。魚種はマグロに加えてヒラマサやブリ、シイラやカツオまで幅広く大型魚に対応しています。

 

ソルティガの2016年モデルとして驚くほど細くて強い特徴があります。

ダイワの新テクノロジーであるHVFナノプラスを採用していて、オフショアロッドの既成概念をも覆す軽さと強さを実現しています。細身軽量で圧倒的なパワーを備えた私も注目しているツナロッドです。

 

ツナロッドの人気メーカー

 

釣り人から人気の高いマグロですが、マグロ釣りには人気のメーカーも抑えておくと良いです。マグロ釣りは魚とのやり取りは避けられないので高性能のタックルを使用する必要があります。

 

ツナロッドでの有名釣りメーカーをご紹介します。

 

釣りの名ブランドシマノ

シマノは釣りをしている人であれば知らない人はいない程のブランド力があります。ロッドやリール、仕掛けやウェアなど幅広く展開していますが、マグロ釣りでも人気が高いです。

 

人気の理由としては品質の良さと性能の高さで、世界的にも高く評価されている程です。

シマノは自転車パーツの製造で培った技術力で釣りタックルにこだわりたい人から絶大な信頼を得ています。私も釣りのタックルはシマノで揃えることも多いです。

 

シマノのツナロッドはオシアプラッガーシリーズなどが人気があります。

 

シマノと同等に人気のブランドダイワ

シマノと同様に人気の高い釣りブランドとしてダイワがあります。

日本が世界に誇る有名ブランドでもあるダイワは、最先端の技術を駆使して多くの釣りタックルを世に出してきました。釣りのシーンやシチュエーション毎に特化したタックルを販売しているのがダイワが支持されている理由と言えます。

 

ダイワの釣りタックルにはダイワのDの文字がカッコよく私もお世話になっているブランドです。ツナロッドではダイワのソルティガシリーズが有名で多くの人に使われています。

 

まとめ

 

いかがでしょうか。

強烈な引きを味わえるマグロ釣りは多くの釣り人を魅了してきました。マグロ釣りに使うツナロッドは多くのメーカーから発売されています。

 

それぞれ価格も特徴も異なりますが、ツナロッドは自分の使いやすいものをチョイスする事が大切です。

 

ツナロッドを出している人気メーカーとしては世界でも注目されてるシマノやダイワが支持されているので要チェックですね。

 

私もツナロッドを購入してこれからマグロ釣りをしようと思っております。ツナロッドを賢く選んでマグロ釣りで強烈なやり取りを楽しんでみてくださいね。

 



この記事を書いている人 - WRITER -
Tanojob ライターチーム
キャンプ・釣り・登山・自転車・ダイビングなどあらゆるアクティビティのプロフェッショナルが集うTanojobライターチーム! 読者さんの悩みにバチッと答えられるような濃厚で良質な記事を日々配信中です!頑張るぞー!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Tanojob , 2018 All Rights Reserved.